織田信長と鉄砲の関係!入手経路と、鉄砲隊による初めての戦いとは?

この記事では「織田信長と鉄砲」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信長と鉄砲の関係」を、カンタンに理解できます。

 

「信長」は「村木砦の戦い」で鉄砲を初めて戦いに使用し、「鉄砲」を最大限に活用した人物なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」と「鉄砲」の関係とは?
「織田信長」は、自らの「傭兵集団」の弱点を補うために、「鉄砲」を積極的に利用した。

 

2,「織田信長」が鉄砲を重視した理由とは?
「鉄砲」は、それまでの武器「刀」「槍」「弓」と異なり、訓練をそれほど必要とせずに効果を発揮できる武器だった。その圧倒的な攻撃力と、敵から距離を置くことができる安全性により、経験が浅い弱い兵士にもたせても効果が期待できたため、「信長」は鉄砲を重視した。

 

3,「信長」の「鉄砲」入手経路とは?
信長は、「堺」や「近江国・国友村」から鉄砲を入手したと考えられる。

「織田信長」と「鉄砲」の関係とは?

「織田信長」は、「鉄砲」の力を最大限に引き出し利用した、先駆者(パイオニア)であったと思います。

 

「信長」は当時としては最新兵器だった「鉄砲」をとても重視し、積極的に使用していました

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

織田信長の軍団は、半兵半農の「農民兵」が当たり前だった当時としては珍しい「戦争を専門とする傭兵集団」でした。

 

しかし、この「傭兵集団」には、致命的な弱点があったのです。

 

「傭兵集団は弱い」

 

「戦闘が専門」でありながら、「弱い」はずがないと思われるかもしれませんが、「傭兵集団」は「弱い」のです。


スポンサーリンク


考えてみれば当然です。

 

「傭兵集団」は、命が危なくなったら即座に「逃亡」します。

 

「農民兵」は、自らの土地を持っていますので、「防衛戦争」で逃亡することは、すなわち「土地を敵に奪われる」ことを意味します。

 

また、敵国へ攻め込む「侵略戦争」でも、「逃亡」なんてしたら、村に帰ったときに仲間から非難されます。

 

「あいつは逃げ出した」と・・・。

 

そんなことになったら村にいられなくなるので、「農民兵」は逃げることが出来ず、必死に戦うのです。

 

織田信長は、そんな「弱い傭兵集団」の弱点を補う意味で、「鉄砲」という最新兵器を積極的に使用していたのでしょう。

 

鉄砲は、信長にとって、なくてはならない必需品だったのです。

 

ちなみに、「農民兵」として、当時最強だったのは、おそらく「上杉謙信」がひきいた「越後兵」だったでしょう。

 

豪雪地帯で足腰が強く勇敢だった「越後軍」には、信長も恐怖したといわれています。

 

「最強・上杉謙信」については、以下のリンク記事をどうぞ。

『【上杉謙信】強さの秘密を逸話・エピソードで解説!世界史上最強か?』の記事はコチラ
武田信玄・最強説を考察!ライバル・上杉謙信とどっちが強い?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「信長」が鉄砲を重視した理由!信長がスゴイと言われる理由も解説!

信長が「鉄砲」を重視した理由は「弱い傭兵集団を強化するため」と申しましたが、それだけではないでしょう。

 

「刀」や「槍」「弓」とは違って、「短い訓練期間で圧倒的な攻撃力を発揮できる武器」だったから、信長は鉄砲を積極的に使用したのではないでしょうか。

 

刀・槍・弓など、当時使用されていた武器は、かなりの訓練を積まなくては、実戦で効果を発揮できません。

 

しかし「鉄砲」なら、極端な言い方をすれば、「弾丸を装填」して、「火縄に点火」して、「引き金を引く」だけで、敵を倒すことが出来ます。

 

たとえ、その敵が「剣の達人」「槍の達人」でも、距離をとって倒すことができるのです。

 

「火縄銃」は、命中精度が低かったらしいですが、大量の鉄砲で一斉射撃して弾幕を張れば、「命中精度が低い」という弱点をカバーできます。

 

信長が「鉄砲」を採用した「本当にスゴイ理由」は、「鉄砲の弱点を補うために、ありとあらゆる工夫を駆使していること」ではないでしょうか。

 

「鉄砲」には、いくつもの弱点があります。

  • 「命中精度が低い」
  • 「雨が降ったら使えない」
  • 「弾丸の装填に時間がかかるので、一発撃った後に敵に突っ込まれたらやられてしまう」
  • 「防衛戦において鉄砲は効果を発揮するが、敵に攻撃・突撃する場合、鉄砲はあまり効果を発揮しない」

当時の戦国武将たちは、これらの弱点を理由にして、鉄砲をそれほど積極的に採用しませんでした(値段が高い、入手経路が確保できない、などの理由により採用できなかったという事情もあった)


