今川義元と今川焼きは何か関係あるの?その名は「橋」に由来していた

この記事では、「今川義元と今川焼きの関係」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「今川義元と今川焼きの関係」を、カンタンに理解できます。

 

「今川焼き」は、「今川義元の家紋のデザインがモデルとなった」と言われているのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「今川義元」と「今川焼き」の関係とは?

「今川焼き」は、「今川義元」の家紋である『二つ引両』の形をマネしてつくられた、という説がある。

 

2,「今川焼き」という名前が、「東京都千代田区」の橋に由来するとは?

「今川焼き」は、「東京都千代田区岩本町」にあった「今川橋」で売り出された焼き菓子なので、「今川焼き」と呼ばれたという説もある。

 

3,「今川焼き」の名前の由来となった「今川橋」、その「今川橋」の名前は、どこからきたのか?

「今川橋」は、「今川焼き」が売り出される100年ほど前に、「今川前右衛門」という人がつくった橋なので、「今川橋」と名付けられた。

今川義元と今川焼きの関係とは?実は「家紋」がモデルになっていた?

人気の焼き菓子「今川焼き」は、戦国武将「今川義元」が使っていた家紋「二つ引両(ふたつひきりょう)」の形がモデルとなっている、という説があります。

 

《今川義元》
「引用元ウィキペディアより」

 

「今川焼き」とは、ご存知の通り、「餡(あん)」が入った丸い焼き菓子のことです。

《今川焼き》
「引用元ウィキペディアより」

 

「今川」と耳にして真っ先に思い浮かべるのが、【1560年】、「桶狭間の戦い」で「織田信長」に討ち果たされた戦国武将「今川義元」でしょう。

 

実はこの「今川焼き」は、「今川義元」が投手をつとめた名門「今川家」の家紋「二つ引両紋」のデザインが利用されたという説があるのです。

 

「二つ引両」の画像を、以下の貼り付けておきます。

《二つ引両》
「引用元ウィキペディアより」

 

確かに、まんまるの形は、「今川焼き」と同じですが、まんまるな形の家紋は他にも数多くありますので、ちょっと信ぴょう性に乏しい気がしますね。


スポンサーリンク


「今川焼き」の名前は、東京都千代田区の「橋」に由来していた!

もう一つの説が、現在の「東京都千代田区岩本町一丁目」にかつて存在していた橋「今川橋」に由来するという説です。

 

「今川橋」とは、かつて存在していた「龍閑川」にかかっていた橋で、【江戸時代・天和年間(1681~1684年)】に造られたものです。

 

「千代田区岩本町一丁目」の地図を、以下に貼り付けておきます。

今はすでに埋め立てられてしまいましたが、この地域には、かつて「龍閑川」という川が存在していたのです。

 

その「龍閑川」にかかっていた「今川橋」の近くで、江戸時代・安永年間【1772~1781年】に、「焼き菓子」が売りに出されました。

 

「今川橋」の近くで売っていたため、その「焼き菓子は「今川焼き」と呼ばれたそうです。

 

この「今川橋」に由来する説が、もっとも可能性が高いと考えられます。

 

ちなみに、この「今川橋」という名前は、「今川前右衛門」という人の名前をもとに付けられたものだそうです。

 

「今川前右衛門」と「今川義元」には、何か関係があるのでしょうか?


スポンサーリンク


「今川善右衛門」とは、一体何者なのか?

「今川前右衛門」とは、江戸時代の天和年間(1681~1684年)に活躍した「名主(なぬし・土地の代表者)」です。

 

「今川橋」の完成に力を尽したため、出来上がった橋は、「今川前右衛門」の名をとって「今川橋」と名付けられたのでした。

 

この「今川前右衛門」と「今川義元」のあいだに、何かしらの関係があるのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、わかりません。調査しましたが不明でした。

 

ただ、「今川義元」の息子「今川氏真」を通じて、今川家は明治維新まで続いています。

 

今川家は260年以上も続いているため、どこかで今川氏真の子孫が、「今川前右衛門」と繋がっている可能性は、否定しきれません。


スポンサーリンク


今川氏真」は、徳川幕府で「高家」という高い身分の家柄をあたえられています。

 

この今川氏真の子孫が、あの「忠臣蔵」に登場した悪役「吉良上野介」です。

 

この件については、以下のリンク記事「今川義元の子孫と家系図」で、詳しく解説しております。

今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

スポンサーリンク


今川義元の家紋「引両紋」と「足利家」!「足利焼き」でもおかしくなかった?

「今川焼き」のモデルとなった家紋「二つ引両」、実は「足利尊氏」たち「足利家」の家紋でもあるのです。

 

そのため、「今川焼き」よりも、「足利焼き」という名前になっていても、おかしくなかったかもしれません。

 

実は「今川家」は、室町幕府を開いて、代々「征夷大将軍」をつとめた名門の中の名門「足利家」の分家「吉良家」のそのまた分家なのです。

 

そういう関係で、「今川家」が使っていた「二つ引両」という家紋は、本家「足利家」から与えられたものだったと考えられます。

 

つまり、もしも「二つ引両紋」が、「今川焼き」のデザインの基礎となったのなら、「今川焼き」ではなく、「足利焼き」でもおかしくなかったはず。

 

ところが、実際には「足利焼き」などという呼び名は存在していません。(今川焼きは、各地でそれぞれ異なる名前で呼ばれている。おやき・小判焼き、など)

 

やはり「今川焼き」という名前は、「今川義元の家紋」ではなく、「今川橋」という販売された場所に由来するのではないでしょうか。

 

「今川家の家紋」については、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。

今川義元の家紋を画像つき解説!義元は「汚れ落とし」を家紋にした』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「今川焼き」は、「今川義元」の家紋である『二つ引両』の形をマネしてつくられた、という説がある。

 

2,「今川焼き」は、「東京都千代田区岩本町」にあった「今川橋」で売り出された焼き菓子なので、「今川焼き」と呼ばれたという説もある。

 

3,「今川橋」は、「今川焼き」が売り出される100年ほど前に、「今川前右衛門」という人がつくった橋なので、「今川橋」と名付けられた。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「今川義元」関連記事

「今川義元」について、よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。


『【今川義元】おんな城主・井伊直虎との関係とは?二人は親戚だった!』の記事はコチラ

『【今川義元武田信玄と北条氏康三人の関係は親戚・義兄弟だった!』の記事はコチラ

【今川義元】肖像画の画像を探してみた!どうしてお公家風の姿なの?』の記事はコチラ

『【今川義元】なぜ織田信長との「桶狭間の戦い」で敗北した?原因は油断』の記事はコチラ

『今川義元の家臣団一覧と【3人の名将】!信長・家康をも苦しめた逸話』の記事はコチラ

『今川義元と太原雪斎はどういう関係?雪斎の功績と、徳川家康との関係』の記事はコチラ

『今川義元の逸話桶狭間の予知夢亡霊の正体と、実の兄を殺した経緯』の記事はコチラ

今川義元と豊臣秀吉の隠された関係!秀吉が義元から受け継いだ名刀とは』の記事はコチラ

『【今川義元の年表】その生涯がひと目でわかる!42年の波乱の一生!』の記事はコチラ

『今川義元はお公家さんだったのか?お化粧とお歯黒をしていた理由とは』の記事はコチラ

『【今川義元と天下統一もし上洛できていたら義元は天下が取れたの?』の記事はコチラ

『【今川義元の評価義元は最強の武将だった!軍事・内政・外交の実績』の記事はコチラ

『今川義元と徳川家康の関係を解説!義元・家康を育てた超天才軍師とは』の記事はコチラ

『今川義元の父母と息子・今川氏真を解説!氏真はバカだから生き残れた』の記事はコチラ

『今川義元の子孫と先祖を【家系図】で解説!子孫は「忠臣蔵」のあの人』の記事はコチラ

『【今川義元と桶狭間の戦い】その謎や疑問のすべてを短く簡単に解説』の記事はコチラ

『今川義元「ゆかりの地」と「城」を地図でご案内!生誕地と最期の地』の記事はコチラ

『今川義元の愛刀「義元左文字」愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?』の記事はコチラ

『今川義元のは桶狭間の後どこへ行った?なぜ義元は敗北したのか』の記事はコチラ

瀬名姫の母親は誰?今川義元の妹か、又は井伊直虎の親戚・佐名姫か!』の記事はコチラ

今川氏真が織田信長殺害に協力?本能寺の変を家康は知っていた!』の記事はコチラ

今川氏真の最期とは?妻・早川殿との子孫はあの有名人で現在も大活躍』の記事はコチラ

北条氏康の義兄は今川義元?二人は血縁もある兄弟だった!』の記事はコチラ

織田信長と桶狭間の戦いを簡単に解説!どのような戦法で勝利したのか』の記事はコチラ

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る