【本能寺の変】美少年「森蘭丸」の最期!蘭丸が黒幕だった説を考察!

この記事では「本能寺の変で亡くなった『森蘭丸』」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「森蘭丸」を、カンタンに理解できます。

 

「森蘭丸」には「本能寺の変の黒幕だった」という説があるのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,織田信長の小姓「森蘭丸」こと「森成利」は、【天正10年(1582年)6月2日】、「本能寺の変」で「安田国継」に討ち取られて亡くなった。享年18歳

 

2,「本能寺の変」は「森蘭丸が黒幕だった」という説や、「森蘭丸が明智光秀をおとしいれたために、激怒した光秀が本能寺の変で蘭丸を討った」、という説があるが、後世の創作である

 

3,蘭丸には「信長の爪」や「障子」など、その忠誠心の高さを物語る、数々の逸話・エピソードが残されている

美少年「森蘭丸」の最期

「森蘭丸」は、「本能寺の変」で主君「織田信長」とともに「明智光秀」に討たれて亡くなっています。

 

天正10年(1582年)6月2日】、「本能寺の変」勃発。

 

「織田信長」のお気に入り小姓(こしょう・側近)だった「森蘭丸(森成利)」。

《森蘭丸》
「引用元ウィキペディアより」

 

「蘭丸」は、信長を守るために奮戦。

 

その後、「明智光秀」につかえた通称「明智三羽ガラス」のひとり「安田国継(天野源右衛門)」に討ち取られて亡くなりました。

 

享年18歳。

 

亡くなるとき、蘭丸は「純白の小袖」を着て、髪を美しく「髷(まげ)」にしていたとのことです。

 

美少年「森蘭丸」は、最期も美しい装いだったのです。


明智光秀の部下「明智三羽カラス」などの「明智家臣団一覧」について、以下のリンク記事で詳しく解説をさせていただいています。

明智光秀の家臣団を一覧紹介!山崎の戦いで敗北した最強明智軍の敗因』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「本能寺の変」の真相!「蘭丸・黒幕説」を考察?

謎に包まれた「本能寺の変」の「動機」ですが、中には「森蘭丸・黒幕説」という荒唐無稽で真実からは程遠いものもあります。

 

明智光秀が、「本能寺の変」を起こした動機は、今も不明です。

 

中には、「森蘭丸・黒幕説」という説まで存在しています。

 

森蘭丸・黒幕説とは、「蘭丸が『本能寺の変』の陰謀に関与していた」というものです。

 

くわしくは後述いたしますが、蘭丸には「明智光秀が謀反を起こすつもりでいる」と見抜いた逸話が残されています。

 

「蘭丸・黒幕説」は、これを極端に拡大解釈したものであると考えられます。

 

中には、「森蘭丸が明智光秀をおとしめようとして、あることないことを信長に報告し、それに激怒した明智光秀が、蘭丸への復讐するために『本能寺の変』を起こした」というものまであります。

 

当然ですが、これらはすべて後世の創作です。

 

そもそも「蘭丸」が「本能寺の変」の黒幕なら、その「本能寺」で「蘭丸」が討ち死にしている説明がつきません。

 

「森蘭丸・黒幕説」は、小説などで語られる創作・物語といったものでしかありません。


スポンサーリンク


森蘭丸の逸話・エピソード

ここでは、「森蘭丸の逸話・エピソード」を解説いたします。

【森蘭丸の経歴】

まずは「森蘭丸」とは何者なのかを解説いたします。

 

「森蘭丸」、またの名を「森成利(もり なりとし)」。

 

1565~1582年

 

「織田信長」に仕えた猛将「森可成(もり よしなり)」の三男。

 

1582年】に、「武田勝頼」を滅ぼした「甲州征伐」で戦功をあげたとして、美濃国「兼山と米田島」に、「5万石」の領地を与えられる。

 

弟の「坊丸」「力丸」も、信長の小姓。

 

長兄「森可隆(もり よしたか)」は、【1570年】に行われた「金ヶ崎城の戦い」直前の「手筒山城の戦い」で戦死。

 

