長篠の戦いをわかりやすく簡単解説!戦場・場所は現在どこの県?

『長篠の戦い』、織田信長・徳川家康の連合軍が、武田勝頼の軍を打ち破った戦い。

戦場は、現在どこの県にあるのか?教科書には載せられていない「長篠の戦い」の真実とは?

古戦場は現在の愛知県新城市。鉄砲3000丁が使われることはなかった。「陣城」という野戦築城で信長は勝利していた!

教科書とは異なる「長篠の戦い」の真実を、わかりやすく簡単に解説いたします。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」へようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
・長篠の戦い・・・これまでの通説では「3000丁の鉄砲による三段撃ち」で、武田勝頼率いる騎馬隊は敗北した事になっている

・しかし実際には三段撃ちなど不可能だった。織田信長による「陣城」を利用した戦いで武田は敗北した

・戦場は、現在の「愛知県新城市長篠」で行われた


《長篠の戦い》

1575年「長篠の戦い」

織田信長徳川家康の連合軍と、武田勝頼率いる「武田騎馬軍団」がぶつかった戦い。

織田・徳川連合軍は「38,000~72,000」もの大軍団。

対する武田勝頼は「15,000~25,000」と言われていますが、「戦国最強」と呼ばれた「武田騎馬軍団」が主力だった言われています。


スポンサーリンク

「長篠の戦い」に至るまでの経緯

甲斐国の戦国大名「武田信玄」は、京都を目指した「上洛戦」の途中で病死。

あとを継いだ四男「武田勝頼」は、父・武田信玄から

「3年は自分が死んだことを隠し、戦争をせずに内政に集中せよ」

と遺言されていました。

しかし、そのスキを突いて徳川家康は「三河・遠江」の領地を武田軍から奪い返すために行動を開始。

その徳川家康の動きに対抗して、勝頼は父の遺言に逆らい、三河へ進撃。

1575年5月、勝頼は、徳川家康の勢力下にあった「長篠城」を包囲。

家康は勝頼を討つ好機として、織田信長に援軍を要請。

信長は大量の鉄砲を揃えて、徳川家康と合流し、武田勝頼に対峙したのでした。


スポンサーリンク

これまでの通説「長篠の戦い」

長篠の戦いは「設楽原」という平野部で行われたと言われています。

信長は3000丁という、莫大な数の鉄砲を用意。

更には「馬防柵」と呼ばれた木製の柵・堀をつくって、武田騎馬隊を防ぎました。

馬防柵・・・・織田・徳川連合軍では、鉄砲を大量に集めて進軍したそうですが、その中で鉄砲を持っていなかった者は、丸太を運ばされたとのことです。

堀と馬防柵の内側では、織田・徳川の兵が、3000の鉄砲を、1000丁ずつ「3段構え」で配置し、休みなく鉄砲で攻撃。

武田勝頼は、背後の「鳶ヶ巣砦」を敵に奪われていたため、撤退しようとすれば、鳶ヶ巣砦の敵に退路を絶たれ、信長・家康本隊に背後を突かれる・・・・挟み撃ちの状態になっていました。

生き残るには、正面にいる「織田・徳川本隊」を倒すしかありません。

また、勝頼の愚かさにより、無謀な突撃を繰り返し、最終的には「10,000」もの騎馬兵を失った・・・と言われています。

武田信玄に仕えた数々の名将達は、次々と討死。

武田四名臣」と呼ばれた「高坂弾正」「山県昌景」「馬場信春」「内藤昌秀」の内、「高坂弾正」以外の3名が討死。

真田幸村の伯父「真田信綱」「真田昌輝」も討死。

名門・武田は一気に衰退していった・・・と言われています・・・。

しかし、最近の通説では、どうやらこの「三段撃ち」はなかった・・・と考えられているみたいですね。


スポンサーリンク

ちなみに・・・武田勝頼は、無謀にも織田軍の鉄砲隊に対して、突撃を繰り返し、名将たちを次々失った愚か者・・・とされていますが、本当にそうなのでしょうか?

勝頼は、もしかしたら意図的に「老将」たちを排除するために、無茶苦茶な戦をわざと行ったのでは?

もともと勝頼は、武田家の継承者ではありませんでした。

本来は武田信玄の長男「義信」が後継者となるはずでしたが、義信が謀反を起こそうとしたため処刑。次男が盲目、三男が夭折していたため、もともと「諏訪家」を継承するはずだった勝頼が武田家当主に・・。

しかし、「諏訪家」の家臣団とともに戦をしてきた勝頼に、武田の名将・老臣たちは容易に従わず・・・・勝頼の存在感は非常に薄いものがありました。

そのため、武田勝頼は「棟梁」であるにもかかわらず、影響力が薄い「傀儡(かいらい・操り人形)」になりかかっていたのです。

この状況を打破するには、老臣たちを排除しなくてはなりませんが、濡れ衣をきせるわけにもいきません。そのため、長篠の戦いという戦いを利用して、老臣たちを排除した・・・ということも考えられるのでは?

この「長篠の戦い」の後、武田勝頼は領土を拡張し、最大版図を形成しています・・・。北は「越後」の糸魚川市・日本海まで到達し、東は「上野」の国、南は駿河・遠江まで・・・

勝頼・・・愚将とは程遠い人物であったことが、最新の研究で明らかになっています。信長も、勝頼をかなり恐れていましたしね。


スポンサーリンク

《鉄砲の三段撃ちは、なかった?》

鉄砲三段撃ちは不可能?

