【岡田以蔵とは】生涯年表と最期!辞世の句に込められた意味が泣ける

「人斬り以蔵」こと「岡田以蔵」の生涯と最期

実は、友達に頼まれたら断れない「良いやつ」だった!

辞世の句に込められた、意味が哀しい


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・岡田以蔵とは「幕末四大人斬り」の一人、通称「人斬り以蔵」

・岡田以蔵は、八月十八日の政変で、長州藩が京都を追い出され「攘夷運動」が沈静化したと同時に土佐藩に捕まった

・辞世の句・・・そこには「武市半平太」への失望が記されている


岡田以蔵とは何をした人なのか?その功績を解説

幕末の剣客「岡田以蔵」

岡田以蔵はどのような功績を残して、歴史にその名前を刻んだのでしょうか?


スポンサーリンク

岡田以蔵の功績

岡田以蔵の功績を解説いたします。

・土佐勤王党に協力して「尊皇攘夷」に尽力した

坂本龍馬から頼まれ、勝海舟の護衛をして、命を守っている

歴史に名を残す程の偉業を成し遂げたわけではありません。ただ、坂本龍馬の友人であり、勝海舟とも接点がある岡田以蔵の名前は、歴史にはっきりと残っています。

「人斬り以蔵」と呼ばれるほど、暗殺を得意としていた岡田以蔵・・。

当時から岡田以蔵は「天誅(暗殺)の名人」と呼ばれていたみたいですね。「人斬り半次郎」と呼ばれた薩摩藩士「中村半次郎(桐野利秋)」は、人を斬ったという記録はわずか1件のみで、「人斬り」と呼ばれたのは、後世の創作と言われています。

しかし、「岡田以蔵」は紛れもなく「人斬り」だったのです。とはいえ、「人斬り以蔵」というあだ名は「司馬遼太郎」の小説でつけられたものだと言われています。


スポンサーリンク

簡単年表

1838年2月14日、岡田以蔵・・・土佐藩郷士「岡田義平」の長男として誕生

1848年、父が足軽に徴募されたため、長男・以蔵も「足軽」身分を継承

1856年武市半平太に従って江戸へ留学

1857年、土佐藩へ帰国

1860年、武市半平太に従い、中国地方・九州を旅する

1861年、江戸へ・・・・この頃、武市半平太が結成した「土佐勤王党」に参加

1862年、土佐へ帰国・・・・同年6月、参勤交代・衛士に任命され「京都」へ

これ以降、京都で幕府側の人間を標的にして、暗殺を繰り返す

1863年、土佐藩を脱藩

同年、「八月十八日の政変」が勃発し、尊皇攘夷派の急先鋒だった「長州藩」が京都から追放。これにより「公武合体派」が台頭し、土佐勤王党は衰退していく

この頃、旧友・坂本龍馬の依頼で「勝海舟」の護衛を務める

1864年、商家へ強盗に押し入り、逮捕。土佐藩へ強制送還

土佐藩における「吉田東洋」暗殺事件の拷問を受けて自白。土佐勤王党員が次々粛清

1865年、打首・・・・・・享年28歳


スポンサーリンク

子孫

岡田以蔵には子供がいません。

そのため、岡田家の家督は、以蔵の弟「岡田啓吉」が相続しています。

啓吉は明治維新を生き残り、後に「佐賀の乱」を起こした「江藤新平」が土佐に逃げてきた際、土佐勤王党の仲間とともに「江藤新平」を船に乗せて逃したと言われています。

「啓吉」の息子「岡田虎輔」は、明治新政府の大蔵省へ入って「たばこ専売制」の制度完成に尽力

もともと「岡田虎輔」は、「朝鮮総督府専売局技師」として活動していたのですが、その後「鈴木商店」へと入社。役員として活動した後、「米星煙草」の社長を務めています。

弟「啓吉」の末裔が現在も続いており、以蔵が「勝海舟」から受け取ったという「リボルバー」拳銃を現在も大切に継承しています。

岡田以蔵の愛刀

以蔵が使っていた「刀」は、今どこにあるのでしょうか?

