長篠の戦いでの鉄砲隊の数は少なかった?1丁のお値段を調査!

「長篠の戦い」

織田信長が3000丁の鉄砲隊で、「三段撃ち」を行い、戦国最強の「武田騎馬軍団」を打ち破ったという伝説の戦

実は「鉄砲隊」の数は、そんなに多くなかった?

鉄砲1丁のお値段は、当時おいくらだったのか?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
・長篠の戦いは、武田勝頼織田信長に大敗北した「鉄砲・三段撃ち」で有名な戦い

・しかし実際には3000丁もの鉄砲は、なかった

・鉄砲一丁、だいたい「50~60万円」くらいだったらしい


「長篠の戦い」とは?

長篠の戦いとは

1575年9月、徳川家康が治める「遠江国」「三河国」へ、武田勝頼率いる「武田軍」が侵攻し、織田・徳川連合軍が「長篠城」近くの「設楽原」で激突した戦争。

信長の活躍を記した「信長公記」では、織田軍は戦国最強と呼ばれた「武田騎馬隊」に対し、「馬防柵」と「3000丁の鉄砲」による「三段撃ち」を駆使して対抗。

武田軍は、1万もの騎馬隊と、武田信玄から仕えてきた歴戦の武将たち「山県昌景」「馬場信春」「内藤昌秀」「真田信綱」「真田昌輝」などをことごとく失い、信濃へ退却。

その後、武田家の圧力は一気にしぼみ、織田信長は長年の宿敵である「石山本願寺」に対して戦力を集中。

徳川家康も、三河国統一を成し遂げ、遠江国への侵攻を開始。

武田の没落は、結局止められず、7年後の1582年、武田勝頼は天目山で自害。

武田が滅びた3カ月後には、織田信長が「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれて死亡。

信長の後継者「豊臣秀吉」により、1590年に天下は統一されました。


武田勝頼」については、以下のリンク記事をご利用いただければ、更に理解が深まるものと存じます。

ぜひご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓

「武田勝頼の最後の場所はどこ?子孫は足利の血を継ぎ昭和まで存続!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

鉄砲隊は「3000」もいなかった?

歴史の教科書にも、「長篠の戦い」では「3000丁」の鉄砲により、武田軍は崩壊したと記されています。

しかし、実際にはそれほどの数の鉄砲は、なかったと考えられています。

信長の秘書をしていた「太田牛一」の著書「信長公記」・・・・その信長公記を書き写した「小瀬甫庵(おぜほあん)」という人の書籍「信長記」。

この「信長記」に「3000丁の鉄砲」についての記述があるのですが、実は小瀬甫庵の「信長記」・・・信憑性が低いのだそうです。

さらに、「3000丁」と記されたもう一つの資料「池田本・信長公記」、こちらにも「三千」と記されているのですが・・・「一」の数字を「三」に書き換えた形跡があるとのこと・・・。

ちなみに、一次資料と考えられている「信長公記」の著者「太田牛一」は、「1000丁」と記しています。

実は、「三段撃ち」の伝説についても、最新の研究では、「ありえない」と結論付けられています。

長篠の戦い当時は「雨」で、しかも地形は泥でぬかるんでおり、3段構えで次々と撃ち続けることは現実的に不可能。

実際には、信長は設楽原に、丸太の柵(馬防柵)と堀で即席の城「陣城」を建設。

織田・徳川連合軍は、この陣城へあらゆる手を駆使して武田軍をおびき出し、「1000丁」の鉄砲で次々と敵を討ち取った・・・・というのが、現在最も有力な説です。

鉄砲・・・当時から高級品でしたから、いくら莫大な軍資金を保有していた織田軍でも「3000」もの鉄砲を集めることは、至難だったのでしょう。


スポンサーリンク

鉄砲のお値段は?

鉄砲の値段とは、おいくらだったのでしょう?

鉄砲は、だいたい「堺の商人」によって独占されていたと言われています。

その値段は、需要が高かった戦国真っ只中の「長篠の戦い」前後は、「1丁」→「50万~60万円」ほどのお値段だったと言われています。

鉄砲を初めて手に入れた「種子島」の領主様は、この鉄砲を「1億円」近い値段で購入した・・とも言われています。

その後、堺・根来寺などで製造ラインが確立し、大量生産されて値段が落ち着いたのでしょう。

戦国時代が終わった1615年頃には、1丁10万円以下にまで値段が落ちたみたいです。

とはいえ鉄砲自体よりも、火薬の原料である「硝石(硝酸カリウム)」のほうが、入手が難しかったのです。

何といっても「硝石」は、当時の日本では製法が不明で、全て輸入に頼っていたのですから。

硝石・・・・日光が当たらない土壌から採取される代物なのですが・・・当時は安定供給など出来ない状態でした。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・長篠の戦いは、武田勝頼が敗北した戦いで、7年後に武田家は滅亡した

・長篠の戦いでは、「3000丁の鉄砲」も「三段撃ち」もなかった

・鉄砲は当時、一丁「50~60万円」くらいだったらしい。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


「長篠の戦い」について、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「長篠の戦いをわかりやすく簡単解説!戦場・場所は現在どこの県?」の記事はコチラ
「武田勝頼の首はどうなった?武田家臣・長篠の戦いで死んだ名将一覧!」の記事はコチラ
「【長篠の戦い】井伊直政は何してた?両軍の布陣図を確認してみた」の記事はコチラ
「長篠の戦いの真実と布陣を解説!実は騎馬隊も鉄砲三段撃ちもなかった」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る