織田信長の誕生日・生年月日は3つもあった?生まれた年と干支の逸話

この記事では「織田信長の誕生日・生年月日」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信長が、いつ、何日に生まれたのか」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」は、現在の暦で「7月3日」に生まれているのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」の『生年月日』、「誕生日」は、いつなのか?

暦によって異なるが、信長は「1582年(天文3年)」の「5月12日」、「6月23日」、「7月3日」に生まれたと言われている。

 

2,「織田信長」の「誕生日」は、正確にいえば「いつ」なのか?

信長の誕生日は、現在のグレゴリオ暦でみると「7月3日」となる

 

3,「織田信長」の「干支」の逸話とは?

信長は亡くなる直前に「鼠(ねずみ)が馬の腹を食い破る夢をみた」という。これは「明智光秀」が「織田信長」を討つことを暗示したものだった

織田信長の「生年月日」は、いつなのか?誕生日が「3つ」もあった!

考え方にもよるのですが、「織田信長」には「生年月日」が「3つ」あります。

 

どういうことかというと

「暦によって、信長の生年月日・誕生日が違ってくるため、3つの生年月日や誕生日が存在している」

ということです。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

信長が生きていた時代は「旧暦」を使っていました。

 

しかし、信長が亡くなった数カ月後、「旧暦」から「ユリウス暦」という暦に変更されています。

 

そして、現在では「グレゴリウス暦」という暦が使われています。

  • 「旧暦」
  • 「ユリウス暦」
  • 「グレゴリオ暦」

 

この3つの暦によって、織田信長の「生年月日」または「誕生日」がそれぞれ異なるのです。


スポンサーリンク


ウィキペディアやグーグルで、「織田信長 誕生日」や「織田信長 生年月日」と検索してみると

「1534年6月23日」

という「生年月日」がヒットすると思います。

 

これは、以前使用されていた「ユリウス暦」という暦で考えた場合の「織田信長」の生年月日です。

 

ところが、「織田信長」が生きていた時代に使われていた「旧暦」によれば、信長の生年月日は

「天文3年5月12日」

となるのです。

 

「天文3年」とは「1534年」に相当する年です。

 

しかし、現在我々が使っている暦「グレゴリオ暦」でみてみると、信長の生年月日はまたも変わってきます。

 

「グレゴリオ暦」によると、信長は

「1534年7月3日」

に誕生したこととなるのです。

 

つまり織田信長には

  • 「旧暦」
  • 「ユリウス暦」
  • 「グレゴリオ暦」

 

という、3つの暦を使った「誕生日」・「生年月日」が、それぞれ存在するということです。

 

  • 旧暦」では・・・・・・「天文3年5月12日
  • ユリウス暦」では・・・「1534年6月23日
  • グレゴリオ暦」では・・「1534年7月3日

 

とてもややこしいですが、信長の誕生日は、正確に言えば、いったい何月何日なのでしょうか?

 

「織田信長の生まれた場所」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長の出身地は名古屋城ではない?生まれた場所がどこなのか解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長の「誕生日のお祝い」をするとしたら、いつ・何日にやればいいのか?

「織田信長の誕生日祝い」をするのだとしたら、一体いつが良いのでしょうか?

 

信長は、現在の暦で考えると、「何月何日」に生まれたと考えればいいのでしょうか?

 

諸説あるだろうとは思いますが、現在使われている「グレゴリオ暦」で考えるなら、「1534年7月3日」が、「織田信長の誕生日」とするのに最もふわさしいのではないでしょうか。

 

「旧暦」をつかっていた当時は、今とは違って1年が「13ヶ月」あり、たとえ「月」が同じでも「年」が異なると、季節が違うということもあったようです。

 

たとえば、「4月」には通常「桜の花」が咲いていたはずなのに、翌年「4月」なってみるとすでに「桜」が散る季節で新緑が芽吹いていた、なんてこともあったようなのです。

 

