【織田信秀】子孫と家系図をカンタン解説!子共や側室が何十人もいた

皆さんは「織田信秀の子孫・家系図や側室」を、ご存知でしょうか?

 

実は「信秀の子孫」について、くわしく知っている方は、それほど多くないみたいです。

 

この記事では「信秀の家系図・子孫」を、わかりやすく、みじかく、カンタンに解説いたしました。

 

今は「信秀の末裔」について、漠然としか知らなかったとしても、大丈夫です。

 

これを読めば、誰かに説明できるほど、「信秀の血を引く子孫」に詳しくなれます。

 

この記事を読んで、「織田信秀の子孫や家系図・側室など」の疑問をスッキリと解消していただけたら、これほど嬉しいことはありません。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信秀」には、嫡子「織田信長」以外にも、20人以上の子供がいた。信秀の血筋は、娘「お市の方」と「浅井長政」の三女「お江の方」を通じて、現在にもつながっている

 

2,「織田信秀」の子孫・末裔には、現在の「天皇陛下」がおられる。「信秀」の血筋は、皇室へと受け継がれている

 

3,「信秀」には、無数の側室がおり、領地が増えるたびに側室も増えていったという逸話があるらしい

【織田信秀】の家系図

織田信秀には、子供が合計で20人以上いたとされています。

《織田信秀》
「引用元ウィキペディアより」

その中でも、三男「織田信長」は、のちに天下統一目前までいくこととなる名将です。

 

ちなみに信長と母親を同じくする兄弟は「織田信行(信勝)」「信包」「お市の方」。

「《織田信秀・信長の家系図》
家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

「信行」は謀反を起こして誅殺されています。

 

「信包」は、同母弟であるためか、他の兄弟と違って信長から厚遇されています。(信包の母は不明ですが、兄・信長から格別のあつかいを受けているため、同母弟と推測されています)

 

信包は豊臣秀吉・徳川家康に従って、「丹波国柏原藩」を治めました。

 

しかし「柏原藩」は改易され、「信包」の子孫は旗本として「織田信裕(のぶひろ)」の代に明治維新をむかえています。

 

「お市の方」は、「浅井長政」「柴田勝家」に嫁いでいます。

 

長女「茶々」は、「豊臣秀頼」を産んでいます。

 

三女「お江」は、三代将軍「徳川家光」を出産。

 

信秀の血筋は、現在も続いています。


スポンサーリンク


【織田信秀】の子孫

織田信秀の末裔といえば、フィギュアスケートの「織田信成」さんが有名です。

 

しかし、織田信長の直系子孫たちからすると、「織田信成」さんは、何者なのかがはっきりしていないのだとか。

 

信秀の子孫は、各地におられ、信長の弟で茶人の「織田有楽斎」の子孫が「愛知県」で「有楽流茶道」を継承しておられます。

 

また、もっとも有名な「織田信秀」の末裔といえば、「天皇陛下」ではないでしょうか。

 

信秀の娘「お市の方」、そのまた娘「お江」は、二人目の夫「羽柴秀勝」との間に「完子(さだこ)」を出産しています。

 

「完子」の子孫が、天皇家へ嫁ぎ、現在の「天皇陛下」につながっておられます。

 

そのため、「天皇陛下」は「織田信秀」の子孫なのです。


スポンサーリンク


【織田信秀】の側室たちの逸話

信秀は、子沢山であったことからもわかるように、数多くの「側室」をかかえていました。

 

かなりの女好きで、息子「信長」の乳母をも側室にしてしまったほど。(この乳母は、信長の乳兄弟「池田恒興」の母親)

 

戦に勝利するたびに、側室が一人増えていった、という逸話もあるほどです。

 

それだけの側室をかかえる経済力を、信秀はもっていました。

 

交通の要衝をおさえ、そこから税金をとって、莫大な冨を築き上げたといわれています。

 

その経済力は息子「信長」にも引き継がれ、「子沢山」というその特徴もまた、信長に継承されることとなるのです。

 

また、信秀が複数の側室と、数多くの子供を残したおかげで、織田家の末裔は現在まで続いています。

 

生存戦略としては、信秀の戦略は成功したと言えるでしょうね。


スポンサーリンク


「織田信秀」が亡くなった「その後」に、何が起こったか

信秀が亡くなったあと、家督を継承した「織田信長」には、苦難の道がまっていました。

 

周囲は敵だらけ。

 

勝ち目も薄い。

 

しかし信長は、これらを見事に撃破していくのです。

 

この頃の信長の敵といえば、主に「4つの勢力」がいました。

  1. 「織田信友」(尾張国守護代・もともとは信秀・信長の主であった家柄)
  2. 「織田信勝」(信長の弟)
  3. 「今川義元」(当時日本最強クラスの大名)
  4. 「斎藤義龍」(信長に有効的だった姑「斎藤道三」が、当初は生きていたが、信長が家督を継いだ4年後に、義龍に殺された)

 

信長はこれらを、策略・謀略・戦術・戦略、ありとあらゆる手を尽くして、上から順番に倒していきます。

 

「斎藤義龍」は【1561年】に病死していますが、その子「斎藤龍興」を、【1567年】に美濃国から追放。

 

そして【1568年】、「足利義昭」「明智光秀」「細川藤孝」らと出会い、ついに京都を制圧することに成功するのです。

 

これら強敵を次々と撃破できたのは、信秀が残した「豊かな財力」があったからです。

 

その後は【1582年】に「本能寺の変」で亡くなるまで、日本の中央をほぼ制圧。

 

「関東」から「中国地方」までの大勢力を作り上げるのです。

 

信長がこれほどの躍進を遂げられた理由は、「経済力を重視した」ためです。

 

他の大名が「農業」を重視する中、信長は貨幣制度を重視して、経済振興に全力をそそぎます。

 

そこで得られた莫大な経済力で、織田軍団は「最新式の装備」と、「膨大な兵力」を持つことができたのです。

 

この「信長の経済センス」は、父「信秀」からゆずりうけられたものでした。

 

信長の天下統一事業は、父「信秀」によって土台をつくられたのです。

 

「織田信秀」について、可能な限りのすべてを調べて、以下のリンク記事で解説いたしました。

織田信秀のすべてを徹底解説!子孫や家系図・葬儀の逸話まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信秀」には、実に「20人以上」も子供がいた。信秀の血筋は、娘「お市」の三女「お江」を通じて、現在にもつながっている

 

2,現在の「天皇陛下」は「信秀」の末裔にあたられる。「信秀」の血筋は、皇室へと受け継がれている

 

3,「信秀」には、無数の側室がおり、「領地・城が増えるたびに側室も増えていった」という逸話がある

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

【織田信秀】関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

織田信秀のすべてを徹底解説!子孫や家系図・葬儀の逸話まで完全網羅』の記事はコチラ

 

『【織田信秀死因と最期・お墓などを解説!葬儀の逸話に隠された秘密』の記事はコチラ

 

織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ
明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る