【豊臣秀吉】ひょうたん馬印の由来と意味!稲葉山城攻めが発祥だった

今回のテーマは「豊臣秀吉」です。

 

この記事では「豊臣秀吉の馬印」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「秀吉の馬印」を、カンタンに理解できます。

 

「秀吉の馬印」は「ひょうたん」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「豊臣秀吉」の馬印とは?そもそも馬印とは何なのか?

「秀吉」の馬印は「せんなりびょうたん」と呼ばれるもの。「馬印」とは、それをかかげることで、戦場での自分の存在と手柄を、主君にアピールするためのもの。

 

2,「豊臣秀吉」の「ひょうたんの馬印」は、どのように誕生したのか?

「秀吉」の「馬印」は、【1567年】の「稲葉山城・攻略戦」で手柄をたてた秀吉が、「織田信長」からもらったものといわれている。

 

3,馬印「千成瓢箪(せんなりびょうたん)」とは何か?

「秀吉」は、戦いに勝利するごとに、馬印に「ひょうたん」を加えて増やしていき、いつしか「せんなりびょうたん」と呼ばれるようになった。しかし秀吉は、「千成瓢箪」を馬印には使っていないという説もある。

豊臣秀吉の馬印は「ひょうたん」!「馬印」とは何を意味するのか?

天下人「豊臣秀吉」の馬印は、「ひょうたん」の形をしています。

羽柴秀吉(豊臣秀吉)
「引用元ウィキペディアより」

その形は、槍の穂先に「ひょうたん」を逆さまにくくりつけられた形。

《せんなりびょうたん》
「引用元ウィキペディアより」


中心の巨大な「ひょうたん」のまわりに、小さな「ひょうたん」を配置した、「千成瓢箪(せんなりひょうたん)」と呼ばれるものです。

「豊臣秀吉」は、この「ひょうたん」を馬印として使用していたのです。

「馬印(うまじるし)」とは、「自らの存在をアピールするため」のもので、戦場でかかげられた物です。

この馬印を高々とかかげて、良い活躍をしていることを、主君に手柄をアピールしていたのです。


「豊臣秀吉」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の死因と最後の様子とは?天ぷらで急死説の真相と最後の言葉」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「ひょうたんの馬印」が誕生したエピソード!「稲葉山城攻め」と槍の「ひょうたん」

秀吉の馬印は「ひょうたん」ですが、これは「織田信長」から与えられたものです。

1567年】、織田信長は宿敵である「美濃国」の斎藤家と戦っていました。

この戦いで手柄をたてた秀吉は、「ひょうたん」の馬印を与えられたのです。


斎藤家当主「斎藤龍興」の居城「稲葉山城」を攻撃していた織田信長は、部下の「木下藤吉郎秀吉」に対して、「稲葉山城」へ潜入するように指示します。

秀吉は「稲葉山城」に潜入し、内部からの破壊工作に成功します。

破壊工作に成功した秀吉は、成功を信長に知らせるための合図として、槍の穂先に「ひょうたん」を逆さまに刺し、それを振り回して「エイエイオー」と「かちどき」をあげたといわれています。

現在、「岐阜城」がそびえ立つ「金華山」には、「秀吉の馬印【千成瓢箪】発祥の地」が残されています。


「豊臣秀吉」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ


スポンサーリンク

戦うごとに増える「ひょうたん」!いつしか「千成ひょうたん」に!

「金のひょうたん」を馬印とした「秀吉」は、織田信長の重臣として、数々の戦場に出撃。

勝利を重ねるごとに、馬印の「ひょうたん」は数を増やしていき、いつのまにか「千成瓢箪(せんなりびょうたん)」と呼ばれるようになった、とのことです。

《千成瓢箪(せんなりひょうたん)》
「引用元ウィキペディアより」

しかし実は秀吉、この「千成ひょうたん」を馬印にしていないという説もあります。

当時、「馬印」には「大馬印」と「小馬印」というものがありました。

たとえば、指揮官である「秀吉」は「大馬印」をつかい、秀吉の部下である侍大将たちは「小馬印」をつかったのです。

以下に「馬印」の画像を用意いたしました。

「右から3番目が織田信長の馬印・左から2番目と5番目が秀吉の馬印」
【引用元Wikipediaより】


左から「5番目」にある「金のひょうたん」は、秀吉の「小馬印」。

左から「2番目」にある「さかさま軍配に朱(あか)の吹き出し」が、秀吉の「大馬印」。

「千成ひょうたん」の馬印で有名な秀吉ですが、実は秀吉、「千成ひょうたん」を馬印には使っていないという説があります。

秀吉が「千成ひょうたん」を使ったのは、船印。つまり秀吉が乗っていた船に、それを知らせる目印として「千成ひょうたん」をつかったというのです。

確かに「金ひょうたん」や「軍配に吹き出し」よりも、「千成ひょうたん」のほうがインパクトありますからね。

「秀吉のトレードマーク」として「千成ひょうたん」が有名になった理由もわかる気がします。

余談かもしれませんが、馬印の画像の右から3番目「金の唐傘」は、「織田信長」の馬印です。

画像にはありませんが、「徳川家康」の馬印は、「金の扇子」。

また、「馬印」の他にも「旗印」というものがありました。

たとえば、「武田信玄」は「風林火山」の旗印で有名です。

「徳川家康」といえば、「欣求浄土」の旗印。

「上杉謙信」といえば、毘沙門天の「毘」、「懸り乱れ龍」の旗などが有名です。

上の画像の一番右にある「永楽通宝」の旗印は、「織田信長」の旗印として有名ですね。

織田信長は「貨幣」つまり「お金」を旗印としたのです。


「織田信長の旗印」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「織田信長の旗印・軍旗の意味を解説!貨幣・永楽通宝を旗にした理由は」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「豊臣秀吉の馬印は「せんなりびょうたん」と呼ばれるもの。「馬印」とは、それをかかげることで、戦場での自分の存在と手柄を、主君にアピールするためのもの。

 

2,「秀吉」の「馬印」は、【1567年】の「稲葉山城・攻略戦」で手柄をたてた秀吉が、「織田信長」からもらったものといわれている。

 

3,「秀吉」は、戦いに勝利するごとに、馬印に「ひょうたん」を加えて増やしていき、いつしか「せんなりびょうたん」と呼ばれるようになった。しかし秀吉は、「千成瓢箪」を馬印には使っていないという説もある。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

「豊臣秀吉」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る