父「森可成(もり よしなり」も、長男「森可隆」が亡くなった直後の【1570年】の「宇佐山城の戦い」で戦死。

 

次兄「森長可」は、妻の父にあたる「池田恒興」とともに、【1584年】の「小牧・長久手の戦い」で戦死。

 

弟「森坊丸」「森力丸」も、「本能寺の変」で戦死。

 

末弟「森忠政」は、「関ヶ原の戦い」「大坂の陣」で活躍し、「美作津山藩18万5千石」を領有。


スポンサーリンク


信長の爪

「信長が切った爪」を捨てるにあたり、蘭丸が細やかな配慮をして、忠誠心を証明したという逸話です。

 

ある日、主君「織田信長」が爪を切っていたときのことです。

 

信長は爪を切り終えると、切った爪を「扇子」にのせて、蘭丸に捨てるように命じます。

 

すると蘭丸は、その切った爪を数え始めたのです。

 

爪は9つしかありません。

 

そこで、残りの一つがどこにあるのか、蘭丸は探し始めます。

 

信長に残り一つの爪がどこにあるか知らないかと尋ねると、信長の袖に、最後の爪がのっていました。

 

すべての爪を堀にむかって捨てると、信長は蘭丸を褒め称えます。

 

実は信長、何人もの小姓に、「爪を捨ててこい」と命じ、そのやり方を試していたのです。

 

10個の爪のうち、信長はいつも「1つ」を隠しもっていたのです。

 

どの小姓も、爪を数えず、「9つ」しかないことに気付きません。

 

しかし蘭丸だけは、数が足りないことに気付き、捜索してすべての爪を処分。

 

この細やかな気配りを喜んだ信長は、蘭丸を信頼するようになるのでした。


スポンサーリンク


閉まっていた障子

蘭丸が、信長の間違いを隠蔽し、主君のメンツを保った逸話です。

 

信長が蘭丸に対して

「隣の部屋の障子が開いている。閉めてくるように」

と指示します。

 

蘭丸が確認すると、障子は閉まっていました。

 

ところが、蘭丸は障子を開けて、「ピシャリ」と音を鳴らして障子を閉めます。

 

信長に「障子が閉まっていた」ことを報告すると、信長は奇妙に思い、蘭丸に問います。

 

「閉まっていたにもかかわらず、ピシャリと音がしたのは、一体なぜなのか?」

それに対して蘭丸は、こう応えます。

「信長様が『空いている』と言ったにもかかわらず、障子がしまっていました。

これでは信長様が、そそっかしくて不注意である、と家臣に思われてしまいます。

主君が『空いている』と言ったのだから、家来は主君に恥をかかせないようにすべきです」

この一件以来、信長はさらに蘭丸を信頼するようになりました。


スポンサーリンク


座敷での横転

「障子の逸話」と同じく、主君「信長」のメンツをたもった逸話です。

 

ある日、安土城を一人の僧侶が訪ねます。

 

信長への謁見を求めた僧侶は、大量の「蜜柑(みかん)」を献上品として持参していました。

 

蘭丸はその蜜柑を信長に見せるため、台にのせて信長のいる広間へおもむきます。

 

すると信長は、危なっかしく蜜柑を運ぶ蘭丸を注意します。

「転んでしまうぞ。やめておけ」

すると信長の予言通り、蘭丸は横転。

 

蜜柑は広間に散らばったのでした。

「言わんことではない」

信長の前で恥をかいた蘭丸は、落ち込んでいるのではないか・・・。

 

同僚たちは蘭丸を心配し、励まします。

 

しかし落ち込んだ様子がないことに、同僚たちはなぜかと質問します。

「私はわざと横転したのだ。

 

信長様は『転んでしまうぞ』とおおせられた。

 

そのお言葉が正しいことを、私は自ら転んで証明した。

 

もしも私が転ばなかったら、信長様は『状況判断力』の乏しいお方ということになる。

 

家来たる者は、主君に恥をかかせぬことを第一とすべきだ」

蘭丸は横転して、自分が恥をかくことで、主君に恥をかかせないよう配慮したのです。

 

