足利義昭の家紋【二つ引両】を画像つき解説!壮絶な生涯と最期とは?

皆さんは「足利義昭の家紋」と「生涯」について、ご存知でしょうか?

「足利義昭」が使用した「家紋」が、どのようなものなのか、くわしく知っておられる方は少ないようです。

この記事では「足利義昭の生涯」と「義昭が使用していた家紋の画像と解説」とを、わかりやすく解説しております。

「足利義昭」について何もご存じない方も、大丈夫です。

これを読めば「足利義昭がどういう人物なのか」その概要が、簡単に理解できます。

「義昭の家紋」も、貼り付けておきました。

この記事を呼んで、「足利義昭」についての疑問を、スッキリと解消していただければ、これほど嬉しいことはございません。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

1,「足利義昭」の家紋とは、どのようなものか?

「足利義昭」が使用していた家紋は、「二つ引両(ふたつひきりょう)」というもの。足利家は代々、この「二つ引両」の家紋を使用していた。

 

2,「足利義昭」とは、いったい何者なのか?

足利義昭(あしかが よしあき)とは、「足利尊氏」の末裔で、「室町幕府」の第15代・征夷大将軍。「室町幕府」最後の征夷大将軍を務めた人物。

 

3,「足利義昭」の最期とは、どのようなものだったのか?

「足利義昭」は、「織田信長」に追放されて「室町幕府」を滅ぼされたあと、「豊臣秀吉」の部下となり、「朝鮮出兵」のため「肥前・名護屋城」へ出陣。その出陣で無理をしたためか、【1597年】に大坂で病死している。

足利義昭の家紋「二つ引両」の画像と由来

「足利義昭の家紋」は、「二つ引両(ふたつひきりょう)」というものです。

「二つ引両」は、「引両紋(ひきりょうもん)」と呼ばれる家紋の一つ。

《丸の内に二つ引両》
「引用元ウィキペディアより」

諸説あるものの、この「二つ引両」の家紋の由来は、かつて総大将が陣を置いた場所を幕で囲っていた際に、その「陣幕」を図形化したものといわれています。

また別の説によると、この「二つ引両」の2つの横線は、「龍」を表しているのだとか。(「二つ引両」の「両」の文字は「龍」を意味しています)

この家紋は、「足利氏」が代々使用してきた家紋です。

「義昭」の先祖である初代・征夷大将軍「足利尊氏」も、この「二つ引両」の紋を使用していました。

「足利氏」は、この「二つ引両」の家紋の使用許可を、ご褒美のようにして与えていたのです。

例えば「今川義元」で有名な「今川家」は、この「二つ引両」の使用を許可されていました。(今川家は足利家の親戚にあたります)

「忠臣蔵」で有名な悪役「吉良上野介」も、「二つ引両」の家紋を使用していました。(吉良家も足利家の親戚です)


スポンサーリンク


余談ですが、「今川焼き」という焼き菓子は、この「二つ引両」の家紋が由来だという説があるのです。「今川」というネーミングは、「今川家」が使っていたこの「二つ引両」の家紋に形が似ていたからなのだとか。(諸説あります)

「引両紋」には数多くのバリエーションがあり、横線が「一本」のものや「三本」のものなどがあります。

《一つ引両》
「引用元ウィキペディアより」

 

《三つ引両》
「引用元ウィキペディアより」

バリエーションはこれだけではなく、線が1本から7本まであり、外枠がなかったり、外枠が四角だったり、線が縦線だったり・・・。

「引両紋」には、数多くの種類が存在しているのです。

 

「家紋」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

『今川義元の家紋を画像つき解説!義元は「汚れ落とし」を家紋にした』の記事はコチラ
今川義元と今川焼きは何か関係あるの?その名は「橋」に由来していた』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「足利義昭」の生涯!兄「足利義輝」の暗殺と「明智光秀」との出会い

