【武田信玄】家紋の画像と意味を解説!山口組の代紋と似てるが・・。

武田信玄が使用していた家紋「武田菱」

その意味と由来とは?

日本最大のヤクザ組織「山口組」の代紋と、武田菱が似ている理由は?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・武田菱の由来は武田の「田」の字・・・又は武田家宝「楯無(たてなし)の鎧」に刻まれた「菱紋」

武田信玄が使用した武田菱は「武家の象徴」を意味している

・山口組の代紋と、武田家の家紋が似ているのは偶然


武田家の家紋「武田菱」の意味とは?

武田信玄を輩出した名門「武田家」の家紋「武田菱」

この武田菱は、一体何を意味しているのか?

引用元Wikipediaより

武田菱の由来

武田菱の由来には、2つの説があります。

1,「武田」の「田」の字を元にした図形

2,武田家の家宝「楯無(たてなし)の鎧」に刻まれていた紋様である「武田菱」を、家紋とした

「楯無の鎧」とは、「御旗(みはた)」と呼ばれる日の丸の旗とともに、武田家に伝えられた家宝。

元々は「源義家」の弟で、甲斐武田家の家祖「新羅三郎義光」が、「前九年の役」で、戦勝祈願をした住吉神社で、神託により拝領したのが「楯無の鎧」

その名の通り、「楯など無くてもよいほど、頑丈な甲冑」という代物。

武田家の男は、この「御旗と楯無の鎧」の前で、誓ったことは、死んでも果たさなくてはならないと言われてきました。

武田菱の意味

武田菱は、一体何を意味しているのか?

家紋とは、すなわち「家の独自性を表現するシンボルマーク」。

例えば、後醍醐天皇に仕えた武士「名和長年(なわながとし)」は、後醍醐天皇から「船」の形を家紋として使うようにと与えられています。

名和長年は、元々は「イワシ売り」で、海運業で財を成したため、それを象徴する家紋を与えられたのです。

武田菱の場合は、その由来が「武田の田の字」「楯無の鎧」ということで、由緒正しい出自であることを意味しているのでしょう。

武田信玄という偉人が登場し、武田家の名前を高めたため、今では武田菱に「武田信玄が使用した家紋」「武田信玄の象徴」という意味もあるかもしれません。

信玄の兜には「武田菱」が刻まれていますしね。

「武田菱は武家の象徴」と言えるのかも・・・・。

武田菱は憧れの存在なのかもしれません。何と言っても武田信玄の出身地「山梨県」・・最も多く使われている家紋が「菱紋」だそうですからね。


スポンサーリンク

山口組の代紋と似ている?

武田家の家紋「武田菱」が、山口組の代紋に似ているという噂があります。

引用元Wikipediaより

確かに似ているかもしれません・・・。

しかし調査してみたところ、武田信玄と山口組の間に、関係性はありませんでした。

ではなぜ似ていたのか?

家紋というのは、241種類があります。それがさらに「5116」に分類されるのです。

武田の家紋「武田菱」・・・「菱紋」と呼ばれる家紋は、全国あらゆる地域の家庭で、使用されています。

それぞれの家の血統・又は帰属組織などによって、家紋は多数のグループに分類できるのですが、長い歴史の中で、各一族は何度も何度も枝分かれしたため、直接的な繋がりが希薄になりがちです。

ですので、似通った紋所となることも、よくあることなのです。

山口組と武田信玄・・・全く関係はありません。似ているだけです。

家紋と代紋は、何が違うの?

家紋と代紋・・・・一体全体何が違うのか・・・。

家紋とは、その一族を象徴するシンボル・・・紋章です。

そして代紋とは、「ヤクザ一家を表す紋章」・・・。

ヤクザは、擬似的な親子関係を構築して組織化をしています。

つまり、ヤクザ一家は一つの「家族」「一家」「一族」なのです。

この一家を象徴する「代紋」・・・・ある意味で「家紋」と同じ意味を持っていると言えるでしょう。

古来から「武家」「公家」「一般庶民」が使用しているのが「家紋」

現代社会において、「ヤクザ組織」が使用しているのが「代紋」

と区別できるかもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・武田菱は、「武田家の田の字」をモチーフにした・・・又は武田家家宝「楯無の鎧」の裾に刻まれた紋様を家紋としたらしい

・家紋とは、それぞれの一族を表すシンボルマークのこと

・山口組の代紋と、武田菱が似ているのは、偶然。武田信玄と山口組に繋がりはない

・家紋も代紋も、一族・一家を象徴・表すするシンボルマークである

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る