【織田信長】楽市楽座とは何か?その目的・効果を世界一カンタン解説

今回のテーマは「織田信長」です。

 

この記事では「楽市楽座」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信長が実行した、楽市楽座という政策の意味」を、カンタンに理解できます。

 

「楽市楽座」とは「座という組合の特権を廃止し、自由に市場で商売して良い」という政策なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「楽市楽座」とは何か?
「楽市楽座」とは、「座という組合の特権を廃止」して、「誰でも自由に商売して良い」という政策のこと

 

2,「楽市楽座」の目的は何か?
「楽市楽座」の目的は、「商業を発展させ、人々を豊かにする」こと

 

3,「楽市楽座」の効果とは?
「楽市楽座」によって、人々は豊かになり、物資の流通は盛んになり、多額の金銭が織田信長の手に入った

「楽市楽座」とは何か?世界一カンタン解説!

「楽市楽座」とは

  • 「市場(いちば)」で自由に商売できる「楽市」という政策と
  • 「座」と呼ばれる組合の「独り占めの特権を廃止」した「楽座」という政策

のことです。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

当時、「市場」では誰もが自由にお店を出して物を売ることができるわけではありませんでした。

 

「座(ざ)」と呼ばれる集団(組合)が、その土地を支配する「大名」へお金を支払う代わりに、「自分たちの組合以外の者には、商売をさせない」という特権をもらっていたのです。

 

そのため、「座」とよばれる組合は大儲けしていました。

 

信長は、この「座」の特権を取り払い、「誰もが市場で楽に商売できるようにし、誰も座に苦しめられず楽になるように」したのです。

 

これが「楽市楽座」です。

 

「楽市楽座」は、現代でいうところの「規制緩和」のようなものです。

 

現代の「規制緩和」とは、例えば「会社を起こす際のハードルを、より低く、簡単にする」などがあります。

 

「楽市楽座」はまさに、「会社を起こす際のハードルを低くする」のと同じように、「市場で商売するためのハードルを低くする」ことなのです。

 

ちなみに、この「楽市楽座」という政策は、「織田信長」が最初に始めたわけではありません。

 

信長に滅ぼされた、南近江(滋賀県南部)の大名「六角氏」が行なった「楽市楽座」という政策を、信長はマネしたに過ぎません。

 

「六角氏」の他にも、「今川氏」や「北条氏」などが、この「楽市楽座」を実行していました。


スポンサーリンク


「楽市楽座」の目的は何?

「楽市楽座」の目的は、「商業をさらに豊かにすること」です。

 

この「楽市楽座」を実行すれば、誰もが自由に「市場」でお店を出すことができるため、たくさんのお店が立ち並ぶことになります。

 

そうすると、お店同士での競争が始まります。

 

価格競争です。

 

価格競争が起こると、品物のお値段が安くなり、買い手は安く品物を購入することができます。

 

すると、買い手は得をし、売り手はさらに工夫を重ねて、品物がバンバン売れるようになるのです。

 

こうすることで、商品の流通が加速し、買い手は「安く品物を仕入れ」ることができて、売り手は「さらに儲けることができる」のです。

 

「買い手」も「売り手」も得をして、人々が豊かにする!

 

これが「楽市楽座」の目的です。

 

しかし、それだけではありません。

 

「楽市楽座」などの政策で、人々が豊かになることが、信長により「天下統一」を可能とする、とても重大な効果を発揮させることとなるのです。


スポンサーリンク


「楽市楽座」の効果とは?「楽市楽座」をおこなって、何が起こったのか

「楽市楽座」によって商業が発展したことで、織田信長は「莫大な資金」を手に入れることが出来ました。

 

農民たちは、品物をお金に替えることで利益を手に入れますが、物流が盛んになったことで、農民たちの品物は、圧倒的に売れるようになりました。

 

これで農民たちは、豊かになったのです。

 

そして、その品物を移動させて販売する「商人」も、利益を手に入れました。

 

農民も、商人も、ともに豊かになったわけです。

 

この豊かな商人たちから「お金を徴収」したり、または織田信長の広大な領土で年貢(税)として集めた「お米などの生産物」を豊かな市場で売却したり、「織田信長」自らが水運などの商売をすることで、織田家は他の戦国大名にはない「莫大な金」を手に入れることに成功します。

 

信長はこの「お金」を使って、「最強」へ生まれ変わったのです。

 

「織田信長の政策」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長の政策まとめ一覧!「政策のねらいと結果」をカンタン解説!』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「楽市楽座」などの政策が、信長を「最強」に変えた!

信長は「楽市楽座」や「関所撤廃」などで手に入れた「莫大な資金」をつかって、「強大な軍団」を組織し、「鉄砲」などの最新兵器をそろえます。

 

そして、次々と強敵たちを撃破していったのです。

 

「武田騎馬軍団」をご存知でしょうか?

 

名将の中の名将「武田信玄」が作りあげ、「戦国最強」と呼ばれた「武田騎馬軍団」のことです

 

1575年】、「戦国最強」の騎馬軍団をひきいた「武田勝頼」は、「長篠の戦い」で「織田信長」の軍団に大敗北しました。

 

これは「織田信長の軍団」こそが、新たなる「戦国最強」であることを意味していました。

 

信長は「楽市楽座」と、「関所撤廃」や「道路整備」によって商業・商売を豊かにし、そこから手に入る莫大な資金で、「戦国最強」へとのし上がったのです。


スポンサーリンク


「長篠の戦い」以降も、信長は快進撃を続けます。

 

「石山本願寺」を屈服させ、難攻不落の「丹波国」を平定し、関東「北条家」を臣従させ、「毛利家」を攻め、四国「長宗我部家」を圧迫したのでした。

 

これらは全て、信長による「楽市楽座」などの「商業活性化政策」の効果でした。

 

信長は誰よりも「商業」を重視しました。

 

信長の父「織田信秀」も商業を重視した人でしたが、おそらく信秀は「商業の重要さ」を息子「信長」に伝えていたのです。

 

「莫大な金」が、信長を圧倒的な勢力へと押し上げ、さらには「天下人」へと押し上げたのでした。

 

「織田信秀」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信秀のすべてを徹底解説!子孫や家系図・葬儀の逸話まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「楽市楽座」とは、「座という組合の特権を廃止」して、「誰でも自由に商売して良い」という政策のこと

 

2,「楽市楽座」の目的は、「商業を発展させ、人々を豊かにする」こと

 

3,「楽市楽座」によって、人々は豊かになり、多額の金銭が織田信長の手に入った

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る