織田信長の業績とは何か?信長が行なったこと「偉業」を簡単に解説

この記事では「織田信長が成し遂げた業績」や「行なったこと」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信長が何をした人なのか」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」は「戦国時代という時代を終わらせた武将」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」が成し遂げた「功績・業績」とは何か?

100年も内戦が続いた「戦国時代」を終わらせる、直前まで勢力を拡大した武将。

 

2,「織田信長」が成し遂げたこととは、一体何なのか?

「織田信長」は、戦争が続く戦国時代の日本で、次々と強敵たちを討ち倒し、戦国大名たちの中でも、「日本最大の勢力」をつくりあげ、「内戦の終結」に向けた土台をつくった

 

3,なぜ「織田信長」は、「天下統一」を成し遂げられなかったのか?

織田信長は、強敵が次々と亡くなったことで油断し、部下「明智光秀」に裏切られて「本能寺」で亡くなった(本能寺の変

織田信長の「業績」・「功績」を超カンタンにザッと解説!

戦国時代の覇者「織田信長」がなしとげた「功績・業績」とは何か?

 

それは「戦国時代という、内戦が100年も続く日本で、その内線を終わらせるための【天下統一】への土台をつくったこと」です。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

今から約【450年前】の日本、織田信長が生まれた【1534年】の当時は「戦国時代」と呼ばれる時代でした。

 

日本各地で「戦国大名」と呼ばれる武士たちが、自らの領地を支配して、それぞれに強力な軍団をもっていたのです。

 

「戦国武将」たちは、その「軍団」をひきいて、血で血を洗う戦争を何度も繰り返していたのです。

 

そんな時代が続けば、当然人々は苦しみ、疲れ果て、「日本」という国は弱体化していきます。

 

「織田信長」は、その「戦乱の時代」を、「天下統一・全国統一」することによって終わらせる「目前」までいった人物なのです。


スポンサーリンク


織田信長は「天下統一」を達成する目前で亡くなりました。

「天下布武(てんかふぶ)」

織田信長は、この「天下布武」という言葉をスローガンとして、日々の戦いを勝ち抜いてきました。

 

布武とは、「武を布(し)く」つまり「武を世の中に広める」という意味になります。

 

これだけではどういう意味かわかりません。「武」とはどういう意味なのか?

 

「武」とは「戈(ほこ)を止める」と書きます。つまり「武」とは「平和」という意味になるのです。

 

「布く」とは、「広める」という意味です。

 

つまり「天下布武」とは、「天下に平和を広める」という意味になります。


スポンサーリンク


よく、「天下布武とは、天下を武力で制圧する、という意味だ」と言われています。

 

確かにそのように解釈することも出来ますが、織田信長は間違いなく、平和を実現するために戦っていました。

 

そんな「平和」を実現するために戦った「織田信長」でしたが、「平和な時代」を実現する直前に亡くなります。

 

1582年】、「織田信長」は、もっとも信頼していた部下「明智光秀」に、京都「本能寺」で襲撃され、命を落とします。

 

「本能寺の変」です。

 

志半ばで亡くなった織田信長ですが、信長がつくりあげた「平和への土台」は、その後「豊臣秀吉」と「徳川家康」に引き継がれます。

 

特に「徳川家康」によって、日本は「江戸時代」という、世界史でも稀なほど長い「平和な時代」を迎えることとなるのです。

 

「徳川家康」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『徳川家康についてわかりやすく簡単に解説!そもそも何をした人なの?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「信長が行なったこと」とは何か?信長の偉業は「時代を変えたこと」

織田信長が行なった偉業とは、すなわち「100年続く内戦を終わりへと導いたこと」です。

 

言い換えれば、信長は「時代を変えた」と言えるのです。

 

当時は「戦国時代」と呼ばれる「内戦の時代」でした。(もちろん「戦国時代」と名付けたのは、後世の人々だが。)

 

織田信長は、次々と強敵たちを倒して領土と勢力を拡大することで、徐々に戦乱を平定していった、つまり「各地の戦争を終わらせていった」のです。

 

天下統一まであと一歩、平和な時代まであと一歩のところで、信長は「本能寺」で無念の最期を遂げることとなります。

 

信長は「天下統一」達成できませんでした。

 

しかし信長が「織田家」の勢力を拡大したことで、天下は「織田家」の勢力を中心にして、「統一」される「道筋」「土台」ができたのです。

 

「羽柴秀吉(豊臣秀吉)」は、信長が成し遂げられなかった「天下統一」という偉業を引き継いでいきます。


スポンサーリンク


日本で最大勢力だった「織田家」は、その「織田家」につかえる武将だった「羽柴秀吉」に、【1583年】の「賤ヶ岳の戦い」で、ほぼ完全に乗っ取られました。

 

