織田信長が【本能寺の変】で残した名言!その意味に隠れた覚悟と後悔

この記事では「織田信長の最期の名言」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長が最期にどのような言葉を口にしたのか」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」の最期の名言は「是非に及ばず(ぜひにおよばず)」というものでした。

 

この言葉には、信長の「あきらめ」と「後悔」の意味が込められていると、筆者は思います。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

 

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」が「本能寺の変」で、最期に残した名言とは?

「信長」は、死の間際に「是非に及ばず(ぜひにおよばず)」と口にしたという。

 

2,「信長」の最期の言葉の意味とは?

「是非に及ばず」とは、現代語に訳すと「仕方のないことだ」という意味になる。

 

3,「信長」の最期の言葉に隠された「覚悟」と「後悔」とは何か?

信長はおそらく、「明智光秀」に謀反を起こされる心当たりがあったのだろう。そのため「是非に及ばず」という言葉には、「死を覚悟する」とともに「光秀に謀反を起こされたのなら仕方ない」という「後悔」が感じられる。

織田信長が「本能寺の変」で最期に残した「名言」とは?

1582年6月】、「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれた「織田信長」が、最期に残した言葉、それは

「是非に及ばず(ぜひにおよばず)」

であったと言われています。

 

この言葉は、「本能寺の変」から【400年】以上が経過した今も、「織田信長が残した名言」として、語り継がれています。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

 

この言葉は、信長の「右筆(ゆうひつ・秘書)」であった「太田牛一」が記した信長の公式記録「信長公記(しんちょうこうき)」に記されています。

 

織田信長は小姓の「森蘭丸」から、「明智光秀が謀反を起こした」と耳にすると、静かに「是非に及ばず」と口にして、最期の戦いに挑んだのでした。

 

実は「信長公記」には、この「是非に及ばず」の後、信長が口にした言葉がもう一つ記録されています。

 

正確にいえば、それこそが「織田信長の最期の言葉」ということになるのかもしれません。

 

信長は「是非に及ばず」と口にすると、「弓」や「槍」をとって自ら戦ったと記されています。

 

そのとき信長の近くには、「女房衆」と呼ばれる女性たちが従っていました。

 

信長は彼女たちに、こう言ったと「信長公記」に記されています。

「女子たちはもういい。

急いで脱出せよ。」

つまり信長は、「もういいから、急いで逃げろ」と言ったのです。

 

明智軍1万人に囲まれていた「本能寺」でしたが、信長につかえた黒人の側近「弥助」や、信長が逃がした「女性たち」は、無事脱出に成功しています。

 

「弥助」は明智光秀につかまったものの、殺されず、命を救われています。

 

女性が見逃されたのは、当時の「しきたり」というか、当然の「ルール」だったのかもしれません。

 

1996年】の大河ドラマ「秀吉」の第30回「信長、死す」において、俳優「渡哲也」さんが演じた「織田信長」が、側室「お鍋の方」に対して

「女たちは苦しゅうない。急ぎ退出せよ。

光秀は女を殺すような奴ではない

というシーンがありました。

 

実際に、信長は光秀が「女性」を殺すような男ではないことを確信していたのかもしれません。

 

ちなみに史実では、信長の側室「お鍋の方」は、「本能寺」にいませんでした。

 

「本能寺の変」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「最期の言葉」の「意味」を解説

「是非に及ばず」とは、「やむを得ない」とか「仕方のないことだ」という意味で、「あきらめ」を意味する言葉です。

 

「本能寺」に宿泊していた信長は、外で大軍団の大声が聞こえてくると、部下たちに対して

「さては謀反か!

いったい誰が謀反を起こしたのだ?」

と尋ねたといいます。

 

諸説あるものの、信長はこのとき、「明智光秀」の謀反ではなく、自らの実子である「織田信忠」の謀反を疑ったとも言われています。

 

または「僧兵が攻め込んできた」とか、「町の市民が反乱を起こした」とか、そんなことを考え、口走ったという説もあります。


スポンサーリンク


このとき信長は

「明智光秀が謀反を起こしたのではないか?」

ということを全く想像せず、口にもしていません。

 

息子「信忠」の謀反は疑っても、「光秀」の謀反は疑わない・・・。

 

それだけ信長は、「明智光秀」を信頼しきっていたのです。

 

ところが、その「明智光秀」が、謀反を起こした張本人だったわけです。

 

それを「森蘭丸」から聞かされた「織田信長」は、短くたった一言だけ

「是非に及ばず(ぜひにおよばず)」

と口にして、最期の戦場へと向かっていったのでした。

 

この「是非に及ばず」という言葉には、信長の「諦め」と「後悔」がにじみ出ていると、筆者には感じられるのです。

 

「明智光秀」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長が「最期の言葉」で示した「覚悟」と「後悔」

信長の「是非に及ばず」という言葉には、信長の「覚悟」と「後悔」が込められていると思います。

 