信長の誕生日の祝いを、いつ行うのか・・・。

  1. 「旧暦」の「5月12日
  2. 「ユリウス暦」の「6月23日
  3. 「グレゴリオ暦」の「7月3日

 

ハッキリ言ってしまうと、「いつでもいい」ということになります。

 

しかし、可能な限り正確に行うのならば、「グレゴリオ暦」の「7月3日」が、最も良いのでないでしょうか。


スポンサーリンク


織田信長の「生まれた年」と「干支」の逸話!「明智光秀」の呪われた夢

信長の「生まれ年」や「干支」にまつわる、有名なエピソードがあります。

 

「明智光秀」との因縁をえがいた逸話で、信長の死を暗示した「夢」のエピソードです。

 

織田信長の干支は「午(うま)年」でした。

 

そして、織田信長がもっとも信頼した重臣「明智光秀」は、信長よりも「6歳」または「18歳」年上だったので、「ねずみ年」だったのです。

 

ある日、信長は不思議な夢をみました。

「馬がネズミに腹を食い破られて亡くなる」

という夢です。(ネズミが馬の尻尾に噛み付いた、という夢だった説もある)

 

この夢の意味を、信長は瞬時に見破ることが出来ませんでした。

 

直後に「織田信長」は「本能寺」で「明智光秀」に討ち取られたのでした。

 

信長は「午(うま)年」、そして「明智光秀」は「ネズミ年」だったのです。

 

その夢は、つまり「明智光秀(ねずみ)が、織田信長(うま)を討つ」という暗示・予知夢だったのです。

 

信長は「明智光秀」に討たれることを、得体のしれない何かに知らされていたのでしょう。

 

江戸時代に読まれた、ある「川柳」に、こんなものがあります。

「丹波の鼠(ねずみ)、京へ出て馬を食ひ」

「丹波の鼠」とは、丹波国を本拠地とした「明智光秀」のこと。

 

「京の馬」とは、午年(うまどし)の「織田信長」のことです。

 

つまり当時から、「信長は午年」で、「明智光秀はねずみ年」ということが知られていたということでしょう。

 

「本能寺の変」が起こる直前、京都の上空で「巨大な流星」が降ったと言われています。

 

これは西洋の占いによると「大王が殺される前触れ」だったという説があります。

 

ちなみに、「織田信長」に「桶狭間の戦い」で討ち取られた「今川義元」も、亡くなる直前に「不思議な予知夢」をみたという逸話が残っています。

 

「今川義元の予知夢」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『今川義元の逸話【桶狭間の予知夢】亡霊の正体と、実の兄を殺した経緯』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「織田信長の命日」は、いつ?

「誕生日」が「旧暦」や「新暦」で異なるということは、「織田信長の命日」も、暦によっては異なるということです。

 

織田信長の命日を、それぞれの暦で表すと、以下のとおりです。

  • 「旧暦」では、「天正10年6月2日」
  • 「ユリウス暦」では、「1582年6月21日」
  • 「グレゴリオ暦」では、「1582年7月1日」

 

現在我々が使っている暦「グレゴリオ暦」で考えるならば、「織田信長の命日」は「7月1日」ということになります。

 

先程申し述べましたとおり、織田信長の誕生日は、現在の「グレゴリウス暦」でいうと「7月3日」です。

 

つまり「織田信長」は、誕生日の2日前に亡くなった、ということになるのです。

 

「本能寺の変」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長」の『生年月日・誕生日』は、暦によって異なるが、「1582年(天文3年)」の「5月12日」、「6月23日」、「7月3日」に生まれたと言われている。

 

2,「織田信長」の「誕生日」は、現在の「グレゴリオ暦」でみると「7月3日」となる

 

3,「織田信長」は亡くなる直前に「鼠が馬の腹を食い破る夢をみた」という。これは「明智光秀」が「織田信長」を討つことを暗示したものだった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る