足利義輝の子孫を家系図の画像でわかりやすく解説!足利家の末裔の現在

この記事では「足利義輝の子孫と家系図」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「足利義輝の子孫が、どのように続いたのか」を、カンタンに理解できます。

 

「足利義輝の子孫」は、息子「尾池義辰」を通じて、「明治維新」の頃の「西山大衛」氏まで続いているのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「足利義輝」の家系は?

名門「足利家」は、「源義家」の末裔であり、室町幕府を開いた「足利尊氏」の家系。「足利尊氏」は「義輝」の先祖に当たる。

 

2,「足利義輝」の子孫とは?

1565年】の「永禄の変」で亡くなった「足利義輝」の子孫は、息子の「尾池義辰」を通じて、明治維新をむかえた「西山大衛」氏まで続いている。

 

3,「足利家」の末裔は、今も続いているのか?

「義輝」の子孫である「西山大衛」の末裔が、今も続いていると考えられる。その他にも「喜連川家」や「平島公方家」を通じて、足利家は続いている。

「足利義輝」の家系図をご紹介

室町幕府・第13代征夷大将軍「足利義輝」の家系図をご紹介いたします。

 

《足利義輝》
「引用元ウィキペディアより」

 

足利義輝の家系図は、複雑なので、いくつかに分けて解説いたします。

 

まずは「足利義輝」と「室町幕府15代将軍」の関係を、わかりやすい家系図でご紹介いたします。

「家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

 

足利義輝は、御存知の通り、「室町幕府」を開いた武将「足利尊氏」の末裔に当たります。

 

室町幕府の13代将軍。

 

その子孫は、現在も続いていると考えられます。

 

次に、「足利義輝」の子孫について、家系図でご紹介いたします。


スポンサーリンク


足利義輝の子孫は、今も続いているのか?

次に、「足利義輝の子孫」を中心にした家系図をご紹介いたします。

 

「《足利義輝の家系図》
家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

 

義輝には、複数の子供がいました。

 

しかし、その壮絶な最期が原因なのか、子どもたちは出家して、仏門に入っています。

 

出家して俗世間から離れていたためか、義輝の子供には、子孫が繋がっていないのです。

 

ただ一人だけ、義輝の側室の子である「尾池義辰」という人物が、「義輝の子」であるという噂があります。

 

「尾池義辰」は、肥後細川家に千石取りとして仕えた武士です。

 

この「尾池義辰」の子孫である「西山大衛」という人の時代に、日本は「明治維新」をむかえています。

 

はっきりとしたことは、わかっていませんが、この「西山大衛」という方の子孫が、現在も続いていると考えられます。

 

「西山大衛」氏の息子さんのお名前は「西山直太朗」という方です。


スポンサーリンク


足利家の末裔たち!「喜連川家」と「平島公方家」

足利家は、「義輝」以外の系統から、現代まで子孫をつなげています。

 

もっとも有名なのが、「喜連川家」と「平島公方家」でしょう。

 

 

「平島公方家」とは、14代将軍「足利義栄」の弟「足利義助」の末裔にあたる一族です。

 

江戸時代には四国・阿波の蜂須賀氏に仕えていたものの、かなりの冷遇をうけて苦しんだといわれています。

 

1805年】に京都へ移り住み、明治維新をむかえます。

 

「明治維新」のあとは、京都市西京区で帰農して、平民となっています。

 

2004年】現在の当主は「足利義弘」という方。

 

元大学教授で、「全国足利氏ゆかりの会」の特別顧問をしておられます。

 

 

もう一つ、「喜連川家」という名門が、足利家の血筋を今につたえています。

 

「喜連川(きつれがわ)家」とは、「足利尊氏」の次男「足利基氏」の子孫にあたる一族です。

 

江戸時代に「喜連川藩」という藩を与えられ、名家であるため「5000石」しか持たなかったにもかかわらず、「10万石」の格式を与えられていた一族です。

 

