【豊臣秀吉】なぜ関白に就任できたの?征夷大将軍を選ばなかった理由

今回のテーマは「豊臣秀吉」と「関白」です

 

この記事では「豊臣秀吉が【関白】に就任した理由」と「征夷大将軍にならなかった理由」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「秀吉が関白になった理由」を、カンタンに理解できます。

 

「秀吉」は「征夷大将軍」ではなく、「関白」になることで、「前人未到の偉業」を達成しようとしたのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「豊臣秀吉」が「関白」に就任した経緯・流れとは?

1582年】、「織田信長」が「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれる。

1583年】、「賤ヶ岳の戦い」で「柴田勝家」を倒し、織田家を乗っ取る。

1585年】、秀吉が「関白」に就任。

 

2,「秀吉」は、なぜ「関白」になれたのか?

「秀吉」は、元関白である「近衛前久(このえ さきひさ)」の養子となることで、「五摂家」しか就任できないはずの「関白」に就任した。

 

3,「秀吉」が「征夷大将軍」になれなかった理由とは?

当時はまだ「征夷大将軍」の職に「足利義昭」が就いていたので、「征夷大将軍」の職が埋まっていた。だから秀吉は将軍になれなかった。

豊臣秀吉が「関白」に就任した経緯や流れ!そもそも「関白」って何?

天下統一をなしとげた偉人「豊臣秀吉」は、【1585年】、「関白(かんぱく)」という役職に就任しています。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

豊臣秀吉が「関白」に就任するまでの流れを、ザッと年表にすると、以下のとおりです。



1582年6月】、羽柴秀吉の主君である「織田信長」が、「本能寺の変」によって、重臣「明智光秀」に討たれて戦死。

その後、「羽柴秀吉」は「明智光秀」を討ち果たし、信長の後継者としての地位を確立して「天下統一」へと進むことになるのです。

1583年】、「賤ヶ岳の戦い」で、ライバル「柴田勝家」を倒し、羽柴秀吉は「織田家」という日本最大の勢力を乗っ取ることに成功。

1584年】、ライバル「徳川家康」と「小牧・長久手の戦い」で激突。

1585年】、「四国」の大名「長宗我部元親」を倒すため、「四国征伐」を弟「羽柴秀長」と軍師「黒田官兵衛」に指示。

同年】、「羽柴秀吉」が「関白」に就任。

1586年】、「羽柴秀吉」は、天皇から「豊臣」の氏を与えられ、「豊臣秀吉」と名乗る。


「関白とは、天皇にかわって政治をおこなう最高位の役職」です。

「朝廷」という、いわゆる「政府」のなかで、「関白」は「天皇」に次ぐ最高の位なのです。

この時代から、すでに天皇は、自ら政治を行う存在ではありませんでした。

そのため、「関白」や「征夷大将軍」が、代わりに政治を行なっていたのです。

「天皇のかわりに政治を行う役職。それが関白」

つまり「関白」は、まさに「天下で最高の地位」というわけです。

さて、ここで一つの疑問がわいてきます。

なぜ「農民」出身の「秀吉」は、「天下で最高の地位」である「関白」に就任できたのでしょうか?

「軍事力」や「財力」を持っているだけでは、「関白」にはなれません。

たとえ「天下を統一した農民」である「秀吉」であっても、それは変わりません。

そもそも「関白」とは、代々「五摂家(ごせっけ)」と呼ばれる名門公家が、交代で就任していた位です。

つまり「五摂家」以外の人間が、「関白」に就任することは、そもそも不可能だったのです。

なぜ、「秀吉」は「関白」になれたのか。

その理由は、秀吉が関白の位を「だまし取ったから」です

ちなみに「五摂家」とは

  • 「近衛家」
  • 「鷹司家」
  • 「一条家」
  • 「二条家」
  • 「九条家」

の5つの家のことです。


「豊臣秀吉の天下統一」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ


スポンサーリンク

農民「秀吉」は、なぜ最高位「関白」になれたのか?

農民であった「秀吉」は、元関白「近衛前久(このえ さきひさ)」の養子となって、「近衛家」の人間になることで、「関白」に就任しました。

そもそも「天下」を支配するためには、それにふさわしい官位・身分が必要となります。

そうでなくては、「天下を支配する権利」を主張することが出来ず、誰も秀吉の命令に従わないからです。

「天下統一」のためにも、秀吉には「関白」または「征夷大将軍」という地位が必要でした。

実は「秀吉」、巧妙に「関白」職をだまし取っているのです。


「二条昭実(にじょう あきざね)」と「近衛信尹(のぶただ)」

秀吉が「関白」に就任する直前、朝廷の中でこの二人が、次の「関白」職をめぐって争っていました。

秀吉は、この争いを終わらせるためと言って、どちらにも軍配を挙げず、自らが「近衛前久」の養子になって関白に就任します。

二人の争いが激化するのを防ぎ、さらに「関白」の地位がいつまでも決まらないことを防ぐための「臨時の措置」でした。

このときの「秀吉」による「関白」就任は、あくまでも「二条昭実」と「近衛信尹」が次の関白となるための「あいだをつなぐ臨時の措置」だったはずなのです。

1591年】、秀吉は「関白」の職を、「二条昭実」でも「近衛信尹」でもなく、甥である「豊臣秀次」に譲ってしまいます。

つまり秀吉は、「関白の職を預かっただけ」のはずが、自分の血縁者であり後継者である「秀次」に譲り、「関白の職は、今後豊臣家が代々継承していく」ことを天下に示してしまったのです。

ここに「五摂家」が数百年も独占してきた「関白の職」は、「豊臣秀吉」によって、だまし取られることになったのでした。


「関白と征夷大将軍」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「征夷大将軍と関白の違いを簡単に解説!秀吉が関白を選んだ理由とは?」の記事はコチラ


