築山殿事件の真相を最新研究から解説!瀬名姫の生涯と最期は超悲惨!

悲劇の女性「築山殿」こと「瀬名姫」

息子の「徳川(松平)信康」とともに「信長の命令」で亡くなった女性。

瀬名姫・築山殿の生涯と、最期とは?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
・築山殿の死の原因は、「織田信長」の命令ではなく、「徳川家康」と「松平信康」の対立が原因

・築山殿こと瀬名姫は、伯父「今川義元」と両親を次々亡くしている

・最期は、家康の命令で暗殺された


築山殿事件の真相!信長の命令などなかった

築山殿事件・・・。

徳川家康の正室「築山殿」こと「瀬名姫」と、その息子で家康の嫡男「松平(徳川)信康」が殺害された事件。

この「築山殿事件」はこれまで、「信康」と「築山殿」が、「武田勝頼」と内通して家康を裏切り・・・

それを知った織田信長が、家康に「妻と嫡男を殺害せよ」と命じたことが発端、と考えられていました。・・・。

しかし実際には、信長は「信康を殺害せよ」と命令してはおらず、「信康の排除」を家康に相談されたにすぎないのです。

信長は、信康の妻「徳姫」の父。

信康が亡くなれば、信長の娘は未亡人になるので、家康が信長に了解を求めたのは当然。

これに対して信長は

「家康の思うままにせよ」

と応えたのです。

近年の研究では、信康と武田勝頼の間で、内通などはなく、ただ単に「信康」と家康の関係が悪化し対立、謀反の危機が発生したため、家康は信康を処断した・・・と考えられているのです。

これだけなら、「信康」には罪がありますが、「築山殿」は関係ありません。

なぜ「築山殿」まで亡くなったのか?

実は「築山殿」は、信康の妻「徳姫」と不仲だったと言われています。

徳姫は、男児に恵まれず「後継者」を出産できなかったため、信康・築山殿に嫌われた・・・とも言われています。

この嫁・姑の争いを口実に、家康は築山殿を処分。

実際には溺愛していた息子を殺害することで、築山殿が何をするかわからないため、危機を未然に防ぐために殺害した・・・ということではないでしょうか。

家康は築山殿に、散々苦労させてきましたからね。築山殿に何をされても文句が言えない立場でしたから、先手を打ったのかもしれません。


スポンサーリンク

瀬名姫の悲惨な生涯・・・。

瀬名姫の生涯は、非常に過酷なものでした。

当時、日本最強との呼び声も高かった名門「今川家」の当主「今川義元」の姪として生まれた「瀬名姫」

しかし、1560年の「桶狭間の戦い」で伯父の「今川義元」が、「織田信長」に敗れて戦死したことから、歯車が狂い始めました。

桶狭間の戦いのどさくさに紛れて、瀬名姫の夫「松平元康(徳川家康)」は、生まれ故郷の「岡崎城」を占拠。

しかも「松平元康(家康)」は、1562年に、今川家の宿敵「織田信長」と同盟。

当然、今川義元の息子で当主の「今川氏真」は激怒。

これを受けて、瀬名姫の父で今川家の家臣「関口親永」は責任を感じ、瀬名姫の母と一緒に自害。

瀬名姫と子供たち「信康」「亀姫」もまた、今川氏真に処刑されそうになりました。

ギリギリのところで、家康の家臣「石川数正」による交渉が成功し、今川家の一族「鵜殿氏長」「鵜殿氏次」との人質交換が成功。

家康のいる岡崎城へ送られました。

しかし、敵対していた「今川家」の姫である「瀬名姫」に対し、家康の家来たちは批判的。

そのため、家康は瀬名姫を岡崎城に入れず、近くの寺に軟禁したのです。

伯父「今川義元」を失い、夫は伯父の宿敵と同盟・・・・両親は夫のせいで自害、子供もろとも見捨てられかけた上に、軟禁生活・・・。

最期には、息子とともに夫に殺害されて・・・。

あまりにも悲運な人生ですね・・・。

築山殿は、あらゆるドラマや小説で「悪女」のように描かれていますが・・・こんな扱いされたら悪女にもなりそうですけどね・・。


スポンサーリンク

瀬名姫の最期とは?

瀬名姫の最期とは、どんなものだったのでしょうか?

息子の信康は、1579年9月15日に遠江国・二俣城で切腹していますが、瀬名姫はこれに先立つ「8月29日」に亡くなっています。

それも、突然襲われて殺害されたようです。

家康の命令を受けた、徳川家の家臣「岡本時仲」と「野中重政」によって、遠江国の小藪村(現在の浜松市中区富塚)で暗殺されました。

瀬名姫はその後、暗殺場所から近かった「富塚」の「西来禅院」に葬られたとのこと。

生年が不明なので、亡くなった時の年齢がいくつだったかは不明です。

「家康と同年齢」だったという説もあり、同年齢と仮定すれば「36歳」ということになります。

ちなみに信康は「20歳」で亡くなっています。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・築山殿事件は、信長の命令で発生したのではなく、家康と信康の不仲が原因

・築山殿こと瀬名姫は、伯父・両親・息子を、家康のせいで亡くしている

・最期は、遠江国で暗殺された

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る