織田信長の弟たちを一覧で紹介!弟・信勝(信行)を暗殺した理由が悲惨

この記事では「織田信長の弟・妹」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長の兄弟たち」を、カンタンに理解できます。

 

「信長」には「数多くの弟や妹」がいました。

 

弟妹たちの中でも、最も有名なのは「信長に暗殺された弟・信勝」と、「戦国一の美女・お市の方」でしょう。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,織田信長の「兄弟」たちとは、誰がいたのか?
信長には、20人以上の兄弟がいた。最も有名なのは、信長に暗殺された弟「信勝(信行)」と、戦国一の美女「お市の方」だろう

 

2,信長が弟「信勝」を暗殺した理由とは?
信勝が何度も信長に謀反を起こしたから。信勝は周囲にいわれた通り動くだけの、無能な人間だった

 

3,信長の弟と「東京・有楽町」の関係とは?
信長の弟「織田有楽斎」の名前が、「有楽町」の由来という噂があるが、その可能性は低い

織田信長の「弟・妹」の名前一覧と、弟たちの最期

織田信長には、数多くの弟と妹がいましたが、その名前を一覧でご紹介致します。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

織田信長には、「兄」がいました。

  • 織田信広

「信広」は庶子、つまり身分の低い側室の子であり、信長の兄ではありましたが、家督継承は出来ませんでした。

 

「信広」は弟「信長」に仕え、1574年「長島一向一揆」で戦死しています。

 

信長の弟たちは、以下のとおりです。

 

  • 「織田信勝」(信行)、信長に謀反を起こしたため、1558年、信長に暗殺される
  • 「織田信包」、信長と母を同じくする弟。秀吉に仕え、1614年に大坂城内で血を吐いて死去。
  • 「織田信治」、1570年の「宇佐山城の戦い」で「浅井・朝倉連合軍」と激戦の末に戦死。
  • 「織田秀俊」(信時)、守山城主。1556年に家臣に裏切られて自害した。
  • 「織田信興」、1570年に「伊勢長島一向一揆」と激戦の末に戦死。信長が最も信頼していた弟だった。
  • 「織田秀孝」、1555年に叔父「織田信次」に、無礼討ちで殺害された。
  • 「織田秀成」、1574年、「長島一向一揆」で戦死した。
  • 「織田信照」、信長の次男「織田信雄」に仕え、1610年に死去。
  • 「織田長益」(有楽斎)、「本能寺の変」で信長の息子「信忠」に切腹をすすめながらも生き延び、「関ヶ原の戦い」「大坂の陣」に参戦。1622年死去。茶道「有楽流」の祖であり、子孫は今も愛知県で「有楽流」を守っている。
  • 「織田長利」、信長の末弟。1582年、「本能寺の変」で甥「織田信忠」とともに戦死。

スポンサーリンク


次に、信長の「妹」を一覧でご紹介致します

 

  • くらの方(大橋重長の妻)
  • 犬山殿(織田信清の妻)、夫を弟「織田信長」に殺され、信長死後は信長次男「織田信雄」に庇護された。
  • 神保・稲葉夫人(神保氏張の妻、のちに稲葉貞通と再婚)
  • 斎藤道三の側室
  • 苗木勘太郎の妻
  • お犬の方(佐治信方の妻、のちに細川昭元と再婚)
  • お市の方(浅井長政の妻、のちに柴田勝家と再婚)、「淀殿」、「お初」、「お江」の母親。「豊臣秀頼」「徳川家光」の祖母
  • 小幡殿(織田信成の妻)
  • 栄輪院(織田信直の妻)
  • 津田出雲守の妻
  • 飯尾尚清の妻
  • 乃夫殿(津田元秀の妻)
  • 信徳院(牧長清の妻)
  • 丹羽氏勝の後妻
  • 乃木九郎の妻

 

信長の弟・妹のなかで、父も母も同じ弟妹は「信勝(信行)」と「信包」、そして「お市の方」だけだったといわれています。

 

信長の父「織田信秀」は、数多くの側室を抱えていたため、無数の兄弟に恵まれていました。

 

息子の信長も、父にならったのか、子供については、20人以上ももうけていました。

 

