名古屋城を作った人は誰?歴代城主と、城に秘められた歴史の皮肉とは

「名古屋城」は誰を作った人は誰か?わかりやすく解説いたします。

「大阪城」「姫路城」とならぶ名城「名古屋城」。

現在、名古屋市にそびえ立つあの城は、徳川家康が命令して建てさせて、家康の息子が住んだお城です。

どうして、名古屋にお城をつくったのでしょうか?

実は「関ヶ原の戦い」で学んだ教訓から、名古屋にお城が必要となったのでした。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 名古屋城を作ったのは「徳川家康」。名古屋城の前身「那古屋城」は「今川義元の父」がつくった
  2. 「那古屋城」は「織田信秀」「織田信長」らが城主をつとめ、「名古屋城」は「尾張藩主」が代々城主をつとめた
  3. 名古屋城の石垣の石には、その石を運んできた大名の刻印が、それぞれに刻まれている

名古屋城を作った人は誰?「なごや城」はもう一つ存在していた

名古屋城・・・・現在「名古屋市」にそびえ立つ「名古屋城」を作った人は、「徳川家康」です。1610年、家康は「加藤清正」「福島正則」「池田輝政」「黒田長政」ら全国の大名に「築城」を命令。この地に「名古屋城」を建てさせたのでした。

実は「1610年」に家康が築城を命令する前に、この地には「那古屋城」という城が存在していました。

「那古屋城」は「織田信長」が誕生したと言われている城です。

この「那古屋城」・・・・正確にいつ築城されたのかはっきりわかっていません。「1521~1527年」に建てられたことだけは確かです。建てられた当初、この建物は「柳之丸」と呼ばれていたのです。

その「柳之丸」を、織田信長の父「信秀」が「那古屋城」と改名したのです。

ちなみに余談ですが、豊臣秀吉が「朝鮮出兵」するために九州に作ったお城も「名護屋城」です。


スポンサーリンク

「なごや城」歴代城主一覧!

「那古屋城」の歴代城主、または「城代」など「住んでいた人」をご紹介いたします。

 

今川氏豊(今川義元のいち族)

織田信秀(信長の父)

織田信長

織田信光(信長の叔父)

林秀貞(那古屋城代)

この後、「那古屋城」は廃城となり、50年以上あとになって、徳川家康に再建されることとなります。


スポンサーリンク

「名古屋城」・・・名古屋城は、徳川家康の九男「徳川義直」が「尾張藩主」として入城したお城です。

 

徳川義直(家康の九男)

徳川光友

徳川綱誠

徳川吉通

徳川五郎太丸

徳川継友

徳川宗春

徳川宗勝

徳川宗睦

徳川斉朝

徳川斉温

徳川斉荘

徳川斉臧

徳川慶勝

徳川茂徳

徳川義宜

徳川慶勝(最期の尾張藩主)


スポンサーリンク

「名古屋城」の歴史を簡単解説!

「名古屋城」は、もともと「那古屋城」を起源としているといっていいでしょう。今川義元の父「今川氏親」が、尾張国攻略のために、この地に「柳之丸」という城を作ったことが始まりです。

1532年、織田信長の父「織田信秀」が、「柳之丸」を計略により奪取。「那古屋城」と改名して、ここの本拠を移します。

1534年、那古屋城で「織田信長」が誕生。その後、信秀は「那古屋城」を信長にゆずり、自分は「古渡城」へ拠点を移します。

1555年、信長は本拠地を「清洲城」へと移します。那古屋城には叔父「織田信友」や、家老「林秀貞」らが城代として入るものの、その後は「廃城」となるのです。

1609年、徳川家康は、交通の拠点であった「名古屋」に「巨大な城」を作ることを決断。

1612年、「名古屋城」完成。

西国から江戸へ攻めてくる敵を想定し、この「名古屋」という重要拠点に大きな城を作ったのだと考えられます。


スポンサーリンク

石垣に刻まれた刻印!福島正則と加藤清正の苦労

名古屋城の石垣には、それぞれ様々な「刻印」が彫られています。

これは何を意味するものなのか?というと、これは「どこの大名が、この石をもってきたのか」を表すためであると考えられています。

名古屋城築城には、「加藤清正」「福島正則」「池田輝政」「黒田長政」「加藤嘉明」「浅野幸長」「田中吉政」「細川忠興」「前田利光」などの、外様大名が数多く駆り出されました。

