【織田信長とは】について小学生向けに詳しく解説!信長は何をした人?

この記事では「織田信長」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信長とは、何をした人なのか」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」は「100年も続いた戦争を終わらせた人」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」とは、いつの時代の人なのか?

「織田信長」は、今から約【450年】前に生きていた「戦国時代」の人物

 

2,「織田信長」とは、何をした人なのか?

「織田信長」は、100年以上も続いた「戦国時代」という「戦争の時代」を、事実上終わらせた人物

 

3,もしも「信長」がいなかったら、日本はどうなっていた?

信長がいなかったら、現在の平和な経済大国「日本」はなかっただろう。もしかすると外国に植民地にされていたかもしれない

「織田信長」とは、そもそも「いつ」の時代の人なのか?

「織田信長」は「戦国時代」に活躍した武将です。

 

戦国時代とは
1467年】の「応仁の乱」から始まり
1590年】の「豊臣秀吉による天下統一」まで
1467~1590年】のことを指します。

 

織田信長は【1534年】に誕生し、【1582年】に亡くなった偉人です。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

つまり「織田信長」は、現代からみると、約【450年】ほど前の時代を生きていた人ということになります。

 

織田信長は、現在の「愛知県名古屋市」で誕生。

 

そして【1582年】、現在の「京都府京都市」にある「本能寺」という場所で、亡くなっています。

 

信長は、自分の部下だった「明智光秀」に裏切られて襲撃され、亡くなっているのです。

本徳寺所蔵の明智光秀肖像:Wikipediaよりパブリックドメイン

 

「明智光秀」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「織田信長」とは、「何をした人なのか」、簡単に解説!

「織田信長」とは、「戦国時代」という戦乱の時代を終わらせた人物です。

 

正確に言えば、「戦国時代を終わらせたのは豊臣秀吉」ですが、「織田信長」は「戦国時代を終わらせる道筋をつけた人」と言っていいでしょう。

 

「織田信長」がいなかったら、「豊臣秀吉」は「天下統一」など、絶対に出来ませんでした。

 

当時の日本では、各「都道府県」を「戦国大名」と呼ばれる殿様が支配し、それぞれに軍団をもっていました。

 

そして、各地で戦争を起こしていたのです。

 

これが、当時の日本が「戦国時代」と呼ばれた理由です。

 

争で各地の同士が争っていた時代」だから「戦国時代」なのです。

 

「織田信長」は、「愛知県西部」に位置していた国「尾張国」の支配者でした。

 

そして信長は、圧倒的な強さを発揮して、京都を中心とする日本の大部分を侵略していきます。

 

信長は各地の「戦国大名」たちを、その圧倒的な武力によって、次々と討ち倒していったのです。

 

日本のほとんどが「織田信長」に支配されたにより、日本各地でおこなわれていた戦争は、徐々に少なくなっていったのです。


スポンサーリンク


「天下統一」
つまり「日本全国が織田信長に支配される土地となる」まで、あと一歩と迫った【1582年】に織田信長は京都「本能寺」で、もっとも信頼していた部下「明智光秀」に裏切られて亡くなります。

 

これが「本能寺の変」です。

 

「明智光秀」は、同じく「織田信長」の部下だった「豊臣秀吉」に討たれて、織田信長が死んだわずか【11日後】に亡くなります。

 

そして信長の「かたき討ち」に成功した「豊臣秀吉」は、「織田信長」の後継者として、信長が目指した「天下統一」を引き継いだのです。

 

1590年】、織田信長が亡くなった8年後、「豊臣秀吉」はついに「天下統一」に成功。

 

こうして秀吉は、100年以上も続いた「戦国時代」を終わらせたのです。

 

ちなみに「織田信長」と「豊臣秀吉」は、主君と家臣、つまり「殿様と部下」という関係です。

 

秀吉は「織田信長」の部下の中でも、「明智光秀」と並んで、もっとも優秀な部下だったのです。

 

「豊臣秀吉の天下統一までの道のり」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由』の記事はコチラ

スポンサーリンク


もしも「織田信長」がいなかったら、どうなっていたのか?今の日本はなかった!

もしも「織田信長」がいなかったら、現在我々が住んでいる日本は、別の形になっていたでしょう。

 

織田信長の最大の功績は「戦国時代という戦争の時代を、終わりに導いたこと」です。

 

「戦国時代」という戦争の時代は、【100年】以上も続きました。

 

信長がいなかったら、さらに【100年】続いたかもしれないのです。

 

戦国時代のあと、「徳川家康」は「江戸時代」と呼ばれる【265年】も続いた、長く平和な時代をつくりあげることに成功します。

 

もしも信長が「戦国時代」を終わらせなかったら、この「江戸時代」という「平和な時代」は来なかったでしょう。

 

そうなると、「日本」は戦乱で、さらにボロボロの状態になっていたはず。

 

1853年】、「ペリー」がひきいた「黒船」が日本へ来航します。(黒船来航)

 

このとき、西洋の強国は、日本を「植民地」にしようと狙っていましたが、日本はギリギリで「植民地」となることを避けています。

 

日本が植民地にならずに済んだ理由は、「江戸時代」という平和な時代が、日本の力を温存させたためでしょう。

 

もしも「信長」が「戦国時代」を終わらせなかったら、日本は「黒船」が来航したとき、日本国内での戦争が原因でもっと弱くなっていたかもしれません。

 

日本がもっと弱かったら、列強諸国は容赦なく日本を植民地にしてしまっていたでしょう。

 

そうなると、現在の「経済大国」で「平和な日本」は、存在しないことになります。

 

織田信長が「戦国時代」を終わらせたことは、長い歴史の中でみてみると、日本を救った行為と言えるのかもしれないのです。

 

「黒船来航」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『黒船来航の目的とペリーの真実!船が来た現在地と、黒船とは何かを解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「織田信長」の最期と、亡くなった後に何が起こったのかを解説!

1582年】、「織田信長」が「本能寺の変」で亡くなると、その「11日後」、信長の家来「羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)」が、信長を討った「明智光秀」を討伐します。

 

そして「豊臣秀吉」は、「織田家」の後継者として、信長がやろうとしていた「天下統一」を引き継いでいくのです。

 

1590年】、信長の死から8年後、秀吉はついに天下統一を達成。

 

ようやく日本国内での戦争が終わります。

 

しかし秀吉は、せっかく国内での戦争が終わったにも関わらず、「朝鮮出兵」を行なって、海外との戦争を継続してしまうのです。

 

1598年】、「豊臣秀吉」死去

 

1600年】、「関ヶ原の戦い」で「石田三成」に勝利した「徳川家康」は、「豊臣秀吉」の後継者として天下を支配していきます。

 

1615年】、「徳川家康」は、「豊臣秀吉」の息子「豊臣秀頼」を死なせ、「豊臣家」を滅亡させます。

 

そして【1616年】、「徳川家康」は、平和な世の中をつくることに成功して、75歳で亡くなるのです。

 

「本能寺の変」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長は、今から約【450年】前に生きていた「戦国時代」の人物

 

2,「織田信長」は、100年以上も続いた戦国時代という戦争の時代を終わらせた人物

 

3,もしも信長がいなかったら、現在の平和な経済大国「日本」はなかっただろう。もしかすると外国に植民地にされていたかもしれない

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る