『やっせんぼう』の意味とは?鹿児島弁で『弱虫』又は『慰めの言葉』

西郷隆盛・・・大河ドラマ「第一話」で、島津斉彬に言われた言葉「やっせんぼう」

その言葉の意味とは?

そして、西郷隆盛は本当に「やっせんぼう」だったのか?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「やっせんぼ」とは「意気地のないヤツ」「弱虫」という意味

・「やっせんかったね」と言うと、「努力したのに、惜しくも及ばなかったですね」という感じの「慰めの意味」になる

・西郷隆盛は、幼いころから度胸がある男で「やっせんぼ」ではなかった。


「やっせんぼう」の意味とは?

大河ドラマ「西郷どん」、記念すべき第一話で、後の薩摩藩主「島津斉彬」が、幼い西郷隆盛に対して、こんなことを言いました。

「やっせんぼ」

この「やっせんぼ」とは、一体どういう意味なのでしょうか?

元々は「やっせん」という言葉で、「役に立たない」とか「認めない」という意味があるそうです。

この「やっせん」に、「人」を意味する「ぼ」をつけることで「やっせんぼ」・・・・「意気地なし」とか「弱虫」という意味になるようです。

幼い西郷隆盛は、島津斉彬が行っていた「砲撃訓練」を覗き見て、斉彬を「天狗」と勘違いします。見つかってしまった西郷は、一番小さな子を見捨てて逃げようとするわけですが・・・・その西郷に対して「やっせんぼ」・・。

「意気地なし」と・・・・言い放つ「島津斉彬」・・・2人はその後、主君と家来という関係を超えて、まるで師と弟子のような関係となるわけですが・・・。

この「やっせん」という方言には、相手を勇気づける意味もあるみたいですね。どうやら相手をけなすだけの言葉ではないみたいです。


スポンサーリンク

実は慰めの意味でも使われる?

「やっせん」という言葉は、相手を慰めるときにも使われる言葉。

「やっせんかったですね」と相手に言うと、それは「頑張っていましたけど、惜しくも及びませんでしたね」という意味になるのだそうです。

島津斉彬は、小さな西郷に「やっせんぼ」と言いましたが・・・・もしかしたらそこには「慰め」の意味があったのかもしれません。

「刀が持てなくなった」・・・と嘆く西郷に「優しく、民を守れる侍になれ」と励ました島津斉彬・・・。

後に西郷は、まさに民を守る侍へと成長するわけですが・・・・西南戦争で政府の悪政を正そうとした西郷・・・・力を尽くしたものの、残念ながら「やっせんかった」のです。


スポンサーリンク

西郷隆盛は、本当に「やっせんぼ」だった?

ドラマ「西郷どん」では、「やっせんぼう」と言われていた西郷ですが・・・史実での西郷はどうだったのでしょうか?本当に「やっせんぼ」だったのか?

実は幼いころから、かなり肝がすわった人だったようです。

豆腐のエピソード

幼いころのある日、西郷は家の手伝いで「豆腐」(水瓶という説もあり)を持って歩いていました。

そんな西郷を見つけた彼の友人。

西郷を脅かして豆腐を落とさせ、笑ってやろう・・・いたずら小僧たちは、そんな相談をしていたのです。

草むらから、西郷を脅かすために飛び出した子供達・・・。

しかし、西郷は微動だにしません。

脅かしたにも関わらず、ターゲットが驚かない・・・これでは脅かした「いたずら小僧たち」のメンツは丸つぶれ・・・。

ところが・・・西郷は優しかった!

豆腐の入った箱を地面に置き、「とってもびっくりした」と、彼らのメンツを潰さないように驚いてみせた後、何事もなかったかのように豆腐をもって去っていったのです。

西郷・・・・いたずら小僧たちに脅かされて豆腐を落とすような、そんな「やっせんぼ」ではなかったみたいですね。

まぁ、西郷が「やっせんぼ」ではないことは、その後の彼の功績をみれば明らかですけどね・・・。

薩長同盟で、長州のメンツをたてるために、自ら切り出した度量の広さ。

江戸城無血開城において、勝海舟が出した降伏条件を丸呑みしたその器のでかさ。大きさ。

とてもではないですが「やっせんぼ」だとは思えません。

小さな頃から、西郷はやさしく、そして肝がすわった人物だったのです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・「やっせんぼ」とは「意気地なし」「弱虫」という意味

・「やっせん」は、「やっせんかったですね」と言うと、慰めの言葉になる

・西郷は幼いころから、「やっせんぼ」ではなかった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました

もしよろしければ、以下のリンク記事もお役立てくださいませ

↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする