楠木正成の銅像が皇居にある理由を簡単解説!子孫の苗字と家系図とは

鎌倉時代末期の名将・楠木正成

なぜ楠木正成の銅像が皇居にあるのか?

子孫の苗字は「楠木」?家系図は今も続いている?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・楠木正成は、天皇の忠臣として「北条氏」や「足利尊氏」と戦ったため、その功績をたたえて「皇居」に銅像が築かれた

・元々楠木正成の評価は低かったが、江戸時代・明治時代に名誉回復がされた

・子孫は「楠木同族会」という組織で、現在も親睦会を行っている


楠木正成の銅像が皇居にある理由

楠木正成とは、鎌倉時代末期に「後醍醐天皇」を補佐した名将。

「北条一門」が支配する鎌倉幕府。

鎌倉幕府の圧政に民衆が苦しんでいた時、後醍醐天皇は「打倒・北条一門」を掲げて挙兵(元弘の乱)

しかし後醍醐天皇の兵力は「1000」以下。

対して鎌倉幕府軍は「数十万」だったと言われています。


スポンサーリンク

敗北必至の絶体絶命の状態で、後醍醐天皇は夢をみました。

二人の菩薩の御使いが、後醍醐天皇の前に現れ、こう言ったのです。

「この後、しばし世の中は乱れます。

あの『木の南』に、天皇の席をご用意いたしましたので、そこでしばらくお休み下さい」

『木の南』・・・つまり『楠(くすのき)』

この夢をみた後醍醐天皇は、悪党と呼ばれた不良領主、楠木正成に対して異例とも言える使者を発して迎えました。

それに応えた楠木正成は、幼い頃から鍛え上げた兵法を駆使して、数十万の幕府軍をわずか500足らずの兵で迎撃。

ゲリラ戦で散々に相手を苦戦させて時間を稼ぎ、その間に手薄となった「京都」を足利尊氏が、「鎌倉」を新田義貞が制圧し、鎌倉幕府は滅びたのです。

この後、鎌倉幕府に代わって、後醍醐天皇が「建武の新政」を行いましたが、それはあまりにも不公平で現実からかけ離れた理想主義の政治だったため、多くの武士は後醍醐天皇を見捨てて離れていきました。

後醍醐天皇を見捨てた武士たちは、「源氏の棟梁」であった「足利尊氏」を祭り上げて、後醍醐天皇と戦うことになったのです。

対して後醍醐天皇の味方をした武士は「新田義貞」と「楠木正成」

しかし「新田義貞」は所詮、「足利尊氏」には遠く及ばない人物でした。

楠木正成は、後醍醐天皇に「足利尊氏」との和睦を勧めますが、聞き入れられず。

更に「京都からの撤退」と「ゲリラ戦」を主張しますが、京都を手放したくない後醍醐天皇はこの作戦を却下します。

楠木正成は、圧倒的な戦力を保持する足利尊氏に対しては「ゲリラ戦」でしか勝機がないことを知っていました。

しかし、天皇の命令には逆らえず、仕方なく新田義貞とともに「湊川」で、足利尊氏軍を迎撃。

圧倒的な強さを誇る足利尊氏軍に、わずか数百の楠木軍は敗北。

1336年「湊川の戦い」で、楠木正成は亡くなりました。

絶対に敗北するとわかっていた楠木正成。しかし、後醍醐天皇に評価してもらった恩義を忘れず、その恩に報いるために、死を決した戦いに赴いたのです。

これら、「後醍醐天皇に死を賭して忠誠を誓い続けた姿勢」から、楠木正成の銅像が「皇居前」につくられたのでした。


スポンサーリンク

楠木正成の評価とは

正成の名誉は、宿敵・足利尊氏が支配する「室町時代」においては、非常に貶められました。

しかし、楠木正成の子孫を自称する「楠木正虎(信長・秀吉の家臣)」なる人物が、戦国時代に「正成」の赦免運動を行い、時の「正親町天皇」から「楠木正成・赦免」を許されました。

その後、楠木正成は再評価がされるようになり、特に「水戸徳川家」からは「忠臣」として尊敬を集めることとなったのです。

明治時代になると、天皇中心の政治が行われるようになったため、天皇に忠誠を誓って戦った「楠木正成」「新田義貞」たちは、非常に高い評価をされたのです。

「楠木正成」の刀「小竜景光」は、明治天皇の佩刀となったとも言われています。

昭和10年頃に楠木正成の子孫が発見されて、現在「楠木同族会」なる組織が発足し、現在でも活動しています。

楠木正成・・・・「太平記」という小説では、天才武将として描かれています。

特にゲリラ戦を得意とし、少ない兵で大軍団を相手にする神業を持っていたとか・・・。

特に、「聖徳太子の予言」は有名です。

正成は、聖徳太子の予言と称して、「北条一門は滅びる」と兵士たちに語ったと言われています。

それを聞いた兵士たちは、テンションが上り、やる気を取り戻して、鎌倉軍を圧倒。

実際に鎌倉幕府は滅びたのでした。

当然ですが、この「聖徳太子の予言」は楠木正成の捏造である可能性が高いです。

聖徳太子を利用した楠木正成・・・確かに天才だったのでしょうね。


「聖徳太子」については、以下のリンク記事をご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓

「聖徳太子の別名全部紹介!2017最新教科書での名前といなかった説」の記事はコチラ

スポンサーリンク

子孫の苗字と家系図

楠木正成の子孫は、現在まで続いています。

苗字は「楠木」、または「平木」氏を名乗ったみたいです。

例えば、戦国時代の「楠木正虎」の他にも、秀吉に仕えた「蜂須賀小六」は、楠木の一族では?と言われています。

江戸時代に反乱を起こした軍学者「由比正雪」の妻は、楠木正虎の孫。

家系図を観てみると、こんな感じです。


楠木正成

正儀(正成の三男)

正秀

正盛

盛信

盛宗

盛秀

長成

成隆

正虎

正辰(軍学者)(由比正雪の師)

娘(由比正雪の妻)


楠木正成の子孫は、「同族会」なる組織を通じて親睦会を度々開いており、元衆議院議長であった「綿貫民輔」さんが会長を務めているみたいです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・楠木正成は、天皇の忠臣であったため「皇居」に銅像が建てられた

・戦国時代・江戸時代・明治時代に、楠木正成の名誉は回復した

・子孫は「楠木」「平木」などを名乗り、現在では「楠木同族会」なる組織で親睦会を行って活動している

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る