豊臣秀吉が大阪城を建てた理由!織田信長と徳川家康の2人に関係していた

この記事では「豊臣秀吉が大阪城を建てた理由」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「秀吉が、なぜ大阪城をつくったのか」を、カンタンに理解できます。

 

「秀吉」は「西日本侵略のため」と「息子・秀頼を守るため」に、大阪城をつくったのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「豊臣秀吉」が「大阪城(大坂城)」を築城した理由とは?

一つが「織田信長の構想をマネして、西日本侵略の拠点とするため」。もう一つが「息子・豊臣秀頼徳川家康から守るため」

 

2,「織田信長」は「大阪城」を作る予定だったのか?

「信長」は、「大阪」という地をとても評価しており、この地に拠点を置いていた「石山本願寺」を10年かけて追い出し、城を作るつもりだった

 

3,「大阪城」は「徳川家康」と戦うためのものだったのか?

「秀吉」は、自らの死後、息子「豊臣秀頼」をライバル「徳川家康」から守るために、拡大工事を続け、大阪城を「難攻不落の要塞」につくりあげた

「豊臣秀吉」が大阪城(大坂城)を築城した「2つの理由」

豊臣秀吉が大阪城(大坂城)を作った理由は、2つあると考えられます。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

  1. 西日本へ攻め込んで制圧するために、「大阪」という場所は、とても便利だったため。
  2. 秀吉の息子「豊臣秀頼」を、「徳川家康」から守るため

秀吉は、主君「織田信長」が「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれた翌年の【1583年】に「大阪城」を築城しはじめます。

そして【1585年】に一応「竣工(完成)」します。

秀吉は、この「大阪城」を「西日本への侵略」の拠点として使用し始めます。

1585年】、秀吉は「四国征伐」を開始し、四国を統一していた大名「長宗我部元親」を降伏させます。

1587年】、今度は「九州征伐」を開始し、「島津義久」を降伏させて九州をも征服しています。

「四国」と「九州」を制圧したことで、秀吉の「西日本の攻略」は終わりました。

大阪城は、これら「四国」と「九州」を平定するための、重要な「軍事基地」だったのです。

大阪城はその後も、【1598年】に秀吉が亡くなるまで、工事をし続けて拡大を続けたのでした。

なぜ、「西日本」を平定した後も、工事が続けられたのか?

その理由は、秀吉の息子「豊臣秀頼」を、部下でありライバルでもあった実力者「徳川家康」から守るためであったと考えられます。


「大阪城」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「大阪城を作った人は誰?江戸時代の歴代城主もわかりやすく解説」の記事はコチラ


スポンサーリンク

織田信長も「大阪城(大坂城)」を築城する予定だった

滋賀県の「安土城」を居城としていたことで有名な「織田信長」ですが、実は信長も「大阪城」をつくろうとしていたのです。

豊臣秀吉が「大阪城」を作った理由は、「織田信長」が持っていた「大阪城の築城構想」を、そのままマネしたからでもあるのです。


「大阪城」が建てられている場所には、昔「石山本願寺」という、「一向宗」と呼ばれる宗教勢力の拠点がありました。

信長は「石山本願寺(大阪城)」という場所が、「瀬戸内海」につながる巨大な港に接していたことに目をつけます。

当時の日本には、当然ながら「鉄道」も無ければ「飛行機」もありません。

自動で動いてくれる輸送用の乗り物といえば、「船」しかなかったのです。

「石山本願寺(大阪)」は、西日本と、日本の中心である「京都」を結ぶ「瀬戸内海」に面していたため、大阪城を拠点とすれば、「瀬戸内海」に船を出して、大量の「兵士」と「食料や武器」などの「物資」を送り込むことができたのです。