スポンサーリンク

農民「秀吉」が「征夷大将軍」になれなかった理由

「豊臣秀吉」が「征夷大将軍」になれなかった理由は、当時の征夷大将軍「足利義昭」が、未だに生きており、「征夷大将軍」の職を手放さなかったからだと考えられます。

「征夷大将軍」は、全ての武士達のトップの地位です。

全ての武士に命令する権限を持ち、命令に従わないものは、滅ぼされても文句が言えなかったのです。

つまり「征夷大将軍」の職も、「関白」と同じく、「天下を支配する」にふさわしい地位だったのです。


秀吉が「関白」の職につく12年前の【1573年】、「足利義昭」は「織田信長」から追放され、「室町幕府」は滅亡しています。

しかし「足利義昭」はそれ以降も、「征夷大将軍」の職につき続けていました。

足利義昭が「征夷大将軍」を続けていたこのとき、「征夷大将軍」の職に秀吉がつくには、3つの方法がありました。

  1. 「足利義昭」が亡くなる
  2. 義昭自身が「征夷大将軍」の職を辞める
  3. 「秀吉」が「足利義昭」の養子となって、「足利家」の人間として「将軍職」を継承する

しかし「足利義昭」が、「将軍職を辞めること」も、「秀吉を養子とすること」も拒絶。

そして【1597年】まで「足利義昭」は生きています。(秀吉は、この翌年に亡くなる)

1587年】、足利義昭は【14年】ぶりに「京都」へ帰還。

1588年】、秀吉が関白に就任した3年後、足利義昭はようやく「征夷大将軍」の職務を辞めています。

このとき、秀吉はすでに「関白」となって天下を支配する権限を持っていましたから、「征夷大将軍」の職は不要となっていたのでしょう。

ちなみに、「征夷大将軍には源氏しかなることはできない」と言われていますが、この説は正しくないと考えられます。

「織田信長」は、「源氏」ではなく「平氏」であるにも関わらず、「征夷大将軍」の職務につくことを「朝廷」と相談しています。

「秀吉は源氏でなかったから征夷大将軍」になれなかった、という説は、可能性が低いと思います。

ただし、「秀吉」は「征夷大将軍」に絶対になれなかったわけではなく、「ならなかった」とみることもできます。

「関白」に就任したほうが、歴史に名を刻むことができるからです。

詳しくは、次の項で解説いたします。


「征夷大将軍」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「征夷大将軍とは何か?簡単にわかりやすく子供でもわかるよう解説!」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「征夷大将軍」になるよりも、「関白」になる方が難しかった!

秀吉からすれば、「征夷大将軍」になるよりも、「関白」になるほうが難しかったと考えられます。

「関白」は「五摂家」しかなれない役職でした。

しかし「征夷大将軍」は「武士」であれば、なれる可能性があるのです。


秀吉は「農民」出身です。(とはいえ秀吉は「藩兵半農」であり、農民であると同時に武士でもあった)

かつて天下を制した「源頼朝」や「足利尊氏」のように、名門出身ではなかった「秀吉」は、全国の武士から侮られず従えるためにも、「高い地位」が必要だったのです。

「関白」は、「天皇」の次に位置する最高の位で、「征夷大将軍」よりも上に位置していました。

実は「関白」は

  1. 「源氏」
  2. 「平氏」
  3. 「藤原氏」
  4. 「橘氏」

という、「4つの氏」を名乗るものしか就任できなかったのです。

しかし秀吉は、これら「4つの氏」ではなく、「新しい氏」を欲しがりました。

その新しい氏が「豊臣」です。

なぜ「秀吉」は、「新しい氏」を欲しがったのか?

その理由は、秀吉が「天下統一」という、それまでだれも成し遂げられなかった偉業を達成したためです。

秀吉は、「前人未到の偉業を達成した自分は、歴史上で誰も到達していない地位に就任して当然である」と考えていたのです。

だからこそ、秀吉は「五摂家」以外に就任できない「関白」を目指したのでしょう。

「だれも成し遂げたことのないことを成し遂げる」ことで、秀吉は、天下にその偉業を示そうとしたのです。

「関白」には「五摂家」以外はなれない。

その「不可能」を可能とすることで、秀吉は、天下の全てを従えると同時に、歴史に自らの名前を強烈に刻もうとしたのです。

権力欲が強い「秀吉」らしい事情です。

ちなみに秀吉は、「源頼朝」の像に対して

「天下を制した私達は、友である。

しかし名門出身のあなたとは違い、私はもっと低い農民という身分の出身だ。

だから私のほうが上だ。」

と言ったのだとか。

不遜というか何というか、秀吉らしいセリフです。


「源頼朝」と「足利尊氏」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【源頼朝の家系図と子孫】超見やすくわかりやすい画像でカンタン解説」の記事はコチラ

「足利尊氏の家系図と子孫を調査!性格が良かったため将軍になれた?」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「豊臣秀吉」が「関白」に就任した経緯・流れは、以下の通り。

1582年】、「織田信長」が「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれる。

1583年】、「賤ヶ岳の戦い」で「柴田勝家」を倒し、織田家を乗っ取る。

1585年】、秀吉が「関白」に就任。

 

2,「秀吉」は、元関白である「近衛前久(このえ さきひさ)」の養子となることで、「五摂家」しか就任できないはずの「関白」に就任した。

 

3,「秀吉」が「征夷大将軍」になれなかった理由は、当時まだ「征夷大将軍」の職に「足利義昭」が就いていたので、「征夷大将軍」の職が埋まっていた。だから秀吉は将軍になれなかった。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

「豊臣秀吉」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る