以蔵の愛刀、その名前は「備前忠弘」。かなりの名刀で、友人だった「坂本龍馬」からもらったものと言われています。

実はこの刀、もともとは坂本龍馬の姉「坂本乙女」から、龍馬の兄「権平」へとプレゼントされたもの・・・。その刀が、龍馬が土佐藩を脱藩する際に、姉「栄」から弟「龍馬」へと送られたのです。

それが、龍馬の手から「岡田以蔵」へと贈られたのでした。

以蔵はこの「備前忠弘」を使って、「本間精一郎」を暗殺。その際に刀の切っ先を破損。

「備前忠弘」は、一時期、東京の「靖国神社」境内に併設された宝物館「遊就館」で展示されていましたが、その後行方知れずとなり、現在に至っています。


スポンサーリンク

岡田以蔵の生涯年表と最後

岡田以蔵の生涯と最期を解説いたします。

生い立ち

1838年2月14日、土佐郡江ノ口村、土佐藩郷士「岡田義平」の長男として誕生。

父・岡田義平は土佐藩の下級武士「郷士」であり、以蔵もまた、身分の低い武士だった。

1853年、徳弘塾に入門して「西洋砲術」を学ぶ。

1855年、土佐藩士「武市半平太(瑞山)」が道場を開いたため、以蔵も弟子入り。同門には坂本龍馬と一緒に暗殺された「中岡慎太郎」も。

「武市半平太」との長く深い付き合いが始まります。


スポンサーリンク

武市半平太と共に江戸・諸国を旅する

1856年、以蔵は武市半平太に従って、剣術修行のために江戸へ留学。「士学館」で剣術を学ぶ。岡田以蔵はこの頃、同時期に江戸「千葉道場」へ留学していた「坂本龍馬」と出会った、という説があります。

1857年、土佐藩へ帰国

1860年、武市半平太が諸国を歩いて武者修行をする・・・ということで以蔵も同行。

半平太の目的は「修行」ではなく、あくまでも西国にある諸藩の動向を調査することにありました。ちなみにこの時の武者修行を、武市半平太の遠縁で親友「坂本龍馬」は

「今どき武者修行かよ」

とバカにして笑っていたと伝えられています。

途中で以蔵は、豊後国岡藩で半平太たちと別れ、堀道場というところに残って修行しています。残ったわけは、貧しい以蔵がここで土佐に戻ってしまったら、二度と土佐から外へ出られないだろうから・・・という武市半平太なりの配慮でした。

1861年、以蔵はその後、江戸へ出た後、土佐へ帰国しています。


スポンサーリンク

土佐勤王党に参加・・・「人斬り以蔵」

1861年4月、武市半平太が剣術修行のために江戸へ出発。

武市は江戸で「土佐勤王党」を結成。「土佐勤王党」とは、「尊皇攘夷(天皇を守り、外国勢力を武力で打ち払う)」という思想を掲げた土佐藩の下級武士集団。

この「土佐勤王党」に「坂本龍馬」が筆頭として参加。岡田以蔵もまた、土佐勤王党として参加しています。

1862年6月、岡田以蔵は土佐藩の「参勤交代・衛士」に任命され、武市とともに京都へ。

以蔵はこの時から「京都」で暗殺を行うようになります。

薩長などの「攘夷派」の人間と協力して、大老「井伊直弼」による「安政の大獄」に参加した人間を中心に「天誅」と称して暗殺を繰り返しているのです。

岡田以蔵は持ち前の剣の腕で、後世「人斬り以蔵」と呼ばれ、薩摩藩「田中新兵衛」「中村半次郎(桐野利秋)」、熊本藩士「河上彦斎」とともに「幕末四大人斬り」と呼ばれることとなります。


スポンサーリンク

勝海舟の護衛

1863年1月、以蔵は土佐藩を脱藩。

この頃、以蔵は自らが所属する「土佐勤王党」と同じ「尊皇攘夷派」の「長州藩」の藩邸に寄宿していました。

その後、友人「坂本龍馬」の依頼で「勝海舟」の護衛をしていたとも言われています。

勝海舟が3人の刺客に襲われた際、以蔵は一瞬で一人を惨殺。残り2人は逃亡。勝海舟は以蔵に対して

「君は人斬りをたしなむべきではない」

と、その殺気をたしなめるようなことを言っています。これに対して以蔵は

「俺がいなかったら先生は死んでいましたよ」

と返答。この御礼に、勝海舟は以蔵に「リボルバー拳銃」をプレゼントしたと言われています。

一説によると、以蔵はこの後、勝海舟の依頼で「ジョン万次郎」の護衛もしていたと言われていますが、定かでありません。


スポンサーリンク

捕まって土佐藩へ強制送還!最期

1863年8月、京都で「八月十八日の政変」が勃発。

この「八月十八日の政変」で、「尊皇攘夷」の急先鋒であった「長州藩」が京都から追放されます。

これにより、それまで盛り上がっていた「尊皇攘夷」運動が衰退。変わって「佐幕派(幕府を助ける一派)」の「公武合体論」が盛りあがり、「公武合体派」の「薩摩藩」と「会津藩」が実権を握るようになります。