これを聞いた小姓たちは、それを見習い、職務に励んだのでした。


スポンサーリンク


地震

「織田信長」をいさめて、蘭丸が「真の忠臣」であることを物語る逸話です。

 

信長が趣味の「鷹狩」にでかけたときのこと、休憩のために立ち寄った農家で、地震が発生します。

 

古びた農家は激しくゆれましたが、信長は落ち着き払って動じません。

 

揺れがおさまったあと、蘭丸は信長を強くいさめました。

「地震であるにも関わらず泰然自若としておられたことは、その威厳を保ち、誠にあっぱれです。

 

しかし、天下人たるお方が、我が身の安全を二の次とし、威厳を保つことを第一となさってはいけません。

 

揺れがおさまらぬうちに、これを申し上げると、避難が遅れて、なおかつ威厳も失われ、まさに両失となるため、あえて揺れがおさまるまでは申しませんでした。」

これを聞いた信長は、身の安全を第一とする重要さを思い出しました。

 

1570年】、「金ケ崎の退き口」において、信長は同盟者の「徳川家康」に一言もいわず、身の安全を優先して、真っ先に逃げ落ちています。

 

こののち、信長は地震が起きると、蘭丸に注意されたとおり、避難を優先するようになります。


スポンサーリンク


明智光秀の謀反を予見していた

「蘭丸」が「明智光秀」の謀反を予想したという逸話です。

 

蘭丸は「明智光秀」が謀反を起こすことを予想していたという逸話があります。

 

ある時、信長は光秀との意見の食い違いから口論となり、殴りつけるという事態がおこります。

 

光秀は、信長に対してこう言います。

「信長様にお引き立ていただきました大恩は、忘れがたく、このようなことで謀反をたくらみはいたしませんが、天下人たるお方がこのようなことをしてはいけません。」

 

これを聞いた蘭丸は、その場を取りつくろうため、光秀に言います。

「主従の絆が強く、信頼されているからこそ、このようなことも起こるのでしょう。

 

信長公と光秀様の関係は、私は羨ましく思います。」

 

その後、蘭丸は信長に、あろうことか「光秀暗殺」を進言します。

「光秀は謀反を起こすつもりです。

 

その前に処刑すべきです。

 

『謀反をたくらみはいたしません』とわざわざ口にしたのは、逆に『謀反をたくらんでいる現れ』です」

 

信長から、光秀謀反の根拠を尋ねられると、蘭丸は続けて、こう言います。

「今朝の明智殿の朝食の様子を観察しました。

 

口に入れたものを噛まず

 

落とした箸にも気が付かず

 

深くなにかを思案している様子だったのです。

 

しばらくすると、ハッとして、落とした箸を拾っていました。

 

緻密な計算をして、信長様を討ち果たす算段をつけていたのです。

 

油断は大敵です。」

この蘭丸の進言にも関わらず、光秀を信頼しきっていた信長は、光秀を野放しにし続けます。

 

その結果、光秀は信長を「本能寺」で襲撃することとなるのです。


スポンサーリンク


馬とネズミの悪夢

「織田信長」がみた「不吉な夢」の真相を、「蘭丸」が解き明かす逸話です。

 

信長は、「本能寺の変」が起こる直前に、不思議な夢をみました。

 

「馬がネズミに腹を食い破られて死ぬ」という、不吉なものを匂わせる夢です。

 

この夢について、信長は蘭丸に話し、吉凶を訪ねます。

 

すると蘭丸は「吉夢なり」と一言いって下がります。

 

ところが、蘭丸はこの夢の真の意味を解き明かし、同僚に次のように話します。

「信長様は『うま年』、明智殿は『ねずみ年』、つまりネズミが馬の腹を食い破るということは、謀反を予知する夢だということだ。

 

明智殿はすでに中国出陣のために、丹波亀山城へ向かった。

 

もはや明智を斬ることもできない。」

史実においても、「明智光秀」が「ネズミ年」であったことは間違いないようです。

 

そのため、明智光秀の年齢について、享年が「55歳」と「67歳」とする説があります。どちらも「ネズミ年」です。

 

 

この逸話は創作であると思います。

 

