MENU

徳川家康の正室と側室一覧!妻達の家系図から【女好き】な性格と判明

天下人・徳川家康の正室と側室一覧!妻たちの家系図・素性をみると、家康の好みが見えてくる

実はかなりの女好きだった徳川家康。そして女性を選ぶ際には、子供を産んだことがあるという実績を重視していたことがわかります。

家康が女性を選ぶ際に重視するのは、子供が産めるか否か。

特に【子供を産んだ経験がある女性】を好んでおり、出産を女性に求めていたことがよくわかります。

この記事では、家康の側室たちについて、家系図つきでわかりやすく解説いたします


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」へようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
徳川家康の正室は二人いた。今川義元の姪である瀬名姫せなひめと、豊臣秀吉の妹である朝日姫あさひひめ、二人とも家康より身分が高い

・家康の側室達は、ことごとく身分が低い

・側室の中には、再婚で既に子持ちの女性もいた。家康は身分が低いことと、子供が産めることの2つを重視して側室を選んでいた

目次

徳川家康の妻たち!正室・側室一覧!

徳川家康の妻たちを一覧でまとめてみました

《徳川家康》
「引用元ウィキペディアより」

家康の正室

  1. 築山殿(今川義元の姪)(長男【信康】長女【亀姫】の母)
  2. 朝日姫(豊臣秀吉の妹)

側室一覧

  1. 西郡局(次女【督姫】の母)
  2. 長勝院(お万の方)(次男【結城秀康】の母)
  3. 於愛おあいの方(三男【徳川秀忠】、四男【松平忠吉】の母)
  4. お竹の方(三女【振姫】の母)
  5. 下山殿(五男【武田信吉】の母)
  6. 茶阿局(六男【松平忠輝】、七男【松千代】の母)
  7. お久の方(四女【松姫】の母)
  8. お亀の方(八男【仙千代】、九男【徳川義直】の母)
  9. お万の方(十男【徳川頼宣】、十一男【徳川頼房】の母)
  10. お梶の方(五女【市姫】の母)
  11. お梅の方
  12. 阿茶局あちゃのつぼね
  13. 牟須なす
  14. お仙の方
  15. お六の方
  16. お夏の方
  17. 富子
  18. 法光院
  19. 三条氏

家康の子供たち

家康には十一男・五女、16人の子供がいました。

その中で、50歳以上まで生きたのは、以下のわずか6人のみです。

  1. 三男・秀忠ひでただ
  2. 六男・忠輝ただてる
  3. 十男・頼宣よりのぶ
  4. 十一男・頼房よりふさ
  5. 長女・亀姫かめひめ
  6. 次女・督姫とくひめ

平均寿命が極端に短い時代とはいえ、あまりに早死が過ぎる気がします。

以下に、家系図のような形で家康の側室と子どもたちをまとめてみました。

「家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

徳川家康は、非常に女性好き。そして、子供の割合が【男の子】のほうが多いことがわかります。


スポンサーリンク

家康の妻たちの素性や家系図

 

奥様たちの素性・出身・家系図は、どのようになっているのでしょうか?

以下にまとめてみました。

家康の正室の素性と家系

築山殿つきやまどの(今川義元の姪・関口親永の娘)

朝日姫あさひひめ(豊臣秀吉・豊臣秀長の妹)

家康の側室の素性と家系

西郡局(今川家臣・鵜殿長照の妹)

長勝院[お万の方](家康の従姉妹)

お愛の方(戸塚忠春の娘)

お竹の方(武田旧臣・市川昌永の娘)

下山殿(秋山虎康の娘・穴山信君の養女)

茶阿局(地侍・山田八左衛門の娘)

お久の方(北条旧臣・間宮康俊の娘)

お亀の方(志水宗清の娘)

お万の方(正木時通の娘)

お梶の方(太田康資の娘)

お梅の方(豊臣家臣・青木一矩の娘)

阿茶局(武田家臣・飯田直政の娘)

牟須むす(武田旧臣・三井吉正の娘)

お仙の方(武田旧臣・宮崎泰景の娘)

お六の方(お梶の方に仕えた部屋子へやこ

お夏の方(長谷川藤直の娘)

富子(出自不明)

法光院(出自不明)

三条氏(出自不明)

 

身分の低い女性が多いことがわかると思います。


スポンサーリンク

家康の好みの女性のタイプとは?

家康は66歳で、末娘の「市姫」をもうけています。

かなりの「女好き」だったのでしょう。

そんな女性好きだった家康。

側室たちを見てみると、「好みの女性のタイプ」が見えてきます。

そこには2つのパターンがあるようです。

  1. 子供を産んだ経験がある
  2. 身分が低い女性

子供を産んだ経験がある女性

家康は女性に子供を出産することを望んでいたようです。

そのため、既に出産を経験している・既に子持ちという実績を、女性選びの目安にしていたらしく、側室には相当な割合で未亡人や再婚・子持ちの女性がいます。

子孫を多く残す・・・という確かな目的を持って側室を選んでいたようです。

それともう一つ・・・どうやら家康は梅毒を警戒していたみたいです。

当時、梅毒は非常に致死率の高い病気でした。

歴戦の猛者であった名将・加藤清正かとうきよまさ浅野幸長あさのよしながも、遊女を好んだため梅毒で亡くなったのだとか。

家康は梅毒と遊女を警戒して、出産経験のある女性を好んだのではないでしょうか。

身分が低い女性

家康の側室は、そのほとんどが身分の低い女性ばかりです。

豊臣秀吉の場合は、例えば【織田信長の姪】または【名門の娘】など、ブランドを重視し、身分の高い女性を好んでいました。

しかし家康はその反対で、身分の低い武士の娘を好んでいます。

正室の築山殿や朝日姫の身分が高かったため、相手の実家に気をつかった経験があるため、せめて側室には気を使わなくて済む人を求めたのでしょう。

家康は、どうやら息子の徳川秀忠にも、身分の低い女性を側室にするようにとすすめていたようです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 家康の正室は、今川義元の姪【築山殿】と、豊臣秀吉の妹【朝日姫】の二人
  2. 側室達は、ことごとく身分が低い。
  3. どうやら家康は、子供を出産した経験有る女性、または身分が低い女性を好んだらしい

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

徳川家康・関連記事

 

→→→→→【徳川家康の家臣団一覧】についてくわしくはこちら

→→→→→【家康と瀬名姫(築山殿)の家系図】についてくわしくはこちら

→→→→→【徳川家康のお墓の場所】についてくわしくはこちら

→→→→→【徳川家康の家系図】についてくわしくはこちら

→→→→→【徳川家康の生涯年表】についてくわしくはこちら

→→→→→【徳川家康の死因】についてくわしくはこちら

→→→→→【徳川家康の性格】についてくわしくはこちら


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次