大老とは何なのか?その役職の意味と職務をわかりやすく解説!

幕末、井伊直弼などが就任していた職「大老」

この「大老」って一体何なのか?

その役職の意味と職務が何なのかを、わかりやすく解説いたします。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「大老」とは、江戸幕府最高の職である「老中」の上に位置する臨時職

・「大老」の仕事は、征夷大将軍にたいしてのアドバイス

豊臣秀吉の政権における「大老」と、江戸幕府の「大老」は、その職務が異なる


大老とは、そもそも何のこと?どういう役職?

大老・・・あの「井伊直弼」で有名ですよね。

さて、その大老って、そもそも何のことなのでしょうか?

大老とは、江戸幕府という行政機関に設けられていた「最高の階級」のことです。それも、常に置かれていた職ではなく、臨時職。

元々幕府は、「征夷大将軍」をトップとして政治を行う機関。

その征夷大将軍を補佐するのが、老中・・・つまり、実質的に出世することができる限界は「老中」までということになります。

ちなみに、征夷大将軍を今でいうところの「内閣総理大臣」とするならば、「老中」は内閣の「閣僚」・・・といったところでしょうか。(正確に言えば、老中は月ごとに交代制の「月番老中制」でしたので、閣僚と一概には言えませんが・・・。)

しかし大老は、その老中よりも上に位置する最高の階級・・・。

特に将軍の新任厚い人間しか、大老には就任できませんでした


スポンサーリンク

「大老四家」とは

3代将軍「徳川家光」の時代に大老となった「土井利勝」・・・。土井利勝は実は徳川家康の隠し子・・と言われていた人物です。

4代将軍「徳川家綱」の時代「保科正之」が、実質大老として扱われましたが、この保科正之・・・「徳川秀忠」の隠し子でした。

ちなみに保科正之は、正式には「大老」になっていないものの、大老と同等の扱いを受けています。

大老という職がどれほど特別か・・・実は、限られた名門の家出身者しか成ることが出来なかったのです。

「大老四家」と呼ばれる徳川家の名門家臣からしか、大老になれないシステムがありました。

大老職につけるのは、譜代大名「井伊家」「酒井家」「土井家」、そして外様ながら絶対権力者「春日局」による支援を受けた「堀田家」の四家のみ。

かなり特別な存在しか、就任が許されない職だったのです。


スポンサーリンク

大老のお仕事とは?

その大老が行うお仕事とは、一体何なのでしょうか?

大老の主なお仕事は「アドバイス」・・・まだ若い将軍様に対して、経験豊富な「大老」が政治その他について、助言することがお仕事とされています。

とはいえ、全ての大老達が、仕事として助言をしていたというわけではなく、「名誉職」として大老に就任した人もいました。

それまで老中として辣腕を振るっていた「土井利勝」を、「大老」に就任させて激務から開放してあげた・・・という話もあるほどです。

それに対して幕末に大老職についた「井伊直弼」は、アドバイザーや名誉職としてではなく、自らに権力を集中して、執政を行ったことで有名です。

大老・・・時代やその時の政治状況によって、求められる職務が異なっているようですね。

井伊直弼が大老を務めていた時代・・・将軍職にいたのは「イモ公方」と呼ばれた「徳川家定

押し込め・・・つまり家臣からの強制退場寸前のバカ殿様「徳川家定」・・・そのときに大老を務めていたのが井伊直弼なわけですから、将軍の補佐ではなく、代理という立場だったのです。

権力を集中しすぎて、独裁的になり、恨みを買ってしまった大老「井伊直弼」・・・最期は「桜田門外の変」で襲撃を受けて殺害されてしまったのでした。

桜田門外の変」について、よろしければ以下のリンク記事もご利用くださいませ

↓↓↓↓↓

「安政の大獄から桜田門外の変までの経緯を解説!なぜ暗殺は起きたの?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

豊臣秀吉の家臣『大老』と、徳川幕府「大老」の違い

ところで「大老」といえば、「徳川幕府」だけではなく、「豊臣政権」にも「大老」と呼ばれた人達がいましたよね。

徳川家康」「前田利家」を筆頭に、「毛利輝元」「上杉景勝」「宇喜多秀家」「小早川隆景

この「小早川隆景」が亡くなった後、「五大老」と呼ばれる様になりました。

さて、この豊臣政権における「五大老」と、徳川幕府における「大老」とでは、何が異なっているのでしょうか?

もちろん、そのお仕事の内容が異なります。

先程申しましたように、德川幕府における大老の主なお仕事は「アドバイス」・・・たまに「独裁」・・。

対して豊臣政権における「大老」は、「浅野長政」『石田三成』「増田長盛」「長束正家」「前田玄以」達「五奉行」と合議の上で政治を行っていました。

つまり、豊臣政権における「大老」は、今で言うところの内閣の「閣僚」・・・徳川幕府で言うところの「老中」のお仕事を務めていたのです。

更に、江戸幕府における「大老」はあくまでも臨時職でしたから、豊臣政権における常に置かれているポストではありませんでした。

アドバイザーであった江戸幕府「大老」と、実権を持っていた「五大老」・・・名前は同じでも、質が異なっていたのです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・大老とは、行政担当の「老中」より上に位置する臨時職

・大老の主な仕事は「アドバイス」、しかし時には、権力を集中させる者もいた

・豊臣政権における『大老』は、実権を持つ言わば閣僚。江戸幕府の「大老」は、アドバイザー

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


井伊直弼」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「井伊直弼はなぜ安政の大獄を起こしたの?実は直弼の判断は正しかった」の記事はコチラ
「井伊直弼の墓所はなぜ東京・豪徳寺なの?彦根・龍潭寺ではない理由は」の記事はコチラ
「井伊直弼とはどんな偉人か簡単解説!井伊家当主の中で最も優秀だった」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る