徳川家康の正室と側室一覧!妻達の家系図から「女好き」な性格と判明

天下人『徳川家康』の正室と側室一覧!妻たちの家系図・素性をみると、家康の好みが見えてくる!実はかなりの女好き?そして、実績主義だということが判明した!

家康が女性を選ぶ際に重視するのは「子供が産めるか否か」だった。特に「子供を産んだ経験がある女性」を好んでおり、「出産」を女性に求めていたことがよくわかります。

この記事では、「家康の側室たち」について、「家系図つき」でわかりやすく解説いたします


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」へようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
徳川家康の正室は二人いた。「瀬名姫」と、豊臣秀吉の妹「朝日姫」、二人とも家康より身分が高い

・側室達は、ことごとく身分が低い

・側室の中には、再婚で既に子持ちの女性もいた。家康は「身分が低い」「子供が産める」という2つを重視して側室を選んでいた


家康の妻達!正室・側室一覧

徳川家康の妻達を一覧でまとめてみました

正室

築山殿(今川義元の姪) → 長男【信康】、長女【亀姫】の母

朝日姫(豊臣秀吉の妹)

側室一覧

西郡局  →    → 次女【督姫】の母

長勝院(お万の方) → 次男【結城秀康】の母

お愛の方 →    → 三男【徳川秀忠】、四男【松平忠吉】の母

お竹の方 →    → 三女【振姫】の母

下山殿  →    → 五男【武田信吉】の母

茶阿局  →    → 六男【松平忠輝】、七男【松千代】の母

お久の方 →    → 四女【松姫】の母

お亀の方 →    → 八男【仙千代】、九男【徳川義直】の母

お万の方 →    → 十男【徳川頼宣】、十一男【徳川頼房】の母

お梶の方 →    → 五女【市姫】の母

お梅の方

阿茶局

お牟須(なす)

お仙の方

お六の方

お夏の方

富子

法光院

三条氏

家康の子ども達

家康には十一男・五女、16人の子供がいました。

その中で、50歳以上生きたのは

三男「秀忠」、六男「忠輝」、十男「頼宣」、十一男「頼房」、長女「亀姫」、次女「督姫」

と、わずかに6名のみ。

平均寿命が極端に短い時代とはいえ、あまりに早死が過ぎる気がします。

以下に、家系図のような形で家康の側室と子どもたちをまとめてみました。

「家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

非常に女性好き・・・そして、子供の割合が「男の子」のほうが多いことがわかります。


スポンサーリンク

妻たちの素性・家系図について

奥様たちの素性、出身、家系図は、どのようになっているのでしょうか?

正室の素性・家系

築山殿(今川義元の姪・関口親永の娘)

朝日姫(豊臣秀吉・豊臣秀長の妹)

側室の素性

西郡局    →  (今川家臣・鵜殿長照の妹)

長勝院[お万の方]→(家康の従姉妹)

お愛の方   →  (戸塚忠春の娘)

お竹の方   →  (武田旧臣・市川昌永の娘)

下山殿    →  (秋山虎康の娘・穴山信君の養女)

茶阿局    →  (地侍・山田八左衛門の娘)

お久の方   →  (北条旧臣・間宮康俊の娘)

お亀の方   →  (志水宗清の娘)

お万の方   →  (正木時通の娘)

お梶の方   →  (太田康資の娘)

お梅の方   →  (豊臣家臣・青木一矩の娘)

阿茶局    →  (武田家臣・飯田直政の娘)

お牟須(むす)→  (武田旧臣・三井吉正の娘)

お仙の方   →  (武田旧臣・宮崎泰景の娘)

お六の方   →  (お梶の方に仕えた部屋子)

お夏の方   →  (長谷川藤直の娘)

富子     →  (出自不明)

法光院    →  (出自不明)

三条氏    →  (出自不明)

随分と身分の低い女性が多いですね。


スポンサーリンク

家康の好みの女性とは?

家康は66歳で、末娘の「市姫」をもうけています。

かなりの「女好き」だったのでしょう。

そんな女性好きだった家康。

側室たちを見てみると、「好みの女性のタイプ」が見えてきます。

そこには2つのパターンがあるようです。

1,「子供を産んだ実績がある」

2,「身分が低い女性」

1,子供を産んだ実績がある女性

家康は女性に「子供を出産する」ことを望んでいたようです。

そのため、「既に出産を経験している・既に子持ち」という実績を、女性選びの目安にしていたらしく、側室には相当な割合で「未亡人」や「再婚」「子持ち」の女性がいます。

子孫を多く残す・・・という確かな目的を持って側室を選んでいたようです。

2,身分が低い女性

家康の側室は、軒並み身分が低いです。

豊臣秀吉の場合は、例えば「織田信長の娘」や「名門・京極家の娘」など、ブランドを重視したのか?身分の高い女性を好んでいたみたいです。

しかし家康は、身分の低い武士の娘を好んでいます。

正室「築山殿」や、「朝日姫」の身分が高かったため、相手の実家に気を使ったのでしょうか?

どうやら息子の徳川秀忠にも、身分の低い女性を「側室」として勧めていたようです。

まとめ

本日の記事をまとめますと

・家康の正室は「今川義元の姪」と「豊臣秀吉の弟」

・側室達は、ことごとく「身分が低い」

・どうやら家康は「子供を出産した経験有り」「身分が低い」女性を好んだらしい

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る