最近の通説では「三段撃ちは存在しなかった」と言われているみたいです。

実はこの長篠の戦いが行われた時期は「梅雨時」

しかも長篠の戦い当日は、雨だったと記録が残っているのです。

更には設楽原は、田んぼだったため足場が悪く、三段に構えて、兵士が迅速に次々交代する動きは不可能。

雨が降ったことで足場がさらに悪化・・・鉄砲の火薬・火縄は、雨に弱いため、雨の中で連続射撃は困難なのです。

当時の火縄銃は、重さ5キロ・・・さらに甲冑を着込んだ兵士たちは、三段撃ちなんかやったら、相当な体力を消耗するでしょう。

小説家の「安部龍太郎」氏も、著書「家康」の中で、「三段撃ちは不可能」と言っていました。

当時の鉄砲は単発式でしたので、短時間での連発は至難の業だったのでしょう。


スポンサーリンク

実際には「攻城戦」だった

信長は、武田を恐れていました。

武田信玄に対しては、贈り物を送りまくって機嫌を取り、信玄の死後も息子・勝頼を恐れていたのです。

信長は、3万の大軍団を率いて、家康の待つ「長篠」へ出発。

しかし、進軍は極めてゆっくり・・・・。

実際信長は、武田が恐ろしかったのでしょう。

このゆっくりした進軍を見て、勝頼は自信を深めます。

「織田は恐れる必要のない相手だ」

と・・・。

信長は、強敵である「武田騎馬隊」に対抗するため、「長篠・設楽原」に「陣城」と呼ばれる「即席の城」を作りました。

つまり「野戦築城」。

堀をつくり、柵で囲い、堀をつくるために掘り出した土で急勾配の丘を築きあげたのです。


スポンサーリンク

「陣城」とはつまり、敵から身を守る「防御陣地」のこと。

3万もの兵を抱える織田。

おそらく1日で「陣城」を完成させたことでしょう。

この「陣城」に対して、武田騎馬隊が突撃を開始。

対して織田軍は陣城からの鉄砲で銃撃。

とはいえ三段撃ちではなく、陣城前に部隊を配置して武田騎馬軍団をおびき寄せ、城に近づいた騎馬隊を鉄砲で討ち取るという戦法。

武田軍が疲弊すると、織田軍は総攻撃。

陣城・野戦築城を利用した戦いで、武田軍は1万人もの兵士を失ったのです。

信長が考案したとされている「鉄砲・三段撃ち」は画期的と言われていましたが、実際にはこの「長篠の戦い」以前から、「鉄砲傭兵集団」である「雑賀衆」では「釣瓶撃ち」という「五段撃ち」が行われていました。

「城を攻撃することは、不利なのでやってはならない」・・と孫子の兵法には書かれています。

逆に言えば「敵に城を攻めさせれば、有利に戦える」ということになります。

その「敵に城を攻めさせる」という罠を勝頼に仕掛けた信長。

三段撃ちはなかったにしても、かなり上手な戦い方だったのかもしれません。


鉄砲の数・3000丁の真実」について、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

よろしければご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓

「長篠の戦いでの鉄砲隊の数は少なかった?1丁のお値段を調査!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

《「戦場」は現在、どこの県?》

「長篠の戦い」の古戦場。

現在は「愛知県新城市(しんしろし)長篠」という地名になっています。

元々「長篠」には「長篠城」という城が存在しており、現在でも「長篠城址」として保存されています。

1576年に廃城となっているため、城自体は残っておらず、あくまでも城跡。

この「新城市」では、毎年「長篠合戦のぼりまつり」なるイベントが開催されており、その時「火縄銃」の発砲が行われています。

2017年5月のイベントでは、大河ドラマ「おんな城主直虎」とのコラボイベントも行われたとのこと。

長篠城・・・武田軍からの鉄砲の銃撃を受けて「長篠城は穴だらけ」になったと言われています。

長篠の戦いで亡くなった武田軍の兵士たちは埋葬され、信長により「信玄塚」と呼ばれる塚が、長篠に築かれました。

「信玄塚」では、毎年お盆に「火踊り」という供養祭りが、約400年も続けられています。

信長は、勝利するために、意外と臆病で慎重な戦い方をする人だったのですね。


ちなみに・・・大河ドラマ「直虎」において、長篠の戦い前・・・「本多正信」という中年武士が登場していました。

この「本多正信」について、詳しく解説させていただいております。

よろしければ以下のリンク記事をご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓

「本多正信と本多忠勝は宿敵関係?おかげで子孫は一気に没落していった」の記事はコチラ

スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・長篠の戦い、これまでの通説では「鉄砲の三段撃ち」で武田騎馬隊を打ち破ったとされていた

・最近の通説では、三段撃ちは不可能であると言われている

・実際には、信長は「設楽原」に「陣城」と呼ばれる「野戦築城」を行い、武田軍を破った

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


長篠の戦い」について、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「武田勝頼の首はどうなった?武田家臣・長篠の戦いで死んだ名将一覧!」の記事はコチラ
「長篠の戦いの真実と布陣を解説!実は騎馬隊も鉄砲三段撃ちもなかった」の記事はコチラ
「【長篠の戦い】井伊直政は何してた?両軍の布陣図を確認してみた」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る