「明智光秀」が丹波へすでに出発したとしても、信長を逃せばいいだけのこと。

 

「信長は逃げよという進言など聞かない」という可能性はあるものの、光秀に見張りをつけて逐一報告させればいいだけのことです。

 

これは後世に創作された逸話であることがわかります。

 

 

余談ですが、この話に似た逸話が「三国志演義」にもあります。

 

曹操が「飼い葉桶に首を入れて草を食べる三頭の馬」の夢をみました。

 

参謀「賈詡(かく)」に夢の吉凶を占わせると、「馬の夢は吉」と言いました。

 

しかし、この夢は凶兆でした。

 

「三頭の馬」とは、曹操の参謀「司馬懿」とその二人の子「司馬師」「司馬昭」を指しており、「飼い葉」つまり「草(そう)」は「曹(そう)」、つまり「曹操の一族」を指していたのです。

 

曹操の死後、曹一族は「司馬懿」たち「司馬一族」に実権を奪われて滅びることになります。

(「三頭の馬」は、「司馬懿」「司馬昭」「司馬炎」の親子三代を指していたとも考えられる)


スポンサーリンク


信長の三宝

「森蘭丸」という小姓が、織田信長に大切にされていたことを物語る逸話です。

 

信長はあるとき、「三宝」といって、自分には3つの宝がある、という話をしました。

 

その3つの宝とは

  • 奥州・遠野(岩手県)の領主「遠野孫次郎」から献上された「白い鷹」
  • 「荒野も砂地も走る龍馬」と自ら称した「青い馬」
  • 「忠義比類なし」と称した「森蘭丸」

 

徳川家康にも、3つのお気に入りとして

  • 「佐渡(さど)殿」
  • 「雁(かり)殿」
  • 「お六(ろく)殿」

と歌われたとの逸話があります。

  • 「佐渡殿」とは、家康の参謀「本多佐渡守正信」
  • 「雁殿」とは、家康が大好きだった「鷹狩」の獲物の「雁」
  • 「お六殿」とは、家康お気に入りの側室「お六の方」

信長も家康も、これらのお気に入りを片時も離さなかったと言われています。


スポンサーリンク


「森蘭丸」が亡くなった「その後」、森蘭丸の子孫や実家「森家」はどうなった?

森蘭丸が亡くなったあとも、森家は「明治維新」存続しています。

 

ただ、森家では多くの人が壮絶に戦死しています。

 

  • 父「可成(よしなり)」
  • 長男「可隆(よしたか)」
  • 次男「長可(ながよし)」
  • 三男「蘭丸(らんまる・成利)」
  • 四男「坊丸(ぼうまる・長隆)」
  • 五男「力丸(りきます・長氏)」

 

彼らは全員が戦死しているのです。

 

蘭丸には子供がいませんでしたので、直系の子孫は残っていません。

 

森家は、蘭丸の末弟が継承しています。

 

たった一人だけ生き残ったのが、蘭丸の末弟にあたる「森忠政」です。

 

忠政は「関ヶ原の戦い」「大坂の陣」で活躍し、家康からの信頼を勝ち取ります。

 

そして「美作国(岡山県北東部)」に「津山藩18万5千石」を与えられたのでした。

 

この「森忠政」という殿様は、領民に対してかなり厳しい圧政を行っていたらしく、領内では「一揆」が次々と起こっています。

 

晩年は、森一族の長老を補佐役としたためか、領地は落ち着きを取り戻したようです。

 

森家はその後、「赤穂浪士」が取り潰しで追い出された直後の「赤穂藩」に領地替えしています。

 

森家赤穂藩は、森忠政の子孫「森忠儀(ただのり)」の代で「明治維新」をむかえています。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,織田信長の小姓「森蘭丸」は、【天正10年(1582年)6月2日】、「本能寺の変」で亡くなった。

 

2,「本能寺の変」は「森蘭丸が黒幕」という説や、「森蘭丸が明智光秀をおとしいれた」という説があるが、後世の創作である

 

3,蘭丸には「爪」や「障子」など、忠誠心の高さを物語る、数々エピソードが残されている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る