本多正信と本多忠勝は宿敵関係?おかげで子孫は一気に没落していった

徳川家康の参謀『本多正信』と、徳川最強の軍神『本多忠勝』。二人の関係は?兄弟?親戚?犬猿の仲?

この関係が発端となり、本多正信の子孫は一気に没落していった?

二人は遠縁関係。正信は本多忠勝たち「武断派」から嫌われて、息子「正純」の代で没落していった。

この記事では「本多忠勝」と「正信」の関係と、正信の子孫について解説いたします。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」へようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
本多正信本多忠勝は、遠縁。つまり親戚関係だった

・正信の息子「本多正純」は、政治的な争いに負けて、引退させられた

・本多正信の子孫は、石川県金沢市にて「博物館」の館長をしている


本多正信と本多忠勝の関係!

二人は遠縁

家康の軍師「本多正信

軍神・猛将「本多忠勝

二人共「本多」の姓ですが、兄弟ではありません。

とはいえ無関係ではなく、遠縁。

家康の故郷「三河国」では、「本多」という姓は珍しくありません。

徳川家には「本多正信」と「本多忠勝」の他にも「本多重次」という家臣もいたくらいです。

正信と忠勝の先祖は、ともに「本多助政」という人物。

この「本田助政」の長男「定通」が「本多忠勝」の先祖

助政の次男「定正」が「本多正信」の先祖なのです。

正信・忠勝は、犬猿の仲!

本多正信と本多忠勝は、非常に仲が悪いことで有名でした。

本多忠勝は常々

「同じ『本多』姓だが、俺と本多正信は無関係だ」

「本多正信は腰抜け野郎だ」

などと、正信の悪口を言いまくっていました。

本多忠勝と同じ徳川四天王の一人「榊原康政」も

「正信は、腸(はらわた)の腐ったやつだ」

と常々言い続けていたらしいです。

なぜこれほどまでに嫌われていたのか?

理由を簡単に言うと、本多正信は

「家康を裏切った過去がある」

「体育会系の『徳川家』の中で、唯一の頭脳派だった」

から、本多忠勝や榊原康政・・・大久保忠隣と仲が悪かったのです。


本多正信が嫌われていた理由」について、詳しくは以下のリンク記事をご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓

徳川四天王で最強は誰?本多正信が含まれなかった2つの理由」の記事はコチラ

スポンサーリンク

正信の息子の没落劇

本多正信が息子に残した言葉

正信の息子「本多正純」は、父に似て非常に頭のキレる男でした。

徳川家康から気に入られ、秀忠も信頼していた有能な臣下。

しかし、正信と同じく家臣たちから非常に嫌われていました。

父・正信はそのことを熟知しており、死の間際に息子「正純」にこんなことを言っています。

「3万石以上の領地はもらってはならない。

もしもらったら、身を滅ぼすぞ」

この言いつけを正純は破り、15万石を拝領してしまいました。

そのためか、正純は失脚することとなったのです。

「宇都宮吊り天井事件」

関ヶ原の戦いの後、徳川家には派閥抗争が勃発しており、「本多正信・正純」親子を中心とする「文治派」と、「大久保忠隣」を中心とする「武断派」が争っていました。

本多正信と正純の策略で、1614年「大久保忠隣」は謀反の疑いをかけられて失脚。

武断派の一人「土井利勝」は、この件を恨みに思い、「正純」に対して全く同じ「謀反の疑い」をかけるという罠を張り巡らせたと言われています。

「宇都宮釣天井事件」

将軍・徳川秀忠を、自らの居城「宇都宮城」の「釣天井」で暗殺しようとした・・・という疑惑。

この疑惑は、老中・土井利勝のでっち上げと言われています。

正純は、15万石という領地を固辞し続けたらしいのですが、秀忠がそれを許さずに領地を与えたとも言われています。


スポンサーリンク

正信の子孫はどうなったの?

正信には、「正純」の他にも「政重」「忠純」という二人の息子がいました。

この二人はどうなったのでしょうか?

本多政重

頭脳派である、父・正信や兄・正純とは違い、次男の政重は「体育会系」だったようです。

非常に気が短く、喧嘩っ早い政重。

政重は、加賀前田藩に仕え、その功績から5~7万石の領地をもらい、現代まで子孫を伝えています。

政重の子孫・・・・加賀本多家の当主は、現在15代目の「本多政光」さんです。

本多正光さんは、石川県金沢市出身。

学習院大学卒で、三井住友海上に入社した後、横浜支店長を務めました。

その後、本多家に伝わる品、約1000点を「加賀本多博物館」で展示し、同館長を務めておられます。

どうやら「本多政光」さんも「正信と忠勝の関係」について、よく尋ねられるようです。

「正信・忠勝の5~6代先祖から、2つに別れて、正信・忠勝に行き着いている」

とおっしゃっていました。

本多忠純

三男・本多忠純

下野榎本藩1万石の初代藩主。

次兄「政重」と同じく「体育会系」だったと言われています。

大阪の陣で、「毛利勝永」に大敗北しています。

とても短気な性格で、家臣へ八つ当たりしたり、殺害したりを繰り返したため、家臣の一人に暗殺されてしまいます。

この跡を継いだのが次兄「政重」の息子「政遂」。

しかし「政遂」も若くして亡くなり、その子「犬千代」が継いだものの、この子も夭折。

本多忠純の家系は途絶えてしまったようです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・本多正信と本多忠勝は、遠縁

・二人は犬猿の仲だった

・正信の息子・本多正純は、宇都宮釣天井事件で失脚した

・次男の「本多政重」の子孫が、今も「石川県金沢市」にいる

以上となります。

よろしければ、こちらの記事もどうぞ。

↓↓↓↓↓

徳川信康はなぜ切腹したの?家系図からわかる井伊直虎との意外な関係」の記事はコチラ

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る