平安京は現在どこにあるの?跡地の場所を地図に当てはめて徹底調査

794年につくられた「平安京」は、現在どこにあるのか、地図を使ってわかりやすく解説いたします。

かつて「桓武天皇」がつくった都市「平安京」は、現在の「京都府京都市」の中心地に存在していました。

平安京を現在の地図に当てはめてみると、平安京の北東の端に「京都御所」があり、南の端に「東寺」が位置しています。

現在の地図で平安京を見てみることで、1000年の都と呼ばれた「平安京」の歴史を感じられると思います。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 「平安京」は、現在の「京都府京都市」の中心地にあった
  2. 当時の「平安京」を現在の「京都市」の地図に当てはめると、「京都御所」「京都駅」「東寺」などがすっぽりおさまる。
  3. かつての「平安京」の遺構は、何も残っていないが、「東寺」は平安京がつくられたときに建立されたお寺である

「平安京」は、どこにあったのか?

「平安京」とは、今から1200年以上前、「西暦794年」に「桓武天皇」がつくった「都市」のこと。

平安京は現在の「京都市」の中心地につくられていました。

つまり、今の「京都市」の中心地は、かつての「平安京」を基礎としてつくられているのです。

「平安京は、今現在、どこにあるの?」

と質問されたら

「平安京は、現在の京都市の中心地にあった都市ですよ」

と答えることになります。

現在「京都市」の中心には、「天皇」が生活していた「大内裏」がありました。

しかし、その「大内裏」が度重なる火事で消失したため、天皇は現在の「京都御所」へとお引越ししたのです。

現在「京都御所」が存在している場所は、もともと「平安京」の北東の「すみっこ」。

当初は「仮のお住まい」とされていたのですが、いつの間にか天皇はこの「京都御所」に定住するようになったのです。

もともと天皇が生活していた「大内裏(だいだいり)」は、「平安京」が建設されると同時につくられたもの。

現在の「二条駅」の南あたり、現在の「京都市中京区西ノ京小堀町」に「大内裏」の入り口であった「朱雀門」がありました。

そして、現在の「東寺」のあたりに、「平安京」の入り口であった「羅城門」があったのです。


スポンサーリンク

「平安京」の場所を、現在の「京都市」の地図に当てはめてみた

「平安京の跡地」には、現在「京都市の中心街」があります。

以下に、現在の京都市の地図をご用意いたしました。この地図に記された「赤い枠」に「平安京」が存在していたのです。

《平安京》
「引用元ウィキペディアより」

地図で見ると、赤い枠の右上のはじっこに「京都御所」があり、南の端に「東寺」があります。

現在の「京都市」は、「平安京」を基礎にして作られています。

1180年に「平清盛」によって、日本の首都は一時的に現在の神戸市にあった「福原京」へと移されました。

しかし、それを除けば「平安京」は「794年」から「1891年」に「明治天皇」が東京へ移動するまで、約「1100年」ものあいだ、「都(みやこ)」であり続けたのです。


スポンサーリンク

「平安京」の跡地には、現在何があるのか?

平安京の跡地には、現在何があるのか?

「京都駅」や「二条城」、現代の建物もあれば、平安京が建設されてから現代に至るまでの「歴史的建造物」がたくさんあります。

しかし「応仁の乱」をはじめとした数々の戦乱や混乱で、「平安京」が建てられた8世紀末当時の様子を今に伝える代物は、ほとんど残っていません。

唯一、平安京の痕跡を現在に伝えている代物といえば「東寺」が有名です。

羅城門ちかくに建てられている「東寺」。平安京が作られた「794年」の2年後「796年」に、平安京の入り口を守るために創建された由緒あるお寺です。

平安京がつくられた頃に生きていた有名なお坊さん「空海」に、「823年」に「嵯峨天皇」からくだされたお寺ということでも有名です。

この「東寺」の「金堂」は、「823年」には完成していたと考えられています。「1486年」の一揆で、一度は焼けてしまったものの、「豊臣秀吉」の息子「豊臣秀頼」によって再建されました。

再建された代物ではあるものの、東寺は「平安京」が作られた時代の歴史を今に伝えており、「世界遺産」に指定されています。


スポンサーリンク

『平安京』について「ひとこと」言いたい!