「織田信秀」「お市の方」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信秀のすべてを徹底解説!子孫や家系図・葬儀の逸話まで完全網羅』の記事はコチラ
『お市の方のすべてを徹底解説!家系図や[織田信長]との関係を完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


弟「信勝(信行)」を暗殺した理由!信勝は無能だった

弟『信勝』と兄「信長」は、能力の差が大きすぎた

織田信長は、弟「織田信勝(信行)」を、【1558年】に暗殺しています。

 

その理由は、「信勝」が兄「信長」に対して、何度も何度も謀反したからです。

 

しかし、それだけではありません。

 

信勝は、織田家の当主となるには、無能すぎたと考えられます。

 

1つの逸話があります。

 

信長・信勝の父「織田信秀」が亡くなったあと、信秀の葬儀において、2人は対象的な行動をとります。

 

兄「信長」は、父の位牌に抹香という「粉のお香」を投げつけるという暴挙を働きます。

 

ところが「信勝」は、行儀よく作法に従ったといいます。

 

これをみた人々は、「信長」をバカにして、「信勝」を評価しました。

 

ところが、これは信長の罠でした。

 

 

この一件から、信長を侮った周囲の敵対勢力は、油断しきってしまい、信長に滅ぼされています。

 

信長は、わざと「バカなふり」をしていたのです。

 

信長の「バカなふり」は、周囲をあざむくための芝居でした。

 

ところが「信勝」はというと、大人に気に入られるために、ほめられるために行儀よくしただけの、とても底の浅い考えしかなかったのです。

 

自分の頭で考えた「信長」と、人にいわれるままに動いた「信勝」。

 

この逸話からしても、信勝の能力には、限界があったと言わざるを得ません。

 

信勝が暗殺されたのは、「能力が低かった」、つまり「無能だったから」といって良いでしょう。

 

少しでも自分の頭で考える能力があったら、一度謀反に失敗したら、おとなしく従うはずですからね。

「明智光秀」と「織田信勝」の知られざる関係

実は、「明智光秀」と「織田信勝」の間には、知られざる接点があります。

とはいえ、2人が顔を合わせたことはないと思います。

間接的に接点があるのです。

実は「明智光秀」の四女が、「織田信勝」の息子「津田信澄」に嫁いでいるのです。

つまり「明智光秀」にとって、信勝の息子「信澄」は、娘婿ということです。

実は「信勝」が暗殺されたあとも、信勝の息子「信澄」は、信勝を殺害した伯父「織田信長」によって、大切に保護されたのです。

そして信長は、成長した甥「信澄」を、重く用いたのでした。

「津田信澄」は、織田家でもっとも力を持っていた重臣「明智光秀」と婚姻関係を結んだだけではありません。

さらには信長の三男「信孝」が「四国遠征軍・司令官」に任命されると、「津田信澄」は織田家重臣「丹羽長秀」とともに、「信孝」の副将に任命されているのです。

信長が、どれほど「信澄」を信頼していたかが、わかります。

ところが、この三男「信孝」と「津田信澄」が「四国遠征軍」として出陣する前日の、【天正10年(1582年)6月2日】、悲劇が起こります。

「本能寺の変」です。

なんと「津田信澄」の義父「明智光秀」が、「本能寺」で、「信孝」の父「織田信長」を襲撃し討ち取ってしまうのです。

これに激怒した「織田信孝」と「丹羽長秀」は、副将であった「津田信澄」を襲撃し、有無を言わせずに討ち取ってしまいます。

「信孝」と「丹羽長秀」は、「津田信澄」を「明智光秀の共犯者」とみなしていたのです。

信澄が、義父「明智光秀」に協力して「信長」を裏切っていたかどうかは、実は全くわかっていません。

「津田信澄」は、「明智光秀の裏切り」とは、全く無関係だった可能性すらあるのです。

おそらく「丹羽長秀」と「織田信孝」は、こう考えたのでしょう。「津田信澄」の父「信勝」が、「織田信長」に暗殺されているため、「津田信澄」が父の仇を討つ目的で、「明智光秀」に協力しているに違いない、と。

