豊臣秀吉の一夜城とは何かカンタン解説!墨俣一夜城の逸話とは

この記事では「豊臣秀吉」がつくったという、伝説の「一夜城」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「一夜城」についての逸話を、カンタンに理解できます。

 

「豊臣秀吉」は「墨俣」という場所に、わずか一夜で「城」をつくりあげたのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「墨俣一夜城」の逸話とは、どういうものか?

豊臣秀吉」が、まだ「木下藤吉郎」と名乗っていたとき、「織田信長」が「美濃国」を侵略するために「墨俣」に築城を計画した。「秀吉」はこの「墨俣」に、知恵を絞ってわずか一夜で築城することに成功した

 

2,「豊臣秀吉」は、本当に一夜で「墨俣城」築城に成功したのか?

実際には「4日」かかったともいわれている。しかし、もともと「墨俣」には、斎藤家がつくった「城」が存在していたため、秀吉は「築城」したのではなく、このもともとあった「墨俣城」を奪い取り、修築しただけとも考えられる。

 

3,もう一つの一夜城「石垣山城」とは何か?

1590年】、「豊臣秀吉」は「小田原城」の「北条氏政・氏直」を攻めた時、「小田原城」の目の前に一夜で「石垣山城」を築城し、敵の戦意を失わせて勝利した

「一夜城」とは何か?「墨俣一夜城」の伝説をカンタン解説

「一夜城」とは、「一晩でつくりあげたお城」のことです。

歴史上において、「豊臣秀吉」がつくりあげた「墨俣城」は、わずか一夜で完成した城として有名です。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

1561年】または【1566年】、「秀吉」の主君「織田信長」は、宿敵である「斎藤龍興」が治める「美濃国」を攻撃していました。

その時「信長」は、敵国「美濃(岐阜県南部)」の領内にあった「墨俣(すのまた)」という長良川の中洲に、軍事基地をつくりあげることを思いつくのです。

 


まず信長の重臣「佐久間信盛」が築城に挑むも、「墨俣」は敵地のど真ん中であったため、「美濃三人衆」と呼ばれる猛将たちに襲撃され、あえなく失敗。

次に猛将「柴田勝家」が築城に挑戦しましたが、これも失敗。

最期に挑んだのが「木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)」でした。

秀吉は、「敵に襲われる暇など与えず、一夜で作ってしまう作戦」を計画します。

まず、秀吉は美濃国内に噂を流します。

「織田信長は、美濃国への攻撃を諦め、西の伊勢国への攻撃を計画している」

その噂によって、美濃国の織田軍への警戒をゆるませたのです。

次に秀吉は、「蜂須賀小六」たち野武士を味方につけ、彼らに木材を伐採させて、「塀」や「矢倉」、「柵」などの材料をつくらせたのです。

大雨の日を待った秀吉は、長良川にこれらの材木を「いかだ」に組み立てて流し、朝になるまでに組み立ててしまいました。

こうして、わずか一夜で「墨俣城」は完成。

豊臣秀吉の伝説「墨俣城」は、この後「織田信長」の軍事拠点となり、「斎藤龍興」を美濃から追い出すことに成功します。

織田信長は、義父「斎藤道三」から譲られた「美濃国」を、道三の死から【11年後】の【1567年】に、ようやく攻め落としたのです。


「斎藤道三」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

実は「一夜」でつくったわけではなかった!

「豊臣秀吉」がつくったとされる「一夜城」こと「墨俣城」ですが、実は「一夜」でつくったわけではありませんでした。

諸説あるものの、実際には「4日」程度の時間がかかったと考えられています。


そもそも「墨俣」には、信長・秀吉の敵であった「斎藤家」がつくった「墨俣城」が、最初から存在していたのです。

「斎藤家」の当主「斎藤龍興」は、この「墨俣城」に守備の軍を込めていたと考えられます。

秀吉は「墨俣」に「一夜」で城を作ったのではなく、この「斎藤家がつくった墨俣城」を奪い取り、修築しただけなのではないか、と考えられています。

おそらくですが、『一夜で城をつくった』という逸話は、「豊臣秀吉」があとから話を大げさに盛り上げたのだと考えられます。


「豊臣秀吉」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【織田信長・豊臣秀吉・徳川家康】の生涯年表を全部まとめて簡単解説」の記事はコチラ


スポンサーリンク

もう一つの一夜城「石垣山一夜城」について解説

実は「豊臣秀吉」が一夜でつくりあげた「一夜城」は、「墨俣城」だけではありません。

「石垣山一夜城」です。

1590年】、「豊臣秀吉」が、「北条氏政」とその子「氏直」が支配していた相模国(神奈川県)の「小田原城」を攻撃したときのことです。

「秀吉」は、日本でも最大級の名城「小田原城」に苦戦し、小田原城の目の前にある「石垣山」に、城を作り始めます。


このとき、秀吉は「石垣山」の森の中に、密かに築城をすすめたのです。

そして「石垣山城」が完成すると、城を囲んでいた周囲の木を一気に伐採。

完成した城を「北条軍」に見せつけ、一夜で完成したかのように見せたのでした。

昨日まではなかったはずの巨大な城が姿を現したことに、北条軍は度肝を抜かれました。

姿を現したのは「石垣山城」だけではありませんでした。

なんと「石垣山城」の周囲には、京都や大坂をも超えるほどの、巨大な街がつくりあげられていたのです。

これに驚いた「北条軍」は、一気に戦意を喪失します。

「北条氏政」と「北条氏直」の親子は秀吉に降伏。

さらに奥羽の猛将「伊達政宗」も秀吉に降伏してきます。

これにより【1590年】、「豊臣秀吉」は「天下統一」を成し遂げます。

1467年】の「応仁の乱」から【123年】も続いた「戦国時代」を、秀吉はようやく終わらせたのです。


「豊臣秀吉の天下統一への道のり」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ


スポンサーリンク

情報操作の達人「豊臣秀吉」のペテンの数々

実際には「4日」かかったはずの「墨俣城」が、なぜ一夜で完成したことになっているのでしょうか?

しかも、もともと「墨俣」には、「斎藤家」が築城した「墨俣城」が存在していたというのに。

おそらく秀吉は、自らの功績を大げさに誇張して、歴史に記したのでしょう。


秀吉は、「情報操作」がとても上手なのです。

たとえば【1582年】、「本能寺の変」で主君「織田信長」が、「明智光秀」に討たれた際、秀吉は「中国大返し」と呼ばれる超高速移動を成功させています。

このときの移動速度は相当なもので、「一日30km」が限界であった当時の進軍速度を大幅に超え、なんと「1日70km」も進んだと言われていたのです。

しかし実際には、「1日30km」しか進んでおらず、話が大げさに誇張されていたにすぎないと、近年の研究では考えられているのです。

さらに秀吉は、「本能寺の変」で「織田信長」が亡くなったにも関わらず、近畿地方の武将たちに対して「織田信長は生きている」と偽情報を流し、「明智光秀」に味方するものがいないように「情報操作」をしています。

秀吉は、「情報操作」の名人なのです。

そのやり方は、「嘘をばらまく」または「話を大げさに誇張する」など、ペテンと言っても良いものばかりです。

秀吉はこれらの「ペテン」によって、自らの力を実際の実力以上に大きく見せて、敵の戦意を失わせ、「戦いを有利にすすめる」ことを得意としていたのです。


「本能寺の変」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,豊臣秀吉」が、まだ「木下藤吉郎」と名乗っていたとき、「織田信長」が「美濃国」を侵略するために「墨俣」に築城を計画した。「秀吉」はこの「墨俣」に、知恵を絞ってわずか一夜で築城することに成功した

 

2,「豊臣秀吉」は、「墨俣城」築城に「4日」かかったともいわれている。しかし、もともと「墨俣」には、斎藤家がつくった「城」が存在していたため、秀吉は「築城」したのではなく、このもともとあった「墨俣城」を奪い取り、修築しただけとも考えられる。

 

3,1590年】、「豊臣秀吉」は「小田原城」の「北条氏政・氏直」を攻めた時、「小田原城」の目の前に一夜で「石垣山城」を築城し、敵の戦意を失わせて勝利した

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

「豊臣秀吉」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る