豊臣秀吉の功績とは?秀吉が成したこと・業績をわかりやすく簡単解説

この記事では「豊臣秀吉の功績」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「豊臣秀吉がしたこと」を、カンタンに理解できます。

 

「豊臣秀吉」とは「100年以上も続いた内戦・戦乱」を終わらせて「天下統一」を成し遂げた人物なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「豊臣秀吉」とは、何をした人なのか?

「戦国時代」に「天下統一」を成し遂げ、「100年」以上も続く内戦・戦乱を終わらせた人物

 

2,そもそも「秀吉」とは、どこの誰なのか?

「豊臣秀吉」とは、現在の愛知県西部(尾張国)に生まれた百姓。「織田信長」の部下として数々の業績を残した名将だった。

 

3,「秀吉」は「織田信長」の部下として、どんな「業績」を残したのか?

「墨俣一夜城」、「金ヶ崎の退き口」、「中国地方の攻略」、「備中高松城の水攻め」、「中国大返し」などの「業績」を残した

豊臣秀吉の歴史的な功績を「ひとこと」で解説

「豊臣秀吉」とは、100年以上も内戦が続いた「戦国」という時代を、「天下統一」することによって終わらせた戦国武将です。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

歴史の教科書などに登場する「豊臣秀吉」の功績を、「ひとこと」でいってしまうと

「天下統一を成し遂げた人物」

と言うことができます。


1467年】、「応仁の乱」と呼ばれる大規模な「内乱」が「京都」で起こりました。

それ以降、日本では「戦国大名」または「戦国武将」と呼ばれる人たちが、それぞれの軍団をひきいて、各地で戦争を繰り返すという、いわゆる「戦乱・内戦」の時代が始まるのです。

秀吉は、そんな「戦国時代」に「尾張国(愛知県西部)」に誕生しました。

百姓という低い身分から出世を続けて、【1590年】に「天下統一」を達成するのです。

1467年】から始まった「戦国時代」は、【123年後】の【1590年】、「豊臣秀吉」の手によってようやく終結したわけです。

「戦国時代」と呼ばれる【123年間】の時代を終わらせた「豊臣秀吉の功績」。

それはまさに「時代を変えた」といえる偉業なのです。


「豊臣秀吉の天下統一までの道のり」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ


スポンサーリンク

そもそも「豊臣秀吉」とは、何者なのか?

「豊臣秀吉」とは、もともとは「尾張国・中村」という村で生まれた「百姓」、つまり「農民」でした。
(秀吉の父親「木下弥右衛門」が、半農半兵だったため、「農民」と一概には言えず、武士とも言える身分だった)

若い頃の名前は「藤吉郎(とうきちろう)」。


若かりし「藤吉郎」こと「豊臣秀吉」は、自らの故郷・尾張国を支配していた戦国大名「織田信長」に部下として仕(つか)えます。

秀吉は「織田信長」のもとで、名将「明智光秀」と手柄を競いながら、戦い続けます。

そして信長の「天下統一」を支えながら、織田家で出世を繰り返していくのです。

秀吉の出世速度は凄まじく、ライバル「明智光秀」に次ぐものでした。

出世した秀吉は「織田家」という巨大組織の中で、「明智光秀」や「柴田勝家」などの名将・猛将と並ぶほどの身分を手に入れたのです。

1582年6月】、主君であった「織田信長」が、秀吉の同僚「明智光秀」に「本能寺の変」で討たれてしまいます。

秀吉は、誰よりも先に「明智光秀」を滅ぼし、「織田信長」を仇討ちに成功します。

この功績によって、「秀吉」は「織田信長の後継者」としての地位を確かなものとします。

そして秀吉は、信長の死から8年が経過した【1590年】、主君「信長」が夢見ていた「天下統一」に成功したのです。


「豊臣秀吉の子孫」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の末裔・子孫は現在タレント?茶々の血を引く有名人って誰だ」の記事はコチラ


スポンサーリンク

秀吉が「織田信長」の部下として成したこととは!織田家で、どんな「業績」を残したの?

「豊臣秀吉」という武将の功績は「天下統一」だと申しましたが、その他にも数々の功績を残しています。

豊臣秀吉といえば「創意工夫の達人」として知られています。

秀吉は、とにかく働き者で、とにかく頭を使って結果を出す人として、後世にその名をとどろかせていますね。


織田信長の部下として「秀吉」が残した「業績」を、一覧で、カンタンに解説いたします。

  • 「織田信長の草履取り(靴の管理係)であった秀吉は、寒い冬の最中、信長の草履をふところに入れて温め、信長を喜ばせた」
  • 「崩壊していた清州城の城壁を、わずか3日で修理することに成功した」
  • 「美濃国・墨俣(すのまた)という場所に、わずか一日で城を築いた(墨俣一夜城)」
  • 「美濃国・斎藤家につかえていた天才軍師《竹中半兵衛重治》を説得し、味方に引き入れることに成功した」
  • 「越前国・金ヶ崎城からの撤退戦で最後尾の軍団(殿・しんがり)を指揮し、主君・織田信長を守り通した(金ヶ崎の退き口)」
  • 「中国地方の覇者・毛利輝元を相手とする《中国地方・方面軍司令官》となり、播磨・因幡・但馬・美作・備前などの国を攻め落とした(中国攻め)」
  • 「毛利家の領地であった備中高松城を水攻めで攻め落とした(備中高松城の水攻め)」
  • 「中国大返し」と呼ばれる猛スピードでの進軍を成功させ、「山崎の戦い」で信長の仇である「明智光秀」を討ち果たした。

