石田三成の死因と最後の様子とは?最後の言葉『英雄の命と志』の逸話

石田三成の「死因」や「最後の様子」について、誰かに尋ねられても、ハッキリと答えられる方は、少ないかもしれません

 

実は筆者自身も、「石田三成」については知っていたものの、自分の手で調査してみるまで、「石田三成の死因・最後」については答えられませんでした

 

この記事では「石田三成」の「死因」「最後の様子」について、ひと目で分かるようにまとめました

 

「石田三成」の「最後」について知りたい方にとって、この記事は必ずお役に立つはずです

 

これを読んで、三成についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,石田三成の『死因』は?

関ヶ原の戦い」で「徳川家康」に敗北したため「斬首」されて亡くなった。

 

2,石田三成の『没年月日』は?

旧暦・慶長5年10月1日

新暦・1600年11月6日

享年41歳

 

3,石田三成の『最後の様子』は?

9月21日】、「田中吉政」の追捕隊に捕縛。

9月22日】、大津城に護送されて、城の門前で生きさらしとなり、その後、家康と会見。

10月1日】、京都・六条河原で斬首された。

 

4,石田三成の『辞世の句』は?

「筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり」


石田三成の『死因』は何?

「石田三成」の死因は、徳川家康に敗北したことによる「斬首刑」。

《石田三成》
「引用元ウィキペディアより」

慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)】、「関ヶ原の戦い」で「徳川家康」に敗北した「石田三成」は、幼なじみだった武将「田中吉政」に捕らえられ、家康の命令により、京都・六条河原で処刑された。


スポンサーリンク


石田三成の『没年月日』と『最後の様子』

「没年月日」と「享年」

旧暦・慶長5年10月1日

新暦・1600年11月6日

 

享年41歳

「最後の様子」

慶長3年8月18日(新暦1598年9月18日)】、「豊臣秀吉」死去。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)】、「関ヶ原の戦い」開戦。石田三成ひきいる「西軍」が敗北。「徳川家康」ひきいる「東軍」が勝利。

 

戦いに敗れた三成は、伊吹山の東にある相川山を越えて春日村に逃れた。(伊吹山は、滋賀県と岐阜県の県境。関ヶ原の西に位置している)

 

9月18日】、東軍「小早川秀秋」らの攻撃を受けて三成の居城・佐和山城が落城し、三成の父「正継」を初めとする石田一族の多くが討死。(ただし、三成の子供たちは、そのほとんどが逃げのびて、子孫をのこした)

 

9月21日】、逃亡していた石田三成は、家康の命令を受けて捜索していた「田中吉政」の追捕隊に捕縛された。

《田中吉政》
「引用元ウィキペディアより」

9月22日】、大津城に護送され、城門前で「生きさらし」とされ、その後、家康と会見した。

 

9月27日】、大坂に護送

 

9月28日】、「小西行長」「安国寺恵瓊」らと共に大坂・堺を罪人として引き回された。

 

9月29日】、京都に護送され、「奥平信昌」の監視下に置かれた。(「奥平信昌」は「徳川家康」の娘婿)

 

10月1日】、「徳川家康」の命令により、六条河原で斬首された。

 

首は三条河原にさらされた後、生前親交のあった「春屋宗園」「沢庵宗彭」に引き取られ、京都大徳寺の三玄院に葬られた。


スポンサーリンク


石田三成の『辞世の句』と「最後の言葉」

辞世の句

「筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり」

「筑摩江(ちくまえ・三成の故郷)を照らす、葦(あし)の間から垣間見える漁師たちの篝火(かがりび)。」

 

明日の明け方には消されるあの篝火は、私が生涯をかけて忠誠をつくした豊臣家の命運のようだ。私が死んだら、篝火が消えるように、豊臣家は徳川家康に滅ぼされるだろう

 

この予言通り、「石田三成」が亡くなった15年後の【1615年】、豊臣秀吉の息子「豊臣秀頼」は、母「淀殿」とともに、「大坂の陣」で「徳川家康」「徳川秀忠」親子に滅ぼされた。

《豊臣秀頼》
「引用元ウィキペディアより」

このとき、「関ヶ原の戦い」で「豊臣秀頼を救うため」といって「徳川家康」に味方し、石田三成を倒した「豊臣家に恩のある縁の武将たち」は、誰一人として豊臣家に味方しなかった。

最後の言葉「英雄の命」

徳川家康に捕らえられた石田三成は、その身柄を幼なじみの「田中吉政」に預けられた。

 

明日には処刑されるため、刑場へと護送される三成にたいして、田中吉政は、なにかと気をつかった。

 

「なにか欲しいものはあるか?」と質問すると、三成は「白湯(さゆ)がほしい」と言った。

 

しかし、その地には井戸がなく、吉政は三成が「柿」を好んでいたことを思い出し、「干し柿」を渡そうとした。

「柿はタンの毒なので、遠慮する」

明日までの命にもかかわらず、体調に気をつかう三成に、周囲は失笑。

 

それに対して三成は

「英雄とは、志を果たすために、最期の最期まで、命を惜しむものなのだ」

と反論。

 

これに、笑ってしまった者たちは納得し、自らを恥じたという。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,石田三成の『死因』は?

「関ヶ原の戦い」で徳川家康に敗北し「斬首」による処刑。

 

2,石田三成の『没年月日』は?

旧暦・慶長5年10月1日

新暦・1600年11月6日

享年41歳

 

3,石田三成の『最後の様子』は?

9月21日】、「田中吉政」の追捕隊に捕縛。

9月22日】、大津城に護送されて城の門前で生きさらしとされた。その後、家康と会見。

10月1日】、京都・六条河原で斬首された。

 

4,石田三成の『辞世の句』は?

「筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり」

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


『石田三成』関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

『石田三成の家紋「九曜紋」と旗印「大一大万大吉」の意味と読み方とは』
の記事はコチラ
『石田三成『干し柿』の逸話と名言をご紹介!その性格を分析してみた』
の記事はコチラ
『【関ヶ原の戦い】簡単にわかりやすく解説!いつ誰と誰が戦ったの?』
の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る