そして「織田家」という強大な勢力と軍団を引き継いだ「豊臣秀吉」により、【1590年】、天下は統一されます。

 

1600年】、「関ヶ原の戦い」に勝利することで「豊臣家」を乗っ取った「徳川家康」は、【1615年】に「豊臣家」を完全に滅ぼし、秀吉が統一した「天下」を奪い取ります。

 

そして家康は、「平和」を維持する「仕組み」をつくりあげます。

  • 「武家諸法度」
  • 「禁中並公家諸法度」
  • 「寺院法度」

 

家康は、これらの「法律」をつくることによって、「平和を維持する仕組み」を整えていきます。

 

「参勤交代」などの制度も完成し、「戦国時代」が終わった後の「江戸時代」は平和で穏やかな時代となります。

 

「織田信長」は、「戦国時代」という時代を終わらせる道筋をつけ、「江戸時代」という「平和」な時代の基礎をつくりあげたのです。

 

信長は、まさに「戦国時代という時代そのものを変えた人」と言えるでしょう。

 

「織田信長の年表」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長が「偉業」を完全に成し遂げられなかった理由

「天下統一」を目前にして亡くなった「織田信長」ですが、なぜ「天下統一」を完全に成し遂げられなかったのでしょうか?

 

理由は単純で、「明智光秀」に裏切られて殺されたからです。

 

もしも、あと2年ほど「織田信長」が生き延びることが出来ていたら、天下は信長のもと統一されていたはずです。

 

どうして「織田信長」は、「明智光秀」に討たれたのでしょうか?

 

それも、あっけなく討たれています。

 

なぜ信長が、あっけなく討たれたのかと言うと、理由は単純です。「油断したから」です。


スポンサーリンク


戦国時代には、織田信長よりも強い名将が数多くいました。

 

「武田信玄」「上杉謙信」「武田勝頼」などです。

 

織田信長は、それら強敵達が次々と亡くなり、恐れるべきライバルがいなくなったことで、完全に油断しました。

 

なんと、わずか100人だけの護衛で、京都「本能寺」に宿泊したのです。

 

これは「無防備」と言っていい状態です。

 

歴史家「磯田道史」さんは、この信長の無防備・無警戒を痛烈に批判していました。

 

信長は、部下の「明智光秀」を信頼しすぎたのです。

 

このとき、信長が宿泊していた「京都」の周辺は、「明智光秀」の軍団が守備を担当していました。

 

信長は、「光秀が裏切るはずがない」と、重臣「明智光秀」を信頼しきっていたのです。

 

その油断が、命取りになりました。

 

信長は、自らが「桶狭間の戦い」で倒した名将「今川義元」と同じように、あまりにもあっけなく亡くなってしまうのです。

 

「桶狭間の戦い」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「天下統一」を達成できなかった「織田信長」の「魅力」とは?

天下統一に届かなかったからこそ「織田信長」という武将は、とても「魅力的」であり、人々から憧れの目を向けられます。

 

もしも信長が、完璧に「天下統一」という偉業を成し遂げていたら、これほどの人気はなかったでしょう。

 

日本人は「源義経」や「真田幸村」のような、目的・目標を達成できずに滅びたものに対して、同情をよせるとともに、魅力を感じるものです。

 

「豊臣秀吉」や「徳川家康」のような、ほぼ完璧に目的を達成して、畳の上でゆうゆうと亡くなった人を、日本人は、なぜか好きにならないものなのです。

 

信長は「本能寺の変」という、戦国武将にふさわしい、過激な死に方をしました。

 

炎の中で、純白の死装束をまとい、美しく「敦盛」を舞い、壮麗に亡くなる様子を、日本人は好むのでしょう。

 

「織田信長」

 

その美しい最期は、今後も数百年にわたって、語り継がれることなるはずです。

 

「本能寺の変」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長」が成し遂げた「功績・業績」とは、100年も内戦が続いた「戦国時代」を終わらせる、直前まで勢力を拡大した武将。

 

2,「織田信長」は、戦争が続く戦国時代の日本で、次々と強敵たちを討ち倒し、戦国大名たちの中でも、「日本最大の勢力」をつくりあげ、「内戦の終結」に向けた土台をつくった

 

3,なぜ「織田信長」は、「天下統一」を成し遂げられなかったのかというと、信長は「強敵」が次々と亡くなったことで油断し、部下「明智光秀」に裏切られて「本能寺」で亡くなった(本能寺の変

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る