彼らは自らのノルマを達成すると同時に、自分のノルマ達成を、刻印を彫った石で証明したのです。

 

ちなみに・・・この「築城」は、西国大名からすると、相当な負担となっていたようです。

「福島正則」は、築城の負担が大きいと、盟友の「加藤清正」に愚痴をこぼします。

すると加藤清正は

「文句があるなら、国に帰って反乱の準備をしろ。

それが出来ないなら、黙って仕事しろ」

と福島正則を叱り飛ばします。これを耳にした徳川家康も、激怒。

そうはいっても、福島正則ら「外様大名」は、名古屋城築城の前にも「江戸城」「駿府城」を作らされており、相当に疲弊していたはず。

家康は、西国大名の力を削ぎ落とす目的で、築城を命じたらしいです。石垣用の巨大な石は、遠隔地からもってこなければならず、その負担だけでもかなりのものでした。

この築城の4年後、1614年「大阪冬の陣」が起こっています。「徳川家康」と「豊臣秀頼」の戦争です。

福島正則も加藤清正も、豊臣秀頼の家来でした。

家康は「福島」「加藤」に築城を命じて力を失わせ、「大阪冬の陣」に参加できないようにしたのかもしれません。


スポンサーリンク

『名古屋城』について「ひとこと」言いたい!

家康は、どうして『名古屋』に城を作ったのでしょうか?

1600年、「関ヶ原の戦い」で、家康は尾張国「清洲城」を重要拠点として重視し、守りを固めています。また、西軍の「石田三成」も、「清洲城」を重要拠点として狙っていました。

なぜ「清洲城」が重要かというと、清洲城が「東海道」の入り口であり、陸路・海路の両面で「江戸」を目指せる重要な地点だったからです。

家康は「清洲城」を攻め落とされると、江戸も危ないと考えていました。そのため、「清洲城」を四男「松平忠吉」に与えて守らせたのです。

ところが四男「松平忠吉」は、若くして病死。

その後、九男「義直」を、「忠吉」の代わりに尾張国主としたのでした。

ところが「清洲城」には「洪水が起こりやすい」という弱点があったのです。

そこで家康は「名古屋」に目をつけ、「清洲城」に代わってここに巨大な「名古屋城」をつくり、我が子である「尾張義直」を城主としておいたのです。

名古屋城は、西国から江戸へ攻めてくる敵軍を防いでくれるはずでした。

しかし幕末、1868年の「戊辰戦争」で、尾張藩主であった「徳川慶勝」は、あろうことか真っ先に新政府軍に寝返り、大軍団をひきいて、自ら江戸城へと攻め込んできたのでした。

「尾張藩」は、長く「徳川将軍家」と敵対しており、その遺恨があったため、明治維新で徳川家を裏切ったのです。

巨大な名古屋城が、全く役に立たないとは・・・・皮肉を感じてしまいます。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 那古屋城は「今川義元の父」がつくり、今現在の「名古屋城」は「徳川家康」が作らせた
  2. 「那古屋城」は、「織田信秀」「織田信長」らが代々城主をつとめ、「名古屋城」は「尾張歴代藩主」が代々城主をつとめた
  3. 家康は、「西国から江戸へと攻めてくる敵」を防ぐために名古屋城を築城したが、最期の尾張藩主「徳川慶勝」は、真っ先に徳川将軍家を裏切って「新政府軍」へついた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「大阪城を作った人は誰?江戸時代の歴代城主もわかりやすく解説」の記事はコチラ
「姫路城を建てた人は誰なのか?歴代城主とその歴史をカンタン解説」の記事はコチラ
「平安京は現在どこにあるの?跡地の場所を地図に当てはめて徹底調査」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る