つまり「大阪城」は、「西日本を攻撃するために、最適な軍事拠点だった」ということです。

さらに「大阪」は、船で「淀川」をつかえば「琵琶湖」や「京都」へ楽に移動できます。

それだけでなく、南には「堺」という日本最大の商業都市があったため、とても便利でした。

織田信長は、「石山本願寺」のトップだった「本願寺顕如」に、「石山本願寺」から出ていくように要求します。

これを拒否した「本願寺顕如」と、織田信長は「10年」にも及ぶ「石山戦争」を開始。

1580年】、「本願寺顕如」が敗北し、「石山本願寺」から出ていきます。

信長は、10年の戦争を続けてでも、「石山本願寺(大坂)」がほしかったわけです。

それはもちろん「中国・四国・九州」などの、西日本を侵略するための重要拠点だったからです。

この「石山本願寺」には、信長によって「千貫矢倉」と呼ばれる巨大な矢倉がつくられ、信長の甥で「明智光秀」の娘婿である「津田信澄」が守備を担当することとなります。


「織田信長と大阪城の関係」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「織田信長と大阪城の意外な関係!信長は大坂に居城をつくる予定だった」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「大阪城(大坂城)」は、「徳川家康」と戦うためにつくられていた

1590年】、豊臣秀吉により「天下統一」が達成されました。

もはや「西日本への軍事拠点」としての「大阪城」は、役目を終えたわけですが、それでも秀吉は、【1598年】に亡くなるまで、大阪城の工事を続けます。

その理由は「自分の息子・豊臣秀頼を、徳川家康から守るため」です。


余談かもしれませんが、秀吉は「天下統一」のあと、「朝鮮出兵」をしています。

「大阪城」は、この「朝鮮出兵」のための兵士を「瀬戸内海」を通って「九州」から「朝鮮半島」へ送るための軍事拠点としても、効果を発揮したと考えられます。

とはいえ、「朝鮮出兵」のための拠点としてだけならば、拡大工事は不要なはず。

それでも大阪城をさらに大きくする工事を続けた理由は、やはり、「秀吉」自身が亡くなった後、自分の息子「豊臣秀頼」を、ライバルである「徳川家康」から守るためだったのでしょう。

秀吉が【1598年】に亡くなる際、息子「豊臣秀頼」は、わずか6歳だったのですから。

しかしこの「秀吉」の、「息子を守る」という願いは、かないませんでした。

秀吉が亡くなった17年後の【1615年】、「方広寺鐘銘事件」をきっかけに「大坂の陣」が勃発します。

この戦いで、「大阪城」は「徳川家康」の攻撃により落城してしまうのです。

そして「豊臣秀頼」と、その母「淀殿(茶々)」は、自害して亡くなります。

大坂城は「真田幸村」たちの活躍もあって、「徳川家康」を大いに苦しめたものの、最期には「堀」を埋め立てられて無力化し、あっけなく落城してしまうのでした。


「豊臣秀頼」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀頼の最後と発見された遺体!『生存説』と『天草四郎の父親説』」の記事はコチラ


スポンサーリンク

現在の大阪城は、「豊臣秀吉」が作ったものではなかった

現在「大阪府大阪市」に建てられている「大阪城」は、「豊臣秀吉」が築城したものではありません。

秀吉が命令して、軍師「黒田官兵衛孝高」に築城させた「大坂城」は、【1615年】の「大坂夏の陣」で落城し、炎上しています。


その後、徳川幕府の二代将軍「徳川秀忠」が、大阪に新たなる「大阪城」を築城します。

このとき、炎上してしまった「豊臣秀吉の大坂城」は土で埋め立てられてしまったため、現在も「秀吉の大坂城」は、地中に埋まっている状態なのです。

その後「徳川・大阪城」は、大阪の拠点として使用され、「徳川幕府」が支配する「西日本」の守りの要なったのです。


「方広寺鐘銘事件」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「方広寺鐘銘事件をわかりやすく解説!家康の言いがかりの理由と読み方」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「豊臣秀吉」が「大阪城(大坂城)」を築城した理由は2つ。1つが「織田信長の構想をマネして、西日本侵略の拠点とするため」。もう1つが「息子・豊臣秀頼徳川家康から守るため」

 

2,「織田信長」は、「大阪」という地をとても評価しており、この地に拠点を置いていた「石山本願寺」を10年かけて追い出し、城を作るつもりだった

 

3,「秀吉」は、自らの死後、息子「豊臣秀頼」をライバル「徳川家康」から守るために、拡大工事を続け、大阪城を「難攻不落の要塞」につくりあげた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る