徳川(松平)信康とはどういう人物だった?お墓の場所は7つもある!

徳川(松平)信康とは、どういう人物だったのか?

エピソードを交えて解説いたします。

なぜか「お墓」が「7つ」もある?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

徳川(松平)信康は、典型的な「体育会系」で、勇者と讃えられていた武人だった

・信康の墓は、静岡県浜松市の「清瀧寺」、愛知県岡崎市の「若宮八幡宮」があるが、他にも5カ所もある

・信康は宿敵「武田勝頼」と裏で協力していたため、父「徳川家康」に処刑された


徳川(松平)信康とは、どういう人?

後の天下人「徳川家康」の長男「徳川(松平)信康

死後に「徳川」の姓を使うことが許されない事となったため、正式名称は「松平信康」

どういう人物だったか?

一言で表せば、「徳川(松平)信康」は「体育会系」の人物。

「信康」が住んでいた「三河」という地域は三河武士という名の「体育会系」が多い地域だったのです。

家来と話すことと言えば、戦争についての話ばかりだったとか。

戦争をやらせたら、父・家康から「勇将」と讃えられ、普段やることと言えば戦争の訓練である「馬術」と「鷹狩」ばかり。

典型的な「武者」だったようですね。

家来たちから非常に慕われ、信康が亡くなった時は「後追い自殺」が発生したほど。

また、弟にも非常にやさしく、父・家康から見放されていた弟「秀康」を連れて来て、父・家康に対面させてあげたのだとか。

ただ、悪評がないわけでもありません。

織田信長の娘で、徳川信康の妻「徳姫」の手紙には

・踊りが下手な領民を、面白半分に弓で殺害した

・鷹狩の帰り、獲物が少なかった八つ当たりに、お坊さんを殺害した

・常日頃から、乱暴な行動が多かった

これらが全て本当かどうかはわかりません。

典型的な「体育会系」だったと考えられます。


信康の子孫」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「松平信康の子孫はあの悲劇のヒロインと結婚?子供たちのその後を解説」の記事はコチラ

スポンサーリンク

なぜお墓が7つもある?

信康には、なぜかお墓が7つもあります。

父・家康が、若くして亡くなった信康のために建て、信康の「胴体」を葬ったと言われる「静岡県浜松市天竜区」の「清瀧寺」

信康の首を祀った「愛知県岡崎市朝日町」の「若宮八幡宮」

この2つが、信康の主な墓所とされています。

他にも幾つか信康の墓があります。

「東京都新宿区」の「西念寺」・・・・・・服部半蔵が造立したと言われています

「千葉県古河市」の「隆岩寺」・・・・・・信康の娘婿「小笠原秀政」が建立

「神奈川県小田原市」の「万松院」・・・・徳川家臣「大久保忠隣」が建立

「静岡市清水区」の「江浄寺」・・・・・・徳川家臣「榊原清政」が造営

「和歌山県高野町」の「金剛峯寺」・・・・信康の教育係「平岩親吉」が寄進したもの

なぜ墓が合計7つもあるのか?

おそらくそれだけ信康が「惜しまれた人物」だったということでしょう。

そして、若くして亡くなったことを、本当に悔やまれていたということです。

享年21歳・・・若すぎる死でした。


スポンサーリンク

信康が死んだ理由とは?

信康は、なぜ亡くなったのか?

これまでの説では

「武田勝頼との内通を理由に、織田信長の命令で処刑された」

と言われてきました。

しかし最近の研究では、「父・家康の命令で、信康は処刑された」という説が最も有力です。

なぜ家康は、我が子に死を命じたのか?

「宿敵・武田勝頼」と内通したからです。

当時の徳川家は、家康が率いる「浜松軍」と、息子・信康が率いる「岡崎軍」に分かれていました。

「岡崎軍」は、後方支援が主な仕事であり、手柄を上げるチャンスである「戦争」には、ほとんど参加させてもらえなかったのです。

このため、不満が爆発していた「岡崎軍」とそのトップ「信康」は、武田勝頼と内通して、「家康追放」・・・又は「織田家との同盟を破棄し、武田勝頼と同盟すること」を企んでいたと考えられます。

これにより、真っ二つに分断されかねなかった「徳川家」

分裂を避けるには、「信康」に責任をとらせるしかない・・・。

家康が息子・信康に下した決断は、処刑だったのです。

信康は、武田信玄が父・信虎を追放したように、父・家康を追放しようとしたのかもしれません。

「謀反」・・つまりクーデター・・・。

当時「謀反」は大罪で、当然「死罪」でした。

信康もまた、処刑からは逃れられなかったのです。


信康事件の真相」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「徳川信康事件の真相をわかりやすく解説!嫁「五徳姫」が黒幕だった?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・徳川(松平)信康は、優しさと人気を備えた体育会系だった

・信康の墓は、岡崎市「若宮八幡宮」、浜松市「清瀧寺」の他に「東京・千葉・神奈川・静岡・和歌山」と各地に存在している

・家康が信康を処刑した理由は、「信長の命令」ではなく、「武田勝頼と内通した」ため

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る