平安京・・・・「1000年の都」と呼ばれた日本の「首都」だった都市。

この平安京は、桓武天皇が「唐」の都「長安」を見本にして建てたものだといわれています。

平安京は後に「京」や「都」と呼ばれ、政治・経済の中心地となっていきます。

戦国時代には、「京都を制するものが天下を制する」と考えられ、戦国大名たちは「京都を支配すること」を目指すことになります。

それにしても、なぜ京都は「1000年もの間、首都で有り続けることが出来た」のでしょうか?

平安京は、「水路」を整えて物流を安定させ、以前の都で苦しめられた「洪水」のリスクも軽減されていました。そのため、長く平安京を首都とすることが出来たのでしょう。

何よりも「嵯峨天皇」の決断が、京都をながく首都で有り続けさせたと言えるのではないでしょうか。

平安京をつくった「桓武天皇」の息子である「嵯峨天皇」は、兄である「平城上皇」が、都を「平城京」に戻そうとしたことに反対。「平安京」を「よろずのみや」、つまり「永遠の都」と定めたのでした。

そのため、かつては「平城京」「藤原京」「大津宮」「長岡京」など、数々の都市がつくられ、次々と都が移された中で、「平安京」は1000年もの間、都で有り続けることが出来たのではないでしょうか。


スポンサーリンク

また、「平安京」が「防衛しにくい都市」であったこともまた、ながく都であったことと関係している気がします。

京都は昔から、「攻めやすく守りにくい都市」であることで有名です。

名将「楠木正成」も、足利尊氏と戦う際に、「京都は守りにくいので、京都に足利尊氏をおびきよせて戦うべき」と「後醍醐天皇」に主張しています。(この作戦は却下され、楠木正成は「湊川の戦い」で、足利尊氏に敗れて戦死した)

実は「防衛しにくい都市」を、すすんで首都とした人物が、古代中国に1人いたのです。

「周公旦(しゅうこうたん)」・・・・「殷(いん)」という国の暴君「紂王(ちゅうおう)」を倒し、「周」の国をつくった名君「武王」の弟。孔子が尊敬したこの「周公旦」は、名政治家として有名です。

「周」の国が首都をどこにするかを決めかねていた時、多くの人は「難攻不落の土地」を首都とすべきと考えていました。「守りやすい土地」を首都とすれば、敵から攻められて滅びるリスクが減ります。

「周公旦」はこれに大反対します。なんと「守りにくい土地」を首都とすべきと主張したのです。

その理由について、周公旦はこう言いました。

「もしも周という国の存在が、悪政によって民衆にとっての害悪となってしまった場合、首都が難攻不落の地にあっては、民衆の反乱によって、国が正されることがしにくくなる。

周が悪い政治をおこなわないとは限らない。だから、攻め落としやすい場所に首都をおき、周という国の存在自体が、民衆にとって害となったら、民衆に滅ぼしてもらおう。

そうすれば、周の国も、民衆に滅ぼされないように、良い政治を行おうとするだろう。

だから首都を難攻不落の地においてはならない」

周はその後800年もの間、永くつづいたのでした。

(逸話では周公旦が守りにくい地に首都をおいたとされているが、周が守りにくい「洛陽」というに首都をうつしたのは、周公旦が生きていた時代から200年もあと、洛陽を首都としてから、周の国は約500年続いています)


スポンサーリンク

日本の「平安京」も、守りにくい場所にあります。

桓武天皇がそれを意図してこの場所に平安京をつくったかどうかはわかりません。しかし、守りにくい場所に京都があったため、京都を支配したものは、民衆に歓迎される政治を行わないと、滅ぼされるプレッシャーにさらされ、いわゆる「自浄能力」を発揮していたのです。

たとえば、悪政を行った「木曽義仲」が、「源義経」によって早々に京都を追い出されたように、悪い政治をおこなうものは、ながく京都を支配できなかったのではないでしょうか。

強い「自浄能力」をもってた京都だからこそ、1000年の間「都」で有り続けることができたのかもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 「平安京」は、現在の「京都府京都市」の中心地に存在していた
  2. かつての平安京を、現在の京都市の地図に当てはめてみると、「北東」のはじっこに「京都御所」が存在し、南の端っこに「東寺」が当てはまる。
  3. かつての平安京の面影は、現在はなにも残っていないが、「東寺」は平安京がつくられたときに建立された寺院である

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

西郷菊次郎(京都市長)ってどんな人?子孫が現在鹿児島で活躍中!」の記事はコチラ
「【乃木希典】真の評価は凄かった!子孫の現在〜珠玉の名言集まで」の記事はコチラ
「新渡戸稲造の著書『武士道』とはどんな本?内容を簡単に要約してみた」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る