三好長