信長は「明智光秀が謀反を起こした」という言葉を耳にして、即座にあきらめ、死を覚悟したのでしょう。

 

「明智光秀」は、織田家でもトップの名将です。

 

「明智軍1万3千人」は当時、最先端の装備を整えた、戦国屈指の最強軍団でした。

 

その「明智光秀」が相手では勝ち目がない、と信長は即座に理解したのです。

 

だからこそ、無駄にあがいたり、叫んだりするようなことをしなかったのです。

 

ただ「是非に及ばず」と、ひとことだけ静かに口にしたのでしょう。

 

もう一つ、信長の「是非に及ばず」という言葉には、「後悔の念」もあったように感じられます。

 

「是非に及ばず」、つまり「仕方のないことだ」と口にした信長は、

 

「明智光秀から謀反を起こされても仕方のない事情」

 

について、心当たりがあったのでしょう。


スポンサーリンク


「仕方のないことだ」

というのは

「明智光秀が相手では、死ぬことも仕方のないことだ」

という意味の他にも

「明智光秀ならば、謀反を起こしたとしても、仕方のないことだ」

という意味が込められていたのでしょう。

 

「明智光秀」が「本能寺の変」を起こした動機には、諸説あります。

 

しかし最新の説によると「明智光秀の怨恨」が原因の一つであると言われています。

 

特に「四国説」と呼ばれる説が、近年注目を集めています。

 

明智光秀の長年の盟友である「長宗我部元親」を、「織田信長」が討伐しようとしたことが原因だというのです。

 

信長のその行動が「明智光秀」を激怒させ、「本能寺の変」を起こした、という説です。

 

そのほかにも、信長は「明智光秀」に裏切られる心当たりがあったのかもしれません。

 

実は「織田信長」の最期の言葉「是非に及ばず」を、全く違う意味で解釈した人がいます。

 

それは「明智光秀」の末裔で、作家の「明智憲三郎」さんです。

 

「四国説」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【本能寺の変】最新説【四国説】を考察!目的は長宗我部救済だった?』の記事はコチラ
『本能寺の変【四国説】をわかりやすく解説!光秀はリストラ寸前だった』の記事はコチラ

スポンサーリンク


明智光秀の子孫が解説した「信長」が残した「2つ」の「最期の言葉」

「明智光秀」の子孫を自称する作家「明智憲三郎」さんがおっしゃるには、信長の「最期の言葉」は「2つ」あったのだとか。

「是非に及ばず」

「余は自ら死を招いたな」

という2つです。

 

「明智憲三郎」さんがおっしゃるには、「是非に及ばず」とは、「明智光秀」が謀反を起こしたと聞いたときに、その言葉に対して

「是か非かを確認するにおよばず」

つまり

「明智光秀が本当に謀反を起こしたかどうかを、改めて確かめる必要などない」

(光秀が謀反を起こしたことについては、すでにわかっているし、疑いようなどない。間違いなどありえない。)

という意味で言ったのだ、というのです。


スポンサーリンク


さらに

「余は自ら死を招いた」

というのは、「織田信長」が「明智光秀」に命じていた「徳川家康・暗殺計画」を、逆に利用されたことを示唆しているのだとか。

 

「明智憲三郎」さんによれば、「本能寺の変」は「徳川家康」と「明智光秀」が協力して、「織田信長」を討ち果たした事件なのだそうです。

 

「信長」は、将来強敵となりかねない「徳川家康」を暗殺しようと、「明智光秀」に軍勢を与えて襲撃させようとしたのです。

 

ところが光秀は、ターゲットのはずの「徳川家康」と協力して、逆に信長を襲撃したのです。

 

つまり信長は、「明智光秀が謀反を起こした」と耳にして「自分の策略が逆手に取られた」と悟ったのです。

「余は自ら死を招いた」

この言葉の意味は、そういう意味だと、「明智憲三郎」さんは主張しておられます。

 

ちなみにこの「余は自ら死を招いた」という言葉は、黒人武将「弥助」が証言したものと言われています。

 

くわしくは、「明智憲三郎」さんの作品「本能寺の変~431年目の真実~」を漫画化した「信長を殺した男」の「第一巻」に描かれています。

 

 

余談ですが、【2017年】の大河ドラマ「おんな城主 直虎」でも、「本能寺の変」は「徳川家康」と「明智光秀」が共謀して起こしたものとして描かれています。

 

「明智光秀の子孫」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『明智光秀の子孫を家系図でわかりやすく解説!現在の天皇は光秀の末裔』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長」が「本能寺の変」で、最期に残した名言とは、「是非に及ばず(ぜひにおよばず)」だった

 

2,「是非に及ばず」とは、現代語に訳すと「仕方のないことだ」という意味になる。

 

3,「信長」は、「明智光秀」に謀反を起こされる心当たりがあったのだろう。そのため「是非に及ばず」という言葉には、「死を覚悟する」とともに「光秀に謀反を起こされたのなら仕方ない」という「後悔」が感じられる。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る