津田信澄は、父「信勝」を殺した伯父「織田信長」のお気に入りでした。

もしかすると、津田信澄は、無実の罪を着せられて討たれたのかもしれません。

 

「津田信澄」と「明智光秀の四女」の「子孫」については、以下のリンク記事にて簡単に解説しております。

実は、「信澄」と「光秀の四女」の子孫は、その後も続いていたようなのです。

『明智光秀の子供達を一覧解説!本能寺の変の後子供達はどうなった?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


織田信長の弟「有楽斎」と、東京の深い関係

織田信長の弟で、茶人の「織田有楽斎(長益)」といえば、東京「有楽町」の名前の由来となっていると噂の人物です。

 

しかし、この「有楽斎の名前が、有楽町の由来」という説は、どうやらガセである可能性が高いのだとか。

 

東京・有楽町が、「有楽町」という名前で呼ばれたのは「明治」になってから。

 

つまり、「有楽斎」が亡くなってから、200年以上も経過したあとのことです。

 

「有楽町は織田有楽斎の屋敷があったから、有楽町と呼ばれた」という説が噂されていますが、そもそも「有楽斎」は、江戸に住んだことがありません。

 

有楽町のお隣を「永楽町」と呼んでいたらしいので、おそらく「縁起の良い名前」ということで、付けられたのでしょう。

 

2017年現在、「有楽町一丁目二丁目」の人口は、「18名」だそうです。

 

ちなみに、大阪には、「有楽斎が住んだ場所」が「有楽町(うらくちょう)」という名前で呼ばれ、現在でも「有楽」という名前が建物などに付けられて残っています。


スポンサーリンク


信長の弟は僧侶になっていた?信長を埋葬した僧「清玉上人」

織田信長が【1582年】に「本能寺の変」で亡くなると、京都「阿弥陀寺」の僧侶「清玉上人」が、信長の遺体を密かに「阿弥陀寺」へ埋葬したと言い伝えられています。

 

清玉上人は、言い伝えによると、「信長の弟」といわれているのだとか。

 

子沢山だった信長の父「信秀」のことですから、ありえない話ではないですが・・・。

 

どうやら、「清玉上人」の母親が、尾張で生活しており、産気づいたところを織田家の人間に救われたのだとか。

 

清玉上人の母は、出産直後に亡くなり、これ以降「清玉上人」は、13歳になるまで、「織田家」で信長とともに兄弟同然に育てられたようですね。

 

そして13歳で「興福寺」へ出家。

 

19歳で京都「阿弥陀寺」の住職になっています。


スポンサーリンク


清玉上人は、幼い頃の「織田信長」からの恩を返す目的で、信長を救出するために「本能寺の変」が起きたとき、本能寺へ走ったのでしょう。

 

明智軍は、信長をとり逃さないために、敵が見えない夜が明けるまで、攻撃を待っていました。

 

そこへ清玉上人が、おそらく「本能寺の僧侶」を装って、寺へ侵入。

 

すると信長の家来(おそらく黒人武将の「弥助」)が、信長の首を火葬にしていたのです。

 

清玉上人が、その信長の家来にたずねると、「信長から、敵に信長の遺体を渡すな、と言われた」とのこと。

 

そして清玉上人は、彼らから信長の遺骨をゆずりうけて、再び「本能寺の僧侶」のふりをして本能寺から逃亡。

 

 

阿弥陀寺で信長の遺骨を埋葬したのでした。

 

おそらく、火葬された信長の遺体というのは、「信長の胴体」ではなく、「首のみ」だったのでしょう。

 

清玉上人は、「信長」のみならず、嫡子「信忠」や、小姓の「森蘭丸・坊丸・力丸」の兄弟も埋葬。

 

自らの墓も「阿弥陀寺」に残し、現在も京都「阿弥陀寺」で眠っています。

 

 

黒人武将「弥助」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,織田信長には、20人以上の兄弟がいた。最も有名なのは、暗殺された弟「信勝(信行)」と、「お市の方」だろう

 

2,信長が弟「信勝」を暗殺した理由は、信勝が何度も信長に謀反を起こしたから。信勝は無能な人間だった

 

3,信長の弟「織田有楽斎」の名前が、「有楽町」の由来という噂があるが、可能性は低い

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る