スポンサーリンク


しかし信長は、これらの弱点を、創意工夫でおぎない、鉄砲の能力を最大限ひきだすことに成功します。

  • 「命中精度の低さは、大量の鉄砲による一斉射撃で弾幕を張ることにより解決」
  • 「雨が降ったら使えないので、城や砦など、屋内で使用する」
  • 「弾丸の装填に時間がかかるため、柵や城壁などの防御施設をつかって、敵の侵入を食い止めながら鉄砲を使う」
  • 「敵へ突撃する際に、鉄砲は効果を発揮しないので、防御陣地をつくり、敵に攻めさせる」

などなど。

 

現代においても、人は「最新の道具やツール」を、何かと理由をつけて、頑固なまでに使用しないことがあります。

 

そういう人は、その道具やツールの「弱点」や「欠点」を無理やりにでも見つけ出し、「使わない理由」としてあげるものです。(かくいう筆者もその一人ですが・・。)

 

しかし、信長は違いました。

 

「鉄砲」という最新兵器の可能性をいち早く見抜き、誰もがあげつらう「弱点」からも逃げ出すことなく、その「弱点」を補う方法を、真剣に見出したのです。

 

そうすることで、「弱い傭兵集団」の弱点を「鉄砲」で補い、「農民兵」には出来ない「長期遠征」を可能としたのです。


スポンサーリンク


これにより、信長は遠い場所での長期間の戦いを可能とし、広大な地域を支配することが出来たのです。

 

信長がスゴイ理由は、「鉄砲の可能性に早くから着目したこと」だけではなく、「鉄砲の弱点を、次々と創意工夫で補ったこと」にあるのではないでしょうか。

 

ちなみに、先程「鉄砲」の弱点について、いろいろ申しましたが、つまり鉄砲とは「攻撃には向かないが、防御に最も効果を発揮する武器」という、一言で説明できる武器なのでしょう。

 

「伊達政宗」が、「鉄砲」の「攻撃に向かない」という弱点を「鉄砲を騎馬隊に持たせる」という方法で補っています。

 

「政宗の工夫」も、「信長の工夫」と似たようなものだったのかもしれません。


スポンサーリンク


「鉄砲の入手経路」とは?堺・国友村・根来・本能寺

信長は、当時最大の商業都市「堺(大阪府堺市)」、そして「近江国・国友村」から鉄砲を入手していたと考えられます。

 

当時の日本には、各地に「鉄砲」の生産地や輸入地がありました。

 

なかでも

  • 「堺」
  • 「近江国・国友村(滋賀県長浜市)」
  • 「紀伊国・根来(和歌山県岩出市)」

の三ヶ所は、鉄砲の生産地として有名でした。

 

信長は特に「近江国・国友村」を「羽柴秀吉」に支配させ、鉄砲の生産に力を注いだのです。

 

「鉄砲を生産していた」と申しましたが、当時の日本では、まだまだ「純国産」の鉄砲を作ることは難しかったようです。

 

日本では、長く「日本刀」を生産してきたことにより、「製鉄技術」が世界でも屈指のレベルに達していました。

 

そのため、日本国産の鉄砲は、相当に質の高いものだったわけです。

 

鉄砲の「引き金部分」に使用していた「合金」や、「黒色火薬」の主成分である「硝石」は、まだまだ海外からの輸入に頼りきりだったのです。

 

信長は、これらの輸入ルート確保のため、キリスト教との関係を深めた、ともいわれています。


スポンサーリンク


「信長」が初めておこなった鉄砲による戦い「村木砦の戦い」とは?

信長が初めて鉄砲を使用した戦いは、記録によると【1554年】の「村木砦の戦い」といわれています。

 

信長は味方であった「水野信近」の城「刈谷城」が「今川義元」の軍に攻められたとき、これを救援に向かいます。

 

このとき、信長は「水野」を攻撃するためにつくられた今川の砦「村木砦」を攻撃したのです。

 

「村木砦の戦い」で、信長は「鉄砲」を交代で次々と発射し、敵を降伏させたのです。

 

信長が鉄砲を利用した戦いで、最も有名なものは【1575年】に「武田勝頼」との間で行われた「長篠の戦い」でしょう。

 

しかし、信長が初めて鉄砲を積極的に使用した戦いは、この「村木砦の戦い」です。

 

勝利したものの、信長の軍も、かなりの被害が出たといわれています。

 

ちなみに、この「村木砦の戦い」は、【2020年】の大河ドラマ「麒麟がくる」の「第14回~聖徳寺の会見~」でも描かれていました。

 

「長篠の戦い」については、以下のリンク記事をどうぞ。

長篠の戦いの真実と布陣を解説!実は騎馬隊も鉄砲三段撃ちもなかった』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長は、自らの「傭兵集団」の弱点を補うために、「鉄砲」を積極的に利用した。

 

2,「鉄砲」は、それまでの武器「刀」「槍」「弓」と異なり、訓練をそれほど必要とせずに、効果を発揮できる武器だった。その圧倒的な攻撃力により、使いやすかったため「信長」は鉄砲を重視したのだろう。

 

3,「信長」は、「堺」や「近江国・国友村」から鉄砲を入手したと考えられる。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る