豊臣秀吉のご遺体は現在どこにあるの?実は明治時代に発掘されていた

今回のテーマは「豊臣秀吉」です。

 

この記事では「豊臣秀吉のご遺体が、今どこにあるのか?」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「秀吉のご遺体の場所」、「お墓の場所」を、カンタンに理解できます。

 

「豊臣秀吉のご遺体」は「京都市・阿弥陀ヶ峰」にあるのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「豊臣秀吉」のご遺体は、現在どこにあるのか?

秀吉のご遺体は、京都市東山区「豊国神社」の東1kmにある「豊国廟(ほうこくびょう・とよくにびょう)」に埋葬されている

 

2,「秀吉」の死後、ご遺体はどのように埋葬されたのか?

「秀吉」が亡くなった時、「朝鮮出兵」の最中であったため、その死は「日本軍」が朝鮮半島から撤退を完了するまで秘密にされた

 

3,「秀吉」のご遺体が発掘されたときの様子とは?

明治天皇の命令により、豊国神社の再建が行われたとき、豊国廟の工事が行われたが、そのとき、埋葬された壺の中から、「秀吉のご遺体」が発見された

「豊臣秀吉のご遺体」は、現在どこにあるのか?

豊臣秀吉の遺体は、京都府京都市の「阿弥陀ヶ峰(あみだがみね)」に眠っています。

そこにある「豊国廟(とよくにびょう)」に、秀吉は埋葬されているのです。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」


一般的に、秀吉の墓は「京都市東山区」の「豊国神社」とされています。

しかし、ご遺体が埋葬されているお墓は「豊国神社」ではなく、そこから東へ1kmほど行ったところの「阿弥陀ヶ峰」という小高い丘にあるのです。

豊国神社は、あくまで「豊臣秀吉」を祀るだけの神社です。

秀吉のご遺体は、秀吉が亡くなって半年以上がすぎた後に、阿弥陀ヶ峰へと埋葬されたのです。

余談ですが、【1996年】に放送された大河ドラマ「秀吉」のオープニングで、小さな子どもが「石段」を駆け上がるシーンが放送されていました。

あの「石段」が、「豊国廟」へつながる石段です。

石段は全部で500段もあり、標高196mの豊国廟へとつながっています。


「豊臣秀吉の天下統一」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ


スポンサーリンク

秀吉の死後、ご遺体はどのように埋葬されたのか?

慶長3年(1598年)8月18日】、「豊臣秀吉」が死去。

その後、半年もの間、ご遺体が入った壺は京都「伏見城」へ安置されたといわれています。

半年後、ようやくご遺体は「阿弥陀ヶ峰」へ埋葬されました。


当時は、「朝鮮出兵」の最中であったため、「秀吉」の死が「朝鮮国」へ知られると、反撃されて日本本土を攻撃されてしまう可能性がありました。

そのため秀吉の死は、日本軍が朝鮮半島から完全に撤退するまで、公表されなかったのです。

その後、秀吉は「朝廷」から「豊国大明神」という神号(しんごう)、すなわち「神の称号」を与えられ、神として祀(まつ)られることとなったのです。

1615年】、「大坂夏の陣」で「豊臣家」が「徳川家康」によって滅ぼされると、「家康」は「豊国神社」を破壊。

秀吉から、「豊国大明神」という神号も剥奪してしまったのです。

ただ、家康は「阿弥陀ヶ峰」の墓だけは破壊しませんでした。

その後、「豊国神社」は約300年ものあいだ、復興されることなく破壊されたままとなっていたのです。


「朝鮮出兵」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【豊臣秀吉】朝鮮出兵の理由を簡単解説!結果は失敗どころか大成功だった」の記事はコチラ


スポンサーリンク

明治時代に発掘された「豊臣秀吉」のご遺体

「徳川家康」に破壊された「豊国神社」は、秀吉の死から【270年】も経過した【1868年】に、明治天皇の命令で再建されることとなりました。

1898年(明治31年)】、秀吉の3百回忌が盛大に行われています。

そのとき、「阿弥陀ヶ峰」のお墓が工事によって掘り起こされています。


巨大な壺が発見され、中にはミイラ化したご遺体が1人おさめられていたのです。

その「ミイラ」が、秀吉であると考えられています。

壺が運び出される最中に、ミイラ化した秀吉のご遺体は、ボロボロと崩れてしまったとか。

そのため、ご遺体をふたたび絹に包み、桐の箱に入れて、丁重に再埋葬されたのでした。

江戸時代の【1688年】、秀吉の墓は盗掘にあって、副葬品の「鎧」「太刀」「黄金」などは全て盗まれたといわれています。

派手好きな秀吉でしたが、副葬品もなく、1人寂しく眠っていたのです。

余談ですが、秀吉の息子「豊臣秀頼」のご遺体が、「大阪城」の地下から発見されたという噂もあります。


「豊臣秀頼のご遺体」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀頼の最後と発見された遺体!『生存説』と『天草四郎の父親説』」の記事はコチラ


スポンサーリンク

死を恐れた秀吉と「伏見城」の逸話

晩年の「豊臣秀吉」は、死を恐れて「伏見城」へ居城を移したという逸話があります。

当時、秀吉はわずか6歳の息子「秀頼」をひとり残した状態で、死の床についていました。

そんな秀吉が「伏見城」へ居城を移したのは、「伏見(ふしみ)」という言葉が「不死身(ふじみ)」という、まるで死を遠ざけてくれるかのような言葉と似ていたからだと説があります。


また、秀吉は死を間際にして、とある迷信を恐れていたようです。

「甲斐善光寺」から秀吉の命令で持ち出された「阿弥陀三尊像」が、秀吉に「たたり」をもたらしていると信じ込んでいたのです。

慶長3年(1598年)8月17日】、たたりの根源とされた「阿弥陀三尊像」は、「信濃善光寺」へ返すために京都から運び出されました。

しかし、翌日の【慶長3年(1598年)8月18日】、「豊臣秀吉」はその生涯を終えてしまったのです。

死因については諸説あり、はっきりしていません。

「祟り」ではないと思いますが、そんな迷信にすがらなくてはならないほどに、秀吉は世に想いを残していたのです。


「豊臣秀吉の死因」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の死因と最後の様子とは?天ぷらで急死説の真相と最後の言葉」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「豊臣秀吉」のご遺体は、京都市東山区「豊国神社」の東1kmにある「豊国廟(ほうこくびょう・とよくにびょう)」に埋葬されている

 

2,秀吉」が亡くなった時、「朝鮮出兵」の最中であったため、その死は「日本軍」が朝鮮半島から撤退を完了するまで秘密にされた

 

3,明治天皇の命令により、豊国神社の再建が行われたとき、豊国廟の工事が行われたが、そのとき、埋葬された壺の中から、「秀吉のご遺体」が発見された

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

「豊臣秀吉」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る