織田信長と徳川家康の関係とは?清洲同盟と家康暗殺計画の恐るべき矛盾

この記事では「織田信長と徳川家康の関係」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長と家康の関係」を、カンタンに理解できます。

 

「信長と家康」は「幼馴染」であり、「同盟を結んだ盟友」という関係なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」と「徳川家康」の関係とは?
「織田信長」と「徳川家康」は、「清洲同盟」という軍事同盟を締結した「盟友」であり、「幼馴染」だった

 

2,信長と家康の間で結ばれた「清洲同盟」とは?
【1561年】、「桶狭間の戦い」の翌年、「織田信長」と「徳川家康(松平元康)」は、「清洲同盟」と呼ばれる軍事同盟を締結した

 

3,「信長」の最期と「家康暗殺計画」とは?
本能寺の変」が起こったとき、信長は、家康を本能寺へ呼び寄せ、暗殺するつもりだった、という説があるが、真実かどうかハッキリしていない

「織田信長」と「徳川家康」の関係とは?

「織田信長」と「徳川家康」の関係は、

  • 幼馴染
  • 同盟を締結した盟友
  • 主君と部下
  • 親戚関係

というものでした。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

 

《山形県天童市三宝寺所蔵、宣教師による織田信長肖像画Wikipediaよりパブリックドメイン》

「織田信長」は、【1534年】生まれ。

「徳川家康」は、【1543年】生まれ。

 

年齢は、「9歳」の差があります。

《徳川家康》
「引用元ウィキペディアより」

2人の関係は、とても複雑です。

 

まず、両者は「同盟関係」にありましたので、「盟友」といって良い間柄でした。

 

次に、「主従関係」。一気に勢力拡大を果たした「信長」は、徐々に「家康」を「盟友」ではなく、「部下」としてあつかうようになります。

 

そして、「親戚」でもありました。「織田信長」の娘「徳姫」が、「徳川家康」の長男「松平信康」に嫁いでいるのです。

 

2人は「幼馴染」でもありました。

 

 

「松平信康」については、以下のリンク記事をどうぞ。

『松平信康の子孫はあの悲劇のヒロインと結婚?子供たちのその後を解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「清洲同盟」と「幼馴染」という関係について!

信長と家康は、「桶狭間の戦い」の翌年【1561年】に、「清洲同盟」と呼ばれる軍事同盟を締結しています。

 

この軍事同盟は、締結されてから信長が「本能寺の変」で亡くなるまで、実に『21年間』も続きました。

 

両者は、「幼馴染」という関係であり、その後「盟友」としてともに戦国時代を歩むことになったのです。

 

織田信長と徳川家康が出会ったのは、家康が織田家に預けられていた【1547~1549年】、この2年のあいだと考えられています

 

家康は、人質として「織田家」に預けられていたのですが、その間に、織田家の若殿「織田信長」は、幼い家康をとてもかわいがったという逸話が残っています。

 

2人が出会ってから約10年後、今度は敵味方にわかれて、両者は争うこととなります。

 

「桶狭間の戦い」

 

1560年】、「織田信長」が駿河の名将「今川義元」を討ち果たした有名な戦いです。

 

この戦いで、「徳川家康(松平元康)」は、「今川軍」の先方として織田軍と戦っていたのです。

 

「桶狭間の戦い」で、家康は主君「今川義元」を失い、これを良い機会として、今川家から独立を果たします。

 

そして翌年の【1561年】、「織田信長」と「徳川家康」は、「清洲同盟」を締結し、盟友となるのです。

 

ところが、当初「対等な関係」だった両者は、徐々に関係が変わってきます。

 

信長は、圧倒的な速度で勢力を拡大し、家康に比べると、10倍近い広大な領土を獲得するにいたるのです。

 

この力の差が原因で、両者は「盟友関係」から、「主君と家来の関係」へと変化していくこととなります。

 

 

「桶狭間の戦い」については、以下のリンク記事をどうぞ。

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長と家康の最期!「家康暗殺計画」と「本能寺の変」

「織田信長」は、「清洲同盟」を締結した21年後の【1582年】、重臣「明智光秀」に襲われて亡くなります。

 

