前田利家の家系図を画像付きでご紹介!子孫は現在どこにいるのか?

豊臣五大老の一人「前田利家」の家系図を、画像付きでカンタン解説いたします。

「槍の又左衛門」と呼ばれた豪傑「前田利家」。加賀100万石の基礎をつくった名君。

その「前田利家」の家系図をわかりやすく解説いたします。

子孫は現在どこにいるのか?

実は「徳川家」の子孫と仲良くしていた!!!


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 前田利家がつくった「加賀前田家」は、13代藩主「前田慶寧(よしやす)」の代で「明治維新」をむかえ、「廃藩置県」で廃止されている
  2. 前田利家の子孫は、現在「前田利祐(としやす)」さんというお方。
  3. 前田利祐さんと、徳川宗家の当主「徳川恒孝(つねたか)」さんは、「学習院大学」「日本郵船」の先輩後輩という関係。

『前田利家』の家系図!今も続く加賀前田家の血筋

加賀藩100万石の祖である「前田利家」の家系図をご紹介いたします。

《前田利家》
「引用元ウィキペディアより」

以下の家系図ですが、「前田利長」を始めとする「名前の前にふってある番号」は「加賀藩」の歴代藩主を意味する番号です。

利家の息子「利長」を初代としてカウントしています。

《前田利家の家系図》
「画像の引用などはご遠慮くださいませ」

「加賀前田藩」は、13代藩主「前田慶寧(よしやす)」の代で「明治維新」をむかえ、廃藩置県により廃止と成っています。

当然ですが、その後も名門「前田家」は続いております。


スポンサーリンク


子孫は現在何をしている?現在、石川県人会会長!

前田家の現在の当主は、18代当主「前田利祐(としやす)」さんです。

「加賀前田藩」最後の当主「前田慶寧」公の「玄孫(孫の孫)」に当たられるお方です。

学習院大学を卒業後「日本郵船」に入社し、その後は「日本郵船」のグループ会社「八馬汽船」の常務取締役に就任。

その後は「全国石川県人会連合会」の会長を務めておられます。

その「利祐」さんには、「前田利宜」さんというご子息がおられるご様子ですので、「利宜」さんが次期前田家当主となられるのでしょうね。


スポンサーリンク


「徳川家当主・徳川恒孝」さんと仲良しだった!

実は現当主である「前田利祐」さんと、徳川家の現当主である「徳川恒孝」さんは、ともに「学習院大学」「日本郵船」出身の「先輩後輩」の間柄。

「前田利祐」さんのほうが、5年先輩なのだとか。

二人は「日本郵船」で、同じ部署で働いていたこともあるらしく、一緒に上司から叱られたこともあったようですね。

そのとき、二人を叱った上司が言うには

「前田と徳川を呼びつけるなんて、太閤・豊臣秀吉さん以来おれだけだろうなぁ」

と喜んでおられたとのこと。

確かにそうかもしれません。

いや・・・・のちの天下人「徳川家康」と、最大の外様大名「前田利家」を、呼び捨てにして怒鳴りつけるなんて、もしかしたら「豊臣秀吉」でも出来なかったかも・・・。

そんなことができたのは織田信長くらいかもしれませんね。

ちなみに「徳川恒孝」さんは、幕末の会津藩主「松平容保」公の末裔であり、「松平家」から「徳川宗家」を相続するために「養子入り」なさった方です。

「徳川家康」の「子孫」について、詳しくは以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

「徳川家康の家系図を簡単に短く解説!嫁と子供、子孫と現在の末裔とは」の記事はコチラ

スポンサーリンク


『前田利家』について「ひとこと」言いたい!

前田利家が、どういう人だったのか。諸説あります。

「槍が得意な豪傑だった」と言われていますし、「愛用のそろばんが残っているほど、お金の計算や書類仕事が得意だった」とも言われています。

そんな前田利家ですが、織田信長や豊臣秀吉にたいして忠誠を誓い、「忠誠心にあつい、男の中の男だった」という説もあれば、一方で「計算高かった」という説もあります。

計算高かったとはどういうことかというと、利家はなんだかんだで「勝利する側につき、家名を存続している」のです。

「賤ヶ岳の戦い」では、味方していた「柴田勝家」を土壇場で裏切り、秀吉に付きます。しかし、利家は「裏切り者」という烙印を押されないように、柴田勝家に最大限の配慮をしているのです。

関ヶ原の戦い」の直前には、徳川家康と和解し、息子の「前田利長」を頼むと言っています。事実上、豊臣家をすてて徳川家についているのです。

利家は、「男の中の男」「義理にあつい」と言われていますが、生き残りの戦略が実にうまい。

一説によれば、「豊臣秀吉は嫌っていたが、尊敬していた主君・織田信長の血を引く豊臣秀頼は尊んでいた」とも言われています。

筆者の個人的な意見を申し上げさせていただくと、利家は前田家の存続を最優先としており、主君は二の次だと思っていたのではないでしょうか。

そんな利家ですが、「人望」はめちゃくちゃありました。

おそらくですが、もう少しだけでも寿命が長かったら、天下を取れていたかもしれません。

しかし、残念ですが「豊臣秀吉」の死の1年後、利家もあとを追うようにして亡くなるのです。

徳川家康もまた、前田利家を恐れていたと言われています。

それにしても、「計算高くて、しかも人望があった」とは・・・。かなり器用な人だったか。またはとてつもなく魅力的な人物だったのでしょうね。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 前田利家がつくった「加賀前田藩」は、13代「前田慶寧」の代でおわる。
  2. 現在、前田利家の子孫である「前田利祐」さんが、前田家当主をなさっておられる。
  3. 前田利祐さんと、徳川家の当主「徳川恒孝」さんは、「学習院大学」「日本郵船」の先輩と後輩の間柄。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の人柄・性格をエピソードで簡単解説!」の記事はコチラ
「長篠の戦いの真実と布陣を解説!実は騎馬隊も鉄砲三段撃ちもなかった」の記事はコチラ
「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る