【真田幸村】最後の地『安居神社』はどこ?最後の戦いは超壮絶だった

戦国最期の名将「真田幸村(信繁)」の最後について、詳しくカンタンに解説いたします。

最後の戦いの様子、最期の地についてご紹介します。

真田幸村は「大阪夏の陣」の「天王寺・岡山の戦い」で戦死しています。

また、最期の地は大阪「安居神社」。

最新の説によると「生国魂神社」と「勝鬘院」の間にある丘で亡くなった、と言われているようです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

    1. 1615年6月3日、「大阪夏の陣」の「天王寺・岡山の戦い」で、真田幸村は壮絶に戦死した
    1. 幸村は「天王寺・岡山の戦い」で「毛利勝永」たちと「徳川家康」へ奇襲をかける作戦を計画していたが、作戦が失敗し、特攻した
    1. 真田幸村が戦死した地は、現在の「安居神社」または「天王寺砦」付近と考えられている

真田幸村の壮絶な最期!まさに「特攻」だった

真田幸村(さなだ ゆきむら)

別名「真田信繁(さなだ のぶしげ)」

《真田幸村》
「引用元ウィキペディアより」

「日の本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と呼ばれた戦国最期の名将「真田幸村」。

幸村は「1615年6月3日(慶長20年5月7日)」に亡くなっています。

「徳川家康」と「豊臣秀頼」が戦った「大阪夏の陣」。

「豊臣秀頼」軍の武将として参戦した「真田幸村」は、敵の総大将「徳川家康」の本陣にむけて突撃。

これはまさに、「生還」することを考えない「特攻」であったと言われています。

わずか3500の兵しかいなかった真田幸村の部隊は、10倍以上の徳川軍を撃破して家康に迫ります。

死を覚悟した家康は、首を取られることを恥に思ったか、または極度の興奮状態で冷静な判断が出来なかったのか、幸村に追いつめられながら「2度」も切腹しようとしたのだとか。

しかし幸村は、「家康」をあと一歩のところまで追いつめながらも、討ちとることができず、逆に撃破されて戦死するのです。


スポンサーリンク


最後の戦いは、大阪夏の陣「天王寺・岡山の戦い」

真田幸村が最期をむかえた戦いの名前は「大阪夏の陣(1615年)」。

その「大阪夏の陣」の最期の戦い「天王寺・岡山の戦い」で、真田幸村は亡くなったのです。

1615年6月3日、真田幸村は「毛利勝永」「大野治長」「大野治房」とともに、大阪城の南にある「天王寺」に布陣。

幸村達4人の武将が徳川軍の主力部隊をひきつけている間に、家康本陣の裏側に迂回した武将「明石掃部(あかし かもん)」ひきいる「キリシタン軽騎兵団」が、家康の本陣を後ろから奇襲する作戦だったのです。

ところが、焦った「毛利勝永」の部隊が、静止したにもかかわらず、さっさと開戦。

明石掃部の部隊が、家康本陣の後ろに到着する前に、激戦が始まってしまい、作戦は水の泡となります。

作戦をあきらめた真田幸村は、決死の覚悟で「3500名」の軍をひきいて家康の本陣へ突撃。

徳川軍の各部隊を次々と撃破しながら、家康に迫るも、あと一歩のところで逃してしまうのです。

10km以上も逃げた家康・・・。

その後、真田幸村の部隊は、家康の孫「松平忠直」の部隊により壊滅。

「安居神社」で休んでいたところを、「西尾宗次」という武将に討ち取られたとのことです。

「この首を取って、手柄とせよ」

と、最期の言葉を口にしたのだとか。

また、最新の資料によれば、「生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)」と「勝鬘院(しょうまんいん)」の間にある高台で休んでいたところを、「西尾宗次」に襲われ、一騎打ちのあげくに亡くなったという説も浮上しています。


スポンサーリンク


最期の地「安居神社」とはどこにある?地図で解説

真田幸村が亡くなった場所「安居神社」は、現在の「大阪市天王寺」にあります。

「茶臼山」に布陣していた幸村は、徳川軍に押し返されて、「安居神社」まで後退してきたということです。

現在、この「安居神社」には、「真田幸村戦死の地」という碑が建てられています。

また、最新の説による「真田幸村・戦死の地」である「生国魂神社と勝鬘院の間」とは、おそらく現在の「天王寺砦」のあたりだと思います。
以下に、地図をのせておきます。

幸村の首に対して、家康は

「浪人の首など、犬にでもくれてやれ」

と吐き捨てたのだとか。
しかし、徳川軍から尊敬を集めていた「真田幸村」の首からは、「お守り」にしようと「髪の毛」が次々と切り取られていったと言われています。

「名将にあやかりたい」

という、武将たちの切なる願いがあったのでしょう。


スポンサーリンク


『真田幸村の特攻』について「ひとこと」言いたい!

真田幸村は、なぜ「特攻」をしたのでしょうか?

勝てると思っていたのか?

それとも、他に狙いがあったのか?

おそらく「幸村」は、「最期に派手に暴れて死んでやろう」としたのでしょう。

その「ついで」というか、「家康も道連れにしてやる」という感じに、「ヤケクソ気味」だったのではないでしょうか。

家康の首を取ったとしても、生還できたとは思えません。

幸村の狙いは「見事に成功」しています。

「真田日の本一の兵なり」

と、後世の人は「真田幸村」の壮絶な最期を称賛しています。

真田幸村・・・・・・誰からも愛されるヒーロー・・。

もしも特攻しなかったら、これほどまでにその名が轟くことはなかったでしょう。

《六文銭》
「引用元ウィキペディアより」

ちなみに「豊臣秀頼」は、真田幸村が戦死した翌日、母「淀君」とともに自刃しています。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 「真田幸村」は「1615年6月3日」に、壮絶な戦死を遂げている
  2. 幸村が亡くなったのは「大阪夏の陣」の「天王寺・岡山の戦い」。
  3. 幸村が戦死した「安居神社」は、現在の「大阪市天王寺区」にある

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「徳川家康の年表を詳しく簡単解説!子供の誕生と居城を網羅!」の記事はコチラ
「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ
「【関ヶ原の戦い】簡単にわかりやすく解説!いつ誰と誰が戦ったの?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る