足利義昭」は、戦国時代に活躍した武将です。

1573年】、初代征夷大将軍「足利尊氏」が開いた「室町幕府」が、「織田信長」によって滅亡に追い込まれました。

その「室町幕府」最後の征夷大将軍が「足利義昭」です。

《足利義昭》
「引用元ウィキペディアより」

足利義昭は当初、奈良の興福寺というお寺で出家していました。

当時の風習で「家督を兄弟で争い、殺し合う」というリスクを抑えるために、長男を残して他の男児は出家または他家へ養子に出されていたのです。

当初「足利義昭」は、「征夷大将軍」になどなれない立場でした。

ところが、その平穏な運命が突如として転がり初めます。

1565年】、「永禄の変」と呼ばれるクーデターが勃発。

13代征夷大将軍「足利義輝」が暗殺されたのです。

《足利義輝》
「引用元ウィキペディアより」

「足利義輝」を暗殺した主要人物は、以下の5名。

  • 「三好義継」
  • 「松永久通」
  • 「三好長逸(ながやす)
  • 「三好政康」
  • 「岩成友通(いわなり ともみち)

「足利義輝」は、「足利義昭」の実の兄なのです。

 

「足利義輝」と「義昭」の関係について、詳しくは以下のリンク記事をどうぞ

『「足利義輝」と「足利義昭」はどういう関係?2人が何をした人か解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


興福寺にいた「義昭」は、三好軍によって幽閉されます。

兄「義輝」の部下「細川藤孝」や「一色藤長」によって救出された義昭は、越前国へ逃亡。

そして「越前国(福井県)」の戦国大名「朝倉義景」によって保護されるのです。

この「朝倉義景」に、あの「明智光秀」が仕えていました。

「足利義昭」は越前国で、「明智光秀」と出会うのです。

《明智光秀》
「引用元ウィキペディアより」

 

「足利義昭」について、よろしければ以下のリンク記事をお役立てくださいませ

『足利義昭の全てを徹底解説!織田信長・明智光秀との関係や子孫も網羅』の記事はコチラ
『【足利義昭の子孫】を家系図で解説!義昭の末裔は今現在どこにいる?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


御父「織田信長」とともに上洛開始

越前国で穏やかに生活していた「足利義昭」は、兄「義輝」のカタキを討ちたいと願い続けていました。

義輝が暗殺されたあと、「義輝・義昭」兄弟のいとこ「足利義栄」が「室町幕府14代征夷大将軍」になると噂されていました。

自らの軍団をまったく持たない義昭は、兄のカタキを討つため、越前国の戦国大名「朝倉義景」に協力を要請。

《朝倉義景》
「引用元ウィキペディアより」

しかし「朝倉義景」は、反乱軍(一向宗)に苦しんでいたため、その協力要請を拒絶。

そんなとき「明智光秀」が「足利義昭」に対して、ひとつのアドバイスをします。

「尾張国の武将【織田信長】を頼りなさい」


スポンサーリンク


この「明智光秀」のアドバイスを受け入れた「足利義昭」は、「明智光秀」を使者にして、「織田信長」に協力を要請。

信長の妻「帰蝶(濃姫)」のいとこだった「明智光秀」の協力要請を、信長は受け入れます。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

1568年】、「織田信長」は「足利義昭」と「明智光秀」を連れて、6万の大軍団で京都へ進軍(上洛・じょうらく)。

「三好義継」と「松永久秀・久通」親子は、「信長」に降伏。

「三好長逸・三好政康・岩成友通」ら「三好三人衆」は、信長に敗退し逃亡。

義昭は、信長の協力によって、兄の敵討ちに成功したのです。

そしてついに「室町幕府・第15代・征夷大将軍」に就任します。

義昭は「織田信長」の協力に感謝していました。信長のことを「御父(おんちち)」、つまり「父親」と呼んだほどです。

これが「室町幕府」崩壊の始まりだったのです。

 

「織田信長」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

『【織田信長とは】について小学生向けに詳しく解説!信長は何をした人?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「征夷大将軍」に就任!しかし政治の才能ゼロ