この「尊皇攘夷」の衰退を敏感に感じ取ったのが土佐藩の前藩主「山内容堂」・・・。山内容堂は「尊皇攘夷」が衰退し、「公武合体」が盛り上がった世の流れの乗ろうと、「尊皇攘夷派」の粛清に乗り出します。武市半平太を始めとする「土佐勤王党」は次々と捕まってしまいます。

1864年、京都で食うに困った岡田以蔵は、商家へ盗みに入り捕縛されます。

そして土佐藩へ強制送還・・その時土佐藩では、「土佐藩・参政」を務めていた「吉田東洋」の暗殺について、土佐勤王党の関与が疑われ、党員は次々と捕縛されていました。

この時、武市半平太は、「岡田以蔵」が「八月十八日の政変」で京都を追放された「長州藩」の面々とともに、長州・萩へ逃げていたと思っていたようです。以蔵が送還されてきて驚いた武市半平太・・・。

女性でも耐えたと言われた拷問に、以蔵は次々と自白を繰り返します。

これにより、それまで捕らえられていなかった土佐勤王党のメンバーが次々と捕縛。

焦った土佐勤王党員は、以蔵を毒殺しようと画策。以蔵の家族に「毒殺」の了承を得ようと試みます。

しかし武市半平太が無理な毒殺に反対。以蔵の親族が「毒殺」に同意しなかったという説もありますが、とにかく以蔵が毒殺されることはなかったのでした。

結果、土佐勤王党は崩壊。

1865年7月3日、岡田以蔵・・・打首獄門・・・享年28歳。

同日20時頃、「武市半平太」も切腹して亡くなっています。武市はこの時、誰も成し遂げたことのない「三文字割腹の法」を用いて亡くなりました。

以蔵のお墓は、高知県高知市の「薊野駅」近くにある「真宗寺山」の岡田家類題の墓地。岡田以蔵の諱「宜振(よしふる)」の名前で埋葬されています。


スポンサーリンク

辞世の句と、その意味

岡田以蔵は、辞世の歌を残しています。

「君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後は 澄み渡る空」

君とは、間違いなく「武市半平太」のことでしょう。

武市半平太のために尽くしたこの心は、全てが水の泡となった。消えてしまった後は、すっきりと澄み渡る空が残っている

これは武市半平太に対する恨みというか、失望が表現されているような気がします。

武市のために数々の人斬りをやった以蔵・・・。しかしそれもこれも、全てが水の泡となってしまった・・・という無念の気持ちが歌われているのでしょう。

以蔵は死刑を言い渡された際に、牢屋の番人に対して「武市によろしく伝えてくれ」と伝言を頼んでいます。

この伝言を伝えられた武市は、数々の自白をして仲間を次々死に追いやっておきながら、「よろしく」などという言葉を口にする以蔵の恥知らずっぷりに、呆れ返っていました。なんと言っても、以蔵の自白で真っ先に武市の身内が亡くなっているのですから。

とはいえ以蔵には、悪気などなかったのかもしれません。女子が耐えた拷問・・・といっても、現代人である我々からすると、その凄まじさは想像を絶します。拷問されたら、関係ない人の名前でも喋っちゃいそうです。

ただただ、師匠「武市半平太」に付いていき、武市のために人斬り・・・今で言う「テロ」までやっていた以蔵・・・武市半平太に見捨てられ、絶望していたのか・・・・それともそこには「澄み渡る空」が広がっていたのか・・・今となっては誰にもわかりません。

武市半平太から剣の腕を買われて暗殺を依頼され、龍馬からもその腕前を買われて勝海舟の護衛を依頼され、両方を快く受けて成功させている岡田以蔵・・・。もしかしたら、友達思いのとてもいいヤツだったのもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・岡田以蔵・・・武市半平太の門下生にして、土佐勤王党のメンバー。人斬り以蔵と呼ばれるほど暗殺をし、尊皇攘夷に尽力した

・八月十八日の政変で、「尊皇攘夷」思想が衰退すると、山内容堂に捕縛され、岡田以蔵は処刑された

・拷問に耐えかねて次々と土佐勤王党員の名前を暴露。最期は武市半平太に呆れられ、処刑された

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


坂本龍馬」「武市半平太」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする