徳川四天王で最強は誰?本多正信が含まれなかった2つの理由

徳川四天王「酒井忠次」「本多忠勝」「榊原康政」「井伊直政」

彼らのなかで最強は誰?謀臣「本多正信」は、なぜ四天王に入れなかったのか?

四天王のうち、個人で最も強かったのは「本多忠勝」。采配が最も上手かったのは「井伊直政」。正信が四天王に入れなかったのは、裏切り者で嫌われ者だったから。

徳川四天王について、詳しく解説をいたします。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」へようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・徳川四天王とは「酒井忠次」「本多忠勝」「榊原康政」「井伊直政

・おそらく個人の力量で言うなら、最強は「本多忠勝」、采配力は「井伊直政」

・「本多正信」が四天王に入っていない理由は、「裏切り者」で「嫌われ者」だったから

徳川四天王のメンバー紹介

徳川四天王とは、徳川家康の天下統一を助けた「徳川家」の功臣4名。

年齢順に記してみると、「酒井忠次」を筆頭に「本多忠勝」「榊原康政」「井伊直政

本多忠勝と榊原康政は同年齢です。

酒井忠次

石川数正とともに、徳川家で最高の職にいた功臣。四天王筆頭。

元々徳川家康が、今川義元のもとに人質となるため駿府城へ移り住む際に同行した最年長者。

石川数正が、豊臣秀吉に乗り換えた後は、徳川家の家臣筆頭となりました。

「徳川(松平)信康」が、武田勝頼と内通していると、信長から詰問を受けたのが「酒井忠次」でした。

この時、酒井忠次は、満足な反論ができなかったため、信長は家康に信康を殺害するように命じたと言われています。

こういう失態から、酒井忠次は、他の3名に比べて最も領土が少ないのです。

しかし「信康事件」の真相について今のところは、家康が信康の謀反に怒り切腹させたという説が有力ですので、酒井忠次の失態も創作である可能性があります。

おそらくですが、領地が少ないのは、「急激に大きくなった徳川家の家臣を増やすために、新しい家来が集まりやすくなるように、新参者に大量の領地を与えなくてはならなくなった」という事情があったのでしょう。


スポンサーリンク


本多忠勝

天下三名槍の一つ「蜻蛉切」を振り回して戦う豪傑。

生涯57回の戦争で、かすり傷一つ負わなかった豪傑。

亡くなる数日前に小刀で手を切り、終わりを悟ったと言います。

信長からは「花も実もある武将」と呼ばれ、秀吉からは「東の本多忠勝・西の立花宗茂」と呼ばれた男。

真田信之の妻「稲姫」の父であり、関ヶ原の戦いで敗北した「真田幸村」の助命を家康に願い出た人物。

豪槍を振り回しての打ち合いを好んだ、典型的な体育会系だったようです。

榊原康政

個人の力量は本多忠勝に及ばないものの、軍を自在に操る術は忠勝より上、井伊直政に劣らないと言われていました。

関ヶ原の戦いで、遅刻した徳川秀忠の側近を務めていました。

激怒した家康に「真田を攻めろといったのは、家康であり、秀忠に落ち度はない」と、強行に説得。

それを聞き入れた家康は、秀忠を許したと言われています。

その後、関ヶ原の戦いで大手柄を挙げていた「本多忠勝」「井伊直政」と一緒に酒を飲んだ際、二人からこう言われたそうです。

「今回の戦い・・我ら3名のなかで、最大の功労者は『榊原康政』だ。

家康への進言がなかったら、家康と秀忠で、徳川家は真っ二つになっていただろう。

お見事だった」

と言ったそうです。

関ヶ原の戦い本戦に間に合わなかった康政への、忠勝と直政の慰めの言葉だったのかもしれません。


スポンサーリンク


井伊直政

「井伊の赤鬼」・・・武田の名将「飯富虎昌」「山県昌景」の兄弟から、「赤備え」を受け継いだ「井伊直政」

井伊直虎に養育され、その苛烈な性格から、家来たちも恐れた猛将。

四天王の中で最も新参ながら、圧倒的な武力と気合で、次々と仕事をこなし、家康が最も信頼する家来に成長。

「小田原城攻め」では、22万の豊臣軍のなかで、唯一「天下の堅城・小田原城内」へ攻め入った猛将。

家康の四男「松平忠吉」を娘婿にし、指南役も務めたと言われています。

関ヶ原の戦いでは、猛将・福島正則を出し抜いて先陣を務め、戦後に敵大将「石田三成」の本拠地「佐和山城」の城主に。

常に軽装だったが無傷だった「本多忠勝」に比べて、常に重装備だったにも関わらず傷だらけだったと言われています。

関ヶ原の戦いで島津軍から受けた鉄砲傷が元で1602年に死亡。

享年42歳。

井伊家は後に「彦根30万石」に転封。徳川家譜代大名の中で最大の所領を得るに至りました。


スポンサーリンク


四天王最強は誰?

最強は誰だったのか?

個々の戦闘能力で言えば、「本多忠勝」で間違いないでしょう。

何と言っても「蜻蛉切」という重装備を軽々使いこなし、船のオールを振り回したら、「葦」が切り取られてしまった・・・というほどの豪傑。

ちなみに息子の本多忠政がオールを振り回してみたら、葦はなぎ倒された・・・と言われています。

そんな忠勝も、どうやら「軍の采配」では「榊原康政」や「井伊直政」には敵わなかったみたいですね。

「武備神木抄」という書には

「部隊の指揮能力について本多忠勝は、榊原康政や井伊直政には及ばない」

と書かれています。

戦功の多さからいえば、井伊直政のほうが、榊原康政よりも上なのではないでしょうか。

「人斬り兵部」「井伊の赤鬼」と呼ばれた井伊直政。

兵の采配能力が高く、四天王の中でもずば抜けていたからこそ、最も新参であるにもかかわらず、最大の譜代大名になれたのです。


スポンサーリンク


なぜ本多正信は含まれなかったのか?

徳川家には、主にあと3名の功臣がいます。

「鳥居元忠」「石川数正」「本多正信」

「鳥居元忠」は、関ヶ原の戦いの前哨戦「伏見城の戦い」で、捨て駒となって戦死した功臣。

しかし四天王に比べるとちょっと見劣りしてしまいますので、四天王には数えられていません。

「石川数正」は、武闘派の徳川家において、かなりの切れ者だったと言われています。

「小牧・長久手の戦い」の後、秀吉と家康の間を取り持つ外交担当でありましたが、徳川家の家来たちから「裏切り」を疑われて家出し、豊臣家へ鞍替え。

裏切り者呼ばわりされたので四天王には入れず。

最後は「本多正信」

なぜ「知恵者」と呼ばれた「本多正信」は、四天王に入れなかったのでしょうか?


スポンサーリンク


本多正信は裏切り者?

実は本多正信・・徳川家の中でもかなりの嫌われ者。

本多忠勝からは

「同じ本多姓だが、俺はあいつとは無関係だ(二人は遠縁)」

「佐渡守(正信)は腰抜けだ」

と嫌われ、他の家来たちからもかなり辛辣な評価をされていたようです。

なぜか?

実はその理由は2つありました。

1つは本多正信が、体育会系の「三河家臣団」の中で、石川数正と並んで「頭脳派」であったため。

そのため「ずる賢いやつ」と思われていたようです。

戦国の梟雄「松永久秀」は

「徳川の侍はみんな武勇のみの連中だ。

だが一人だけ、本多正信だけは、剛でもなく柔でもなく卑でもない・・・・・大きな器の男だ」

と言っていました。

もう一つの理由が、徳川家を一度裏切った人間だったから。

本多正信は、最初は鷹匠として家康に仕えていましたが、その後「三河一向一揆」の際に、「浄土真(一向)宗」を信仰していた理由から、徳川家を家出して一向一揆に協力。

その後は「松永久秀」に仕え、後に諸国を歴遊。

1570年、又は1582年頃、徳川家への帰参がかなったと言われています。

「嫌われ者」だったということと、「出戻り」だったことが「四天王」に組み込まれなかった理由でしょう。

彼は戦で「足」を悪くしており、そのため戦争に出陣できなかったそうですから、それも「四天王」に入れなかった理由かもしれません。

嫌われた正信の末路

正信は、周囲から嫌われていたことを知っていました。

その為、彼の領地は「2万2000石」と、極端に少なかったですが、それ以上は受け取ろうとしなかったそうです。

正信は死の間際に息子・正純へ

「3万石以上の褒美は受け取るな」

と言ったのだそうです。

1616年、家康の後を追うように亡くなりました。

息子「正純」は、父に似た切れ者でしたが、父の教えを破って15万石を拝領。

その後、将軍「秀忠」を暗殺しようとした、とする「宇都宮吊り天井事件」なる濡れ衣を着せられて失脚。

父の戒めをきかなかった息子・正純と本多家は、脆くも崩れたのでした。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・徳川四天王とは、酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政の4名の功臣のこと

・おそらく最強は「井伊直政」。個人の武力では「本多忠勝」

・本多正信が四天王に入れなかったのは、「嫌われ者」で「出戻り」だったから

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る