豊臣秀吉の側室「茶々(淀殿)」の生涯と真実!豊臣秀頼は秀吉の子ではない?

今回のテーマは「豊臣秀吉」と「茶々(淀殿)」です。

 

この記事では「豊臣秀吉の側室」である「茶々」こと「淀殿」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「茶々(淀殿)」を、カンタンに理解できます。

 

「茶々(淀殿)」は「豊臣秀吉の側室」でありながら、「数々の疑惑や謎を持つ女性」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「茶々(淀殿)」の生涯とは?

「茶々」こと「淀殿」は、「浅井長政」と「織田信長」の妹「お市の方」の長女として産まれたが、「浅井長政」は「織田信長」に討ち果たされた。
その後、「茶々」は「織田信長」に養われていたが、「お市の方」が亡くなると、「豊臣秀吉」に引き取られて、その側室となる。
1615年】、「茶々」は息子「豊臣秀頼」とともに「大坂夏の陣」で亡くなる。

 

2,「茶々」にとって、「豊臣秀吉」は「カタキ」だったとは、どういうことか?

「秀吉」は、「茶々」の母「お市の方」と、兄「万福丸」を死に追いやった人物なので、母と兄のカタキにあたる。

 

3,「茶々」は「浅井長政」の娘ではなかったのか?

一説によると「茶々」は、「お市の方」が「浅井長政」に嫁ぐ以前に結婚していた「前夫」とのあいだに産まれた娘、といわれている。

豊臣秀吉の側室「茶々(淀殿)」の生涯を、カンタン解説

「茶々(淀殿)」とは、天下人「豊臣秀吉」の側室であり、「豊臣秀頼」の母親にあたる人物です。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

「茶々(淀殿)」は、戦国大名「浅井長政」と、「織田信長」の妹「お市の方」の長女として誕生します。

《淀殿(茶々)》
「引用元ウィキペディアより」


1570年】、「浅井長政」は同盟者である義兄「織田信長」を裏切り、【1573年】に戦死。

「浅井三姉妹」と呼ばれた「茶々」と、その妹「初」と「江」は、織田信長に引き取られて成長します。

1582年】、「織田信長」が「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれると、「茶々」は母「お市の方」の再婚相手である「柴田勝家」に引き取られることになります。

1583年】、「賤ヶ岳の戦い」で「柴田勝家」と「お市の方」が、「豊臣秀吉」に敗北して亡くなると、「浅井三姉妹」は「秀吉」の庇護を受けることとなります。

1588年】、「茶々」は「豊臣秀吉」の側室となって「淀殿」と呼ばれるようになり、「鶴松」と「豊臣秀頼」を産むこととなるのです。

1598年】、「豊臣秀吉」が病死すると、淀殿は後継者である「豊臣秀頼」の実母であるため、絶大な権力を振るうようになります。

1600年】、「関ヶ原の戦い」で「徳川家康」が「石田三成」を倒すと、豊臣家の勢力は一気に衰退。

1615年】、「大坂夏の陣」で、「徳川家康」に敗北した「豊臣秀頼」と「茶々(淀殿)」は、炎上する大坂城の「籾蔵(もみぐら)」のなかで自害し、生涯を終えることとなるのです。


「本能寺の変」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「織田信長【本能寺の変】の謎と最新説を考察!信長を殺した黒幕は誰?」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「茶々(淀殿)」と「秀吉」の関係!「豊臣秀吉」は「茶々」にとって、憎むべきカタキ!

茶々にとって夫「豊臣秀吉」は、母「お市の方」と兄「万福丸」のカタキに当たる人物なのです。

秀吉は【1573年】、茶々の兄「万福丸」を捕らえて、「関ヶ原」で「はりつけ」にしています。

それだけではありません。


秀吉は【1583年】の「賤ヶ岳の戦い」で、「柴田勝家」を討ち果たすとともに、その妻であった「茶々」の母親「お市の方」をも死なせているのです。

つまり「茶々(淀殿)」からすれば、「豊臣秀吉」は、母と兄を死なせたカタキ、というわけです。

そんな宿敵「豊臣秀吉」の側室になるとは、「茶々(淀殿)」には、何か思惑があったのでしょうか?


「お市の方」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「お市の方のすべてを徹底解説!家系図や[織田信長]との関係を完全網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

茶々(淀殿)は「浅井長政」の子ではなかった!

戦国大名「浅井長政」の長女とされている「茶々(淀殿)」ですが、実は「浅井長政」の子ではなかったという説があります。

茶々は、「お市の方」が「浅井長政」に嫁ぐ前に、前夫との間に産まれた娘だというのです。(「お市の方」の前夫が何者かは、不明)


「浅井長政」と「お市の方」の次女とされているのが、「初(はつ)」という女性です。

二人の初めての娘だから、「初」と名付けられたのだとか。

ちなみに、「茶々」の兄とされる「万福丸」もまた、「浅井長政」と前妻の間に産まれた子供であるといわれています。

ということは、「茶々」と「万福丸」は、両親ともに異なる血縁のない「兄妹」ということになります。

もしかすると「茶々」からすれば、縁の薄い「万福丸」の死は、それほどショックではなかったかもしれません。


「浅井長政」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「浅井長政のすべてを徹底解説!小谷城や[お市の方]との仲など完全網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

茶々(淀殿)が産んだ「鶴松」と「豊臣秀頼」は、「秀吉」の子ではない?

「茶々(淀殿)」が産んだ二人の息子「鶴松」と「豊臣秀頼」は、「豊臣秀吉の子ではない」という噂があります。

この噂は当時からささやかれており、「鶴松」と「秀頼」の実父は「大野治長」という武将だといわれていたのです。


「大野治長」とは、「茶々(淀殿)」の乳母であった「大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)」の息子にあたる武将。

「茶々(淀殿)」と「大野治長」は、幼馴染だったのです。

「治長」は高身長で、かなりの美男子だったといわれています。

秀頼は、小柄だった「豊臣秀吉」には全く似ておらず、高身長で怪力だったという記録が残っています。

「秀吉」に母親を奪われた「茶々(淀殿)」ですが、もしかすると「秀吉の血を引かない子供」を産んで、「秀吉の子」と偽って育てることこそが、「茶々(淀殿)」の「秀吉」に対する復讐だったのかもしれません。


「豊臣秀吉」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ

「豊臣秀頼」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀頼の最後と発見された遺体!『生存説』と『天草四郎の父親説』」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「茶々」こと「淀殿」は、「浅井長政」と「織田信長」の妹「お市の方」の長女として産まれたが、「浅井長政」は「織田信長」に討ち果たされた。
その後、「茶々」は「織田信長」に養われていたが、「お市の方」が亡くなると、「豊臣秀吉」に引き取られて、その側室となる。
1615年】、「茶々」は息子「豊臣秀頼」とともに「大坂夏の陣」で亡くなる。

 

2,「秀吉」は、「茶々」の母「お市の方」と、兄「万福丸」を死に追いやった人物なので、母と兄のカタキにあたる。

 

3,一説によると「茶々」は、「お市の方」が「浅井長政」に嫁ぐ以前に結婚していた「前夫」とのあいだに産まれた娘、といわれている。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

「豊臣秀吉」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る