「織田信長」が亡くなった後、秀吉は独立し、「天下人」つまり「日本の支配者」として、数々の業績を叩き出しています。

  • 「刀狩り」をすることによって、武士と農民の身分をハッキリと区別した
  • 「太閤検地」と呼ばれる「土地の生産力調査」によって、日本の生産力を調査し、明確にした
  • 「惣無事令(そうぶじれい)」という、戦国大名同士の戦争を禁止することによって、平和を目指した
  • 「四国征伐」「紀州征伐」「九州征伐」「小田原征伐」「奥州仕置」などを経て、「天下統一」に成功し、【123年】も続いた内戦を終わらせた
  • 「朝鮮出兵」をすることによって、「スペイン」や「ポルトガル」からの侵略を阻止しようとした(朝鮮出兵の目的については諸説あり)

豊臣秀吉が残した功績は、数しれないものがあります。

小説「太閤記」では、「豊臣秀吉」は心優しい英雄として描かれています。

しかし実際のところ、「豊臣秀吉」は主君「織田信長」が残した「織田家」という巨大組織を乗っ取った人物でもあるのです。


「朝鮮出兵」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【豊臣秀吉】朝鮮出兵の理由を簡単解説!結果は失敗どころか大成功だった」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「織田信長」が死んだあとの秀吉!「織田家」を乗っ取り、信長の息子を死なせていた

実は「豊臣秀吉」、「織田信長」が亡くなったあと、結構ひどいことをやっています。

主君「信長」の息子「織田信孝」を死に追いやり、「織田家」という巨大な領地をもつ組織を乗っ取っているのです。

史実における秀吉は、「忠臣」または「心優しい人物」であるとは、けっして言えません。


1582年】、「織田信長」が「本能寺の変」で亡くなると、「清須会議」と呼ばれる「信長の後継者を決める会議」が開かれます。

このとき、秀吉は「信長」の孫である「三法師」という3歳の子供を指名したのです。

秀吉のライバル「柴田勝家」は、信長の三男「織田信孝」を推薦しました。

しかし、「明智光秀」を討って信長の仇討ちに成功していた秀吉は、その功績の大きさから、強大な発言権を持っていたのです。

結果として、秀吉が推した「三法師」が「織田信長の後継者」に決定します。

すると「柴田勝家」と「織田信孝」は、この決定を不服として、「秀吉」に戦いを挑むことになるのです。

その戦いというのが、【1583年】に起こった「賤ヶ岳(しずがたけ)の戦い」です。

この戦いは
「織田家を乗っ取ろうとする秀吉の一派」

「織田家を守ろうとする柴田勝家の一派」
の戦いでした。

つまり、「織田家という巨大組織を真っ二つにした戦い」だったわけです。

結果として「秀吉」が勝利し、「柴田勝家」は自害し亡くなります。(このとき、柴田勝家の後妻だった織田信長の妹「お市の方」も一緒に自害して亡くなっている)

「織田信長」の息子である「織田信孝」も、秀吉に「怨念の言葉」を残して自害します。

こうして秀吉は、「織田家」を完全に乗っ取ることに成功。

「織田信長」の後継者であったはずの「三法師(織田秀信)」も、いつの間にやら秀吉の部下に成り下がり、力を削ぎ落とされてしまいました。(「三法師」こと「織田秀信」は、【1600年】の「関ヶ原の戦い」で「石田三成」に味方して敗北。領地を没収されて、失意のうちに病死した)

小説やドラマなどで、「豊臣秀吉」は主君「織田信長」に忠節を尽くした忠臣、として描かれています。

しかし実際には、全く違います。

信長の死後、その支配地域を乗っ取り、信長の三男「信孝」を死なせ、次男「織田信雄」や孫「三法師」を没落させた人物なのです。

当時は、実力あるものが支配者となる「力こそ正義」の時代でした。

力ある「豊臣秀吉」が天下を奪い取るのは、当時としては当然のことであったといえるでしょう。

しかし、秀吉は「小説」や「ドラマ」で描かれるような「善人」とは、とても言いがたい人物であると、筆者は考えています。


「本能寺の変」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「豊臣秀吉」とは、「100年」以上も続く内戦・戦乱の時代である「戦国時代」に「天下統一」を成し遂げ、戦乱を終わらせた人物

 

2,「豊臣秀吉」とは、現在の愛知県西部(尾張国)に生まれた百姓。「織田信長」の部下として数々の業績を残した武将だった。

 

3,「秀吉」は「織田信長」の部下として、「墨俣一夜城」、「金ヶ崎の退き口」、「中国地方の攻略」、「備中高松城の水攻め」、「中国大返し」などの「業績」を残した

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

「豊臣秀吉」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「豊臣秀吉の辞世の句を超カンタン解説!秀吉最後の言葉と17年後の滅亡」の記事はコチラ
「【豊臣秀吉】朝鮮出兵の理由を簡単解説!結果は失敗どころか大成功だった」の記事はコチラ
「豊臣秀吉が朝鮮出兵した理由を考察!結果は大失敗だったのか?」の記事はコチラ
「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ
「豊臣秀吉の末裔・子孫は現在タレント?茶々の血を引く有名人って誰だ」の記事はコチラ
「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ
「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ
征夷大将軍と関白の違いを簡単に解説!秀吉が関白を選んだ理由とは?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る