【織田信長について】わかりやすく簡単まとめ!どんな人で何した人?

この記事では「織田信長」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信長が、どんな人なのか」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」は「日本で100年続いた内戦を、終結へと導いた人物」であり、「残酷さ」と「優しさ」をあわせもった人なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」の生涯を簡単に解説すると
織田信長は、「戦国時代」の真っ只中である【1534年】に『尾張国』で誕生し、周囲の敵を次々撃破し、天下統一目前まで勢力を拡大させたが、【1582年】に「本能寺の変」で亡くなった

 

2,「信長」とは、何をした人なのか?
「織田信長」とは、「応仁の乱」以来100年も続く内戦を、終結へと導いた人

 

3,「信長」の性格は?恐ろしい?それとも優しい?
信長は、かなり残酷な虐殺を行った人物だが、反対に「とても優しい逸話」も数多くある、「恐ろしさ」と「優しさ」を併せ持った人物だった

「織田信長」の生涯をカンタン解説!

「織田信長」は、戦国時代に活躍した武将です。

15341582

 

尾張国半分を支配する少勢力から、東は「下野(群馬県)」から、西は「備中(岡山県)」まで、広大な地域を支配した戦国大名。

 

内戦が100年も続いた「戦国時代」において、「天下統一」まで、あと一歩に迫った武将。

《山形県天童市三宝寺所蔵、宣教師による織田信長肖像画Wikipediaよりパブリックドメイン》

信長は、「尾張国(愛知県西部)」の猛将「織田信秀」の三男として誕生しました。

 

父「織田信秀」が亡くなり、織田家の家督を継承した「織田信長」でしたが、その周囲は、敵だらけでした。

  • 「織田信友」
  • 「織田信勝」
  • 「今川義元」
  • 「斎藤龍興」
  • 「六角義賢」
  • 「三好三人衆」
  • 「浅井長政」
  • 「朝倉義景」
  • 「比叡山延暦寺」
  • 「足利義昭」
  • 「本願寺顕如」
  • 「武田勝頼」

信長はこれらの敵をすべて撃破。

 

「天下統一・全国制覇」まであと一歩となったところで、もっとも信頼していた重臣「明智光秀」が起こした「本能寺の変」で戦死してしまいます。

 

 

「織田信長の生涯年表」は、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長は、何をした人なのか?

織田信長は、「100年続いた内戦の時代・戦国時代を、圧倒的な武力で終結へと導いた人物」です。

 

1467年】、室町幕府の第8代征夷大将軍「足利義政」の後継者争いから、「応仁の乱」という内乱が勃発。

 

この「応仁の乱」をきっかけに、日本は「戦国時代」という、100年以上も続く内戦の時代に突入します。

 

各地の領土を支配していた「戦国武将」は、領地を奪い合い、血で血を洗う戦闘を繰り返していたのです。

 

織田信長は、そんな「戦国時代」に生まれて、各地の強敵を次々に撃破。

 

天下統一目前まで支配地域を拡大したものの、【1582年】、「本能寺の変」で戦死。

 

しかし、信長の功績は、家来だった「豊臣秀吉」に引き継がれます。

 

1590年】、信長の死から8年後、豊臣秀吉によって「天下統一」が達成されるのです。

 

 

「豊臣秀吉の天下統一」については、以下のリンク記事をどうぞ。

『豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長の「性格」とは?恐ろしい人か、優しい人か?

織田信長は「魔王」と呼ばれ、その残酷な性格で知られています。

 

歴史家の「磯田道史」先生も、信長の性格ややり方について、

「お坊さんに、生きたまま火を付けて殺害していた。その残酷さは異常だった」

と言っていました。

 

たしかに、信長は「比叡山焼き討ち」や「長島一向一揆」といった「虐殺」を、たびたび行っています。

 

しかし、心優しい逸話やエピソードもあるのです。

「出陣の際に、畑で昼寝していた人をみて、その失礼な態度に激怒する家臣たちをなだめ、『早く誰もが平和に昼寝できる世にしよう』と言った」

 

または

「戦場において、裸足で戦う部下に対して、自らの草履を与えて、その戦いぶりを褒め称えた」

「とある村にいた障害者を救うため、周辺住民に、その障害者を世話してほしいと頼んだ」

などなど。

 

信長はたしかに「残酷な仕打ち」をした武将です。

 

しかし、それだけではなく、優しさも持ち合わせた武将だったのです。

 

 

「織田信長の逸話・エピソード」については、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長の評価とは?悪人か、それとも英雄か?

後世において、織田信長の評価は常に変わり続けてきました。

 

江戸時代前期には「残虐な魔王」として恐れられていました。

 

しかし江戸時代後期には、「頼山陽」という人物が信長を評価しています。

 

「魔王」

 

信長は、宿敵「武田信玄」との手紙のやり取りで、自分のことを「第六天魔王」と名乗っています。

 

それと、とてつもなく残酷な仕打ちを合わせて、ついた「あだ名」が「魔王・信長」。

 

しかし、残酷な戦い方を続けたことで、100年も続いた戦乱は終息へと向かったのです。

 

「内戦を早期に終結させて、被害を最小限におさえる」ことに、信長は成功したのではないでしょうか。

 

確かに信長は、無数の人間を死に至らしめたので、「悪」と呼ばれても仕方ありません。

 

しかし、「徳川家康」が実現した「江戸時代264年」の平和は、信長がつくった土台がなくてはありえませんでした。

 

織田信長は、「平和の基礎をつくりあげた英雄」と、呼んでもよいのではないでしょうか。

 

ちなみに、「明智光秀」の末裔を自称しておられる「明智憲三郎」という方が、「織田信長」の人間性など様々なことを研究し、著書に記していました。

 

この「明智憲三郎」さんは、「本能寺の変」の真相についても、自らの考えを発表しておられました。

 

その著書が、漫画にないます。

 

どちらもかなり面白い作品でした。

 

「武田信玄」と「織田信長」については、以下のリンク記事をどうぞ。

『【武田信玄】織田信長との『戦い』がない理由!戦ったらどっちが勝つ?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長」は、「戦国時代」の真っ只中である【1534年】に『尾張国』で誕生し、周囲の敵を次々撃破し、天下統一目前まで勢力を拡大させたが、【1582年】に「本能寺の変」で亡くなった

 

2,「織田信長」とは、「応仁の乱」以来100年も続く内戦を、終結へと導いた人

 

3,信長は、かなり残酷な虐殺を行った人物だが、反対に「とても優しい逸話」も数多くある、「恐ろしさ」と「優しさ」を併せ持った人物だった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る