織田信長の息子・娘達の名前一覧!信長の子供達のその後は悲惨だった

この記事では「織田信長の息子・娘」を、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長の子供たち」について、カンタンに理解できます。

 

「信長の子供たち」は「そのほとんどが、悲惨な運命をたどっている」のです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,織田信長の「息子・娘」には、どんな人達がいたのか?
信長には嫡子「信忠」、次男「信雄」、三男「信孝」など、20名以上の子供がいた

 

2,織田信長の子供たちの[その後]とは?
信長の子供たちは、「本能寺の変」で信長が亡くなったあと、ことごとくが「豊臣秀吉」や「徳川家康」に臣従している。

 

3,信長の子供たちの最期とは?
「信長」が亡くなったあと、信長の子供たちは全員が悲惨な最期を遂げている。

織田信長の「息子・娘」の名前一覧

織田信長には、複数の側室たちとの間に、合計で「20人」以上の子供たちがいました。

 

ただ、人数については、ハッキリしていません。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

織田信長の息子の名前一覧は、以下のとおりです。

 

  • 織田信忠(長男・嫡男)
  • 北畠信雄(二男、北畠具房の養子)
  • 神戸信孝(三男、神戸具盛の養子)
  • 羽柴秀勝(四男、羽柴秀吉の養子)
  • 津田信房(五男、遠山景任・武田信玄の養子となり、のち離縁)
  • 織田信秀(六男、祖父「織田信秀」と同じ名前を与えられた)
  • 織田信高(七男)
  • 織田信吉(八男)
  • 織田信貞(九男)
  • 織田信好(十男)
  • 織田長次(十一男)
  • 織田信正(庶長子・年齢は長男の信忠より上だったらしいが、庶子だったため身分は低かった)

スポンサーリンク


次に「娘」を一覧でご紹介致します。

 

娘については、年齢が不明な者が多いため、生まれた順番がほとんど不明です。

 

  • 「相応院」   信長の長女「蒲生氏郷の妻」
  • 「徳姫」    信長の二女「松平信康の妻」
  • 「秀子」   「筒井定次の妻」
  • 「鶴姫」
  • 「玉泉院」  「前田利家の息子・前田利長の妻」
  • 「報恩院」  「丹羽長秀の息子・丹羽長重の妻」
  • 「振姫」   「水野忠胤の妻」、「佐治一成の後妻」
  • 「源光院」  「万里小路充房の妻」
  • 「三の丸殿」 「豊臣秀吉の側室」
  • 「月明院」  「徳大寺実久の妻」
  • 「足利夫人」 「足利義昭の側室」

 

今度は信長の「養女」をご紹介致します。

 

信長は、養女を数多くむかえ、各地の武将と婚姻関係を結んでいます。

 

  • 「名前不明」 五摂家の1つ、二条家「二条昭実」の側室
  • 「名前不明」 斎藤道三の娘で「畠山昭高の正室」
  • 「桂峯院」 丹羽長秀の妻、信長の兄「織田信広」の娘と言われている
  • 「龍勝寺殿」 「遠山直廉」と「織田信長の妹の娘。信長の姪にあたる。「武田信玄」の息子「武田勝頼」の妻であり、勝頼の息子「信勝」の母。「信勝」出産の直後に死去。

スポンサーリンク


信長の息子たちの「その後」を簡単解説

織田信長の子供たちは、どのような人生をおくったのでしょうか?

 

子供たちのその後を、判明している限り、カンタンに解説致します。

 

  • 織田信忠(長男)・「1582年、本能寺の変で戦死」
  • 北畠信雄(二男)・「秀吉・家康につかえ、領地没収を経験しながらも、1630年に死去」
  • 神戸信孝(三男)・「賤ヶ岳の戦いで柴田勝家が戦死すると、1583年、兄・信雄により切腹させられる。
  • 羽柴秀勝(四男)・「秀吉の養子となったが、1586年に18歳で病死」
  • 津田信房(五男)・「武田信玄の養子となったが、1582年、本能寺の変で兄・信忠とともに戦死」
  • 織田信秀(六男)・「秀吉に仕えた。朝鮮出兵に参陣したのち、病死。亡くなった年は不明だが、1597年以降とされる」
  • 織田信高(七男)・「秀吉に仕え、弟の信吉・信貞とともに関ヶ原の戦いに参戦。西軍に属し、戦後改易。1603年に死去」
  • 織田信吉(八男)・「兄・信高とともに関ヶ原の戦いに参戦。西軍に属して改易。1615年死去」
  • 織田信貞(九男)・「兄・信高、信吉とともに、関ヶ原の戦いで西軍に属し改易。大坂の陣では徳川に味方した。1624年死去」
  • 織田信好(十男)・「秀吉に仕え、茶道を学んだという。1609年死去」
  • 織田長次(十一男)・「1600年に関ヶ原の戦いに参戦。西軍の大谷吉継の部隊に属して戦死」
  • 織田信正(庶長子・信長最初の子で、長男の信忠より3歳年長だったらしいが、庶子だったため身分は低かった)「若くして隠居して出家。1647年死去」

 

天下人「織田信長」の息子にしては、全員が悲惨な最期を遂げております。


スポンサーリンク


「本能寺の変」のあと、信長の子供たちは悲惨な運命をたどった

先程解説したとおり、信長の息子達は、そのほとんどが、没落と言っていい状態にまで落ちぶれて亡くなっています。

 

なぜなのでしょうか?

 

理由は簡単で、「織田信長の息子」だからです。

 

信長のあとを継いで、天下を支配したのは、ご存知「豊臣秀吉」です。

 

秀吉は「信長」亡き後の織田家を、罠を張りめぐらせて乗っ取ったのです。

 

決して、円満に、当然の成り行きで「天下を信長から継承した」のではありません。

 

天下人となった「豊臣秀吉」にとって、主君だった「織田信長」の子供たちなど、もはや「邪魔者」でしかなかったのです。


スポンサーリンク


秀吉にとって、信長の子供たちは、「いなくなってくれればありがたい存在」、となってしまっていました。

 

秀吉は、「織田信長の後継者あらそい」に介入し、信長の子を順番に排除していきます。

 

信長の次男「信雄」と三男「信孝」の後継者争いで、「信雄」に味方し、「信孝」を死に追いやっています。

 

次男「信雄」も、天下統一後に、領地を大幅に削減されて、窓際に追いやられます。

 

他の子供たちも、秀吉によって力を削ぎ落とされて、没落。

 

秀吉の死後、徳川家康の天下となっても、結果は変わることはありませんでした。


スポンサーリンク


最期まで生き残った次男「織田信雄」!なぜ生き残れたのか?

庶子の「織田信正」を除けば、次男「織田信雄」が、信長の子供たちの中では最も長生きしています。

 

信雄は、「領地没収」や「戦死」や「切腹」で亡くなった弟たちに比べても、比較的平穏な最期を遂げることに成功しています。

 

しかも、子孫を現代にまでつなげることにも成功しているのです。

 

なぜ「信雄」は、目の敵にされた「信長の子供たち」の中で、最期まで生き残れたのか?

 

「尾張のうつけ」

 

父「織田信長」は、若い頃「尾張のうつけ(バカ)」と呼ばれていましたが、息子の「信雄」も「バカ者だった」と評判でした。

 

信雄が生き残れた理由は、「バカ者」だったからでしょう。

 

それほど頭が良くなかったため、誰もが彼を警戒しなかったのです。

 

そのため、目の敵にされることなく、生き残ることが出来たと考えられます。

 

「織田信長の子孫と家系図」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?』の記事はコチラ

 

「織田信長がうつけのふりをしていた理由」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。
『織田信長の幼少期・若い頃の逸話!「うつけ」に隠された2つの狙い!』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,織田信長の「息子・娘」は、信長には嫡子「信忠」、次男「信雄」、三男「信孝」など、20名以上の子供がいた

 

2,信長の子供たちは、「本能寺の変」で信長が亡くなったあと、ことごとくが「豊臣秀吉」や「徳川家康」に臣従している。

 

3,「信長」が亡くなったあと、信長の子供たちは全員が悲惨な最期を遂げている。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る