この「喜連川家」の子孫が、「明治維新」で「足利」という名前に戻して、今も続いているのです。

 

2014年】現在の当主は、「足利浩平」という方です。

 

「足利尊氏の末裔」については、以下のリンク記事で、くわしく解説しております。

足利尊氏の家系図と子孫を調査!性格が良かったため将軍になれた?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「足利義輝」が亡くなったその後、足利家に何があったのか

1565年】、「足利義輝」が「三好三人衆」らに殺害されると、弟「足利義昭」が「織田信長」や「明智光秀」の協力を得て、兄「義輝」の仇討ちに動き始めます。

 

「義輝」が暗殺されると、弟「義昭」は、興福寺に幽閉されます。

 

それを「細川藤孝」らが救出し、越前国の大名「朝倉義景」のもとへと逃亡します。

 

「義昭」は、兄「義輝」の仇討ちのために、各地の大名に協力を要請。

 

織田信長はその要請に応えて、「義昭」をつれて京都へ進軍します。(上洛)

 

これにより、「三好三人衆」らを追い出した義昭は、15代征夷大将軍に就任。

 

しかし、信長と敵対した「足利義昭」は、【1573年】に京都から追放され、「室町幕府」は滅亡してしまいます。

 

義昭はその後も信長と徹底抗戦を続け、【1582年】には「織田信長」が「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれることとなります。

 

その後、「足利義昭」は「豊臣秀吉」につかえて、【1597年】に死去。

 

義昭には、「三人の子供」がいたと言われています。

  • 「義尋」
  • 「一色義喬」
  • 「永山義在」

の三人です。

 

義昭の子「義尋(ぎじん)」は、2人の子供をもうけたものの、その子どもたちは子孫をつなげられずに、義昭の直系は絶えてしまいます。

 

義昭のもうひとりの子「一色義喬(いっしき よしたか)」は、子孫が「会津松平家」に仕え、幕末の会津藩士「坂本義辰」という人物が「義昭の末裔」だと主張していたようです。

 

実は義昭には「永山義在(よしあり)」という、もうひとりの息子がいたという説があり、その子が「薩摩藩」で幕末まで子孫をつなげた、という説があります。

 

足利家の直系は、「義尋」で絶えたものの、足利家の血は、今も各系統で続いています。

 

「足利義輝の最期」については、以下のリンク記事で、くわしく解説しております。

『【足利義輝の最期】名刀を畳に刺して奮闘し、畳で串刺しにされた逸話』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「足利義輝」の家である「足利家」は、「源義家」の末裔であり、室町幕府を開いた「足利尊氏」の家系。「足利尊氏」は「義輝」の先祖。

 

2,【1565年】に亡くなった「足利義輝」の子孫は、息子の「尾池義辰」を通じて、「西山大衛」氏まで続いている。

 

3,「義輝」の子孫である「西山大衛」の末裔が、今も続いていると考えられる。その他にも「喜連川家」や「平島公方家」を通じて、足利家は続いている。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「足利義輝」関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

足利義輝のすべてを徹底解説!剣豪将軍の最期や愛刀・名刀を完全網羅』の記事はコチラ
足利義輝の家臣団を一覧で解説!義輝家臣には有名武将の末裔がいた! 』の記事はコチラ
足利義輝の愛刀を一覧でご紹介!義輝が使った刀剣は今どこにあるのか』の記事はコチラ
足利義輝の家紋を『画像』付きでご紹介!家紋の意味と由来も簡単解説』の記事はコチラ
「足利義輝」と「足利義昭」はどういう関係?2人が何をした人か解説』の記事はコチラ
《足利義輝》辞世の句の意味と込められた想い!剣豪将軍の壮絶な最期』の記事はコチラ
『【足利義輝の最期】名刀を畳に刺して奮闘し、畳で串刺しにされた逸話』の記事はコチラ

 

足利義昭の全てを徹底解説!織田信長・明智光秀との関係や子孫も網羅』の記事はコチラ
【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ
明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る