「本能寺の変」です。

 

実はこの「本能寺の変」が起こったとき、信長は「徳川家康を暗殺しようとしていた」という説があります。

 

「茶会を開く」と言って「徳川家康」を「本能寺」へとおびき出し、「家康を暗殺しようとした」のだそうです。

 

この「家康暗殺計画」は、明智光秀の末裔を自称する作家「明智憲三郎」さんが

  • 「本能寺の変~431年目の真実~」
  • 「信長を殺した男」

という本のなかで唱えておられた説です。

「明智憲三郎」さんの説によると
家康暗殺計画を信長から知らされた「明智光秀」は、「徳川家康」を助けるために、家康と協力して「織田信長」を本能寺で暗殺した
とのこと。

 

 

どちらもとても興味深く、面白い作品でした。

 

 

 

「本能寺の変」によって、「織田信長」は「明智光秀」に討ち果たされてしまいます。

 

そしてその「明智光秀」も、「本能寺の変」から11日後に「山崎の戦い」で「羽柴秀吉」によって敗死します。

 

信長の天下を引き継いだ「豊臣秀吉」でしたが、【1598年】に死去。

 

1600年】、「関ヶ原の戦い」に勝利した「徳川家康」が天下を引き継ぐことになります。

 

1615年】、「徳川家康」は「豊臣秀吉」の息子「豊臣秀頼」を殺害し、「豊臣家」は滅亡。

 

1616年】、「徳川家康」は【75歳】で死去。

 

家康の死から、【1868年】の「明治維新」まで、日本は実に【252年】ものあいだ、長く平和な時代が続くこととなるのです。

 

 

「本能寺の変」については、以下のリンク記事をどうぞ。

『【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長と家康が出会う以前、「織田家」と「徳川」は敵同士だった!

「織田信長」と「徳川家康」が出会う前、両者の家は「宿敵関係」でした。

 

「織田信長」の父「織田信秀」は、「徳川家康」の祖父「松平清康」を死に追いやっているのです。

 

それだけではありません。

 

家康の母の兄、つまり家康の伯父にあたる「水野信元」は、信長につかえていたものの、裏切りを疑われて、信長の命令で切腹させられています。

 

また、一説によると、徳川家康の父「松平広忠」も、織田家の策略で亡くなったとのこと。(広忠の死因は、部下による暗殺説、病死説と、はっきりしていない)

 

つまり、「織田信長」と「徳川家康」が同盟を結ぶまで、「織田家」と「松平家(徳川)」は、宿敵関係にあったということ。

 

この「宿敵関係」が原因なのか、「徳川家康こそが本能寺の変の黒幕」という説が存在しています。

 

現在の研究では、「徳川家康黒幕説」は、可能性が低いと見なされています。

 

しかし真実が、はっきりわかっていないのも事実です。

 

もしかしすると、「織田信長」は「徳川家康」の策略により、討たれたのかもしれません。

 

表向きは「清洲同盟」で「盟友」として振る舞っていた「信長」と「家康」。

 

2人はとても仲が良く、宣教師「ルイス・フロイス」も

「2人はまるで本当の兄弟のように仲が良い」

という証言を残しているほどです。

 

しかし実際のところ、両者は互いの命を狙うほどに、険悪な仲だったのかもしれません。

 

表向きは「盟友」、裏では「宿敵」。

 

この大いなる矛盾が、「本能寺の変」の真相を突いているのかもしれません。

 

 

「本能寺の変」については、以下のリンク記事をどうぞ。

『本能寺の変とは簡単にわかりやすく解説!今で言う首相暗殺みたいなもの』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長」と「徳川家康」は、「清洲同盟」という軍事同盟を締結した「盟友」であり、「幼馴染」だった

 

2,信長と家康の間で結ばれた「清洲同盟」とは、【1561年】、すなわち「桶狭間の戦い」の翌年、「織田信長」と「徳川家康(松平元康)」が締結した軍事同盟

 

3,「本能寺の変」が起こったとき、信長は、家康を本能寺へ呼び寄せ、暗殺するつもりだった、という説があるが、真実かどうかハッキリしていない

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る