1568年】、宿敵だった14代将軍「足利義栄」から将軍の位を奪うようにして、「足利義昭」が「第15代・征夷大将軍」に就任しました。

「征夷大将軍」は、「武士の棟梁(トップ)」。天皇から「政治を行う権限」を与えられた存在でした。

ところが「足利義昭」は政治家としての能力が、極めて低い人物だったのです。

ある日、足利義昭の邸宅前に「9枚の割れた貝殻」が置かれていました。

意味不明なこのいたずらを耳にした「織田信長」は、笑って言いました。

「それはな、『足利義昭には政治家としての能力が皆無である』という意味である」

義昭は、勝手に税金を免除したり、功績のある家来に褒美を与えなかったりと、とにかく政治家としての能力が低い人物だったのです。

 

「征夷大将軍」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

征夷大将軍と関白の違いを簡単に解説!秀吉が関白を選んだ理由とは?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「織田信長」との決別と「武田信玄」の襲来!

「足利義昭」のあまりの無能ぶりに、信長は激怒。

「なにかを行うときは、必ず織田信長の同意を得ること」

部下であるはずの「織田信長」から、そんな条件をつけられるほどに、「足利義昭」の政治は、自分勝手なものだったのです。

「ほっといたら何をやらかすかわからない」と思われていたということです。

武田信玄」をご存知でしょうか?

戦国最強と呼ばれた名将ですが、ついにこの「武田信玄」が動き出します。

《武田信玄》
「引用元ウィキペディアより」

自分の好きなように政治をさせてくれない「織田信長」に対して、「足利義昭」は恨みを募らせます。

しかし、身分は「足利義昭」のほうが上でも、持っている軍事力は「織田信長」のほうが圧倒的に上。

まともに「織田信長」と戦ったら、「足利義昭」に勝ち目はありません。

そこで「義昭」は、「信長」がもっとも恐れていた戦国最強の猛将「武田信玄」を味方につけます。


スポンサーリンク


「義昭」から頼まれた「武田信玄」は、3万の軍団を率いて「織田信長」に戦いを挑みます。

1573年】、「織田信長」の盟友「徳川家康」を「三方ヶ原の戦い」で撃破した「武田信玄」は、信長の本拠地「岐阜城」に向けて進軍。

《徳川家康》
「引用元ウィキペディアより」

信長は「武田信玄」に追いつめられ、絶体絶命のピンチを迎えるのです。

 

「武田信玄」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

武田信玄・最強説を考察!ライバル・上杉謙信とどっちが強い?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「槇島城の戦い」と「室町幕府の滅亡」

「武田信玄」が「徳川家康」を撃破し、織田軍を攻撃し始めたことを知った「義昭」は、自らも挙兵し、信長に戦いを挑みます。

「義昭・信玄」に追いつめられた「織田信長」ですが、幸運が舞い降ります。

1573年】、「打倒・信長」まであと一歩のところで、「武田信玄」が病死したのです。

信玄とタイミングを合わせて挙兵した「足利義昭」は、「信玄」という頼りを失い、京都に近い「槇島城の戦い」で、「織田信長」に大敗

「義昭」は京都から追放され、中国地方の戦国大名「毛利輝元」を頼ることとなるのです。

「室町幕府」は【1336年】に、「義昭」の先祖「足利尊氏」が開いたもの。

「足利尊氏」は、恩人であり宿敵でもあった「後醍醐天皇」の「建武の新政」という政治を打倒して「室町幕府」を開いたのです。

《足利尊氏》
「引用元ウィキペディアより」

237年間】も続いた「室町幕府」は、15代目の征夷大将軍「足利義昭」の代で、「織田信長」によって滅亡に追い込まれたのです。

 

「足利尊氏」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

足利尊氏の家系図と子孫を調査!性格が良かったため将軍になれた?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「本能寺の変」と「織田信長」の死

京都から追放された「足利義昭」でしたが、「毛利輝元」の協力を得て、「織田信長」と戦い続けました。

「室町幕府」が滅亡した9年後の1582年】、「織田信長」は突然亡くなります。

本能寺の変」です。

《本能寺の変》
「引用元ウィキペディアより」

「足利義昭」の元部下で、「信長」がもっとも信頼していた重臣「明智光秀」が、突如「信長」を裏切ったのです。

「明智光秀」は、「信長」を討って「義昭」を京都へ迎えようとした、ともいわれています。

そんな「光秀」は、「信長」が亡くなってから、わずか11日後に、命を落とします。

光秀は、同じく信長の重臣だった「羽柴秀吉」に「山崎の戦い」で討ち果たされてしまったのです。

ちなみに「本能寺の変」の黒幕は「足利義昭」という説がありますが、近年の研究によると「義昭・黒幕説」は「可能性が低い」と考えられています。

 

「本能寺の変」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


織田信長の死から「足利義昭の最期」まで

1582年】、「織田信長」が「本能寺の変」で亡くなったあと、天下は「豊臣秀吉」に支配されることとなります。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

この頃の「義昭」は、武士の棟梁たる「征夷大将軍」でしたが、なんの力も持たない存在となっていました。

「豊臣秀吉」は、そんな落ちぶれた「義昭」に、槇島1万石という小さな領地を与えて部下とします。

1588年】、実権も何もかもを失っていた「義昭」は、武士のトップに位置する「征夷大将軍」という称号を朝廷に返還しています。

朝鮮出兵」をご存知でしょうか?

1590年】に「小田原城」の「北条氏政」を滅ぼしたことで、「豊臣秀吉」は天下統一に成功。

その2年後の【1592年】に、「豊臣秀吉」は朝鮮半島への侵略戦争を開始したのです。

これが「朝鮮出兵」です。


スポンサーリンク


このとき「足利義昭」は、高齢であったにもかかわらず「豊臣秀吉」から頼まれて、「肥前・名護屋城」へ出陣。

それが原因で体調を崩したのか、「足利義昭」は【1597年】に腫物が原因で死去。享年61歳(満年齢59歳)

「豊臣秀吉」は、この翌年の【1598年】に死去。

1600年】の「関ヶ原の戦い」で勝利した「徳川家康」は、【1603年】に「征夷大将軍」に任命されて「江戸幕府」を開きます。

1868年】、「西郷隆盛」が「江戸城無血開城」を実現し「江戸幕府」が滅びるまで、【268年】ものあいだ、日本は平和な時代を続けることとなるのです。

 

「豊臣秀吉」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

『豊臣秀吉の功績とは?秀吉が成したこと・業績をわかりやすく簡単解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「足利義昭」の家紋とは、どのようなものか?

「足利義昭」が使用していた家紋は、「二つ引両(ふたつひきりょう)」というもの。足利家は代々、この「二つ引両」の家紋を使用していた。

 

2,「足利義昭」とは、いったい何者なのか?

足利義昭(あしかが よしあき)とは、「足利尊氏」の末裔で、「室町幕府」の第15代・征夷大将軍。「室町幕府」最後の征夷大将軍を務めた人物。

 

3,「足利義昭」の最期とは、どのようなものだったのか?

「足利義昭」は、「織田信長」に追放されて「室町幕府」を滅ぼされたあと、「豊臣秀吉」の部下となり、「朝鮮出兵」のため「肥前・名護屋城」へ出陣。その出陣で無理をしたためか、【1597年】に大坂で病死している。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「足利義昭」関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

『【足利義昭の子孫】を家系図で解説!義昭の末裔は今現在どこにいる?』の記事はコチラ
『足利義昭の全てを徹底解説!織田信長・明智光秀との関係や子孫も網羅』の記事はコチラ
『足利義輝のすべてを徹底解説!剣豪将軍の最期や愛刀・名刀を完全網羅』の記事はコチラ
『足利尊氏の家系図と子孫を調査!性格が良かったため将軍になれた?』の記事はコチラ
室町幕府を開いた人は誰?そして滅ぼした人は誰なのかカンタン解説』の記事はコチラ
『足利義輝の子孫を家系図の画像でわかりやすく解説!足利家の末裔の現在』の記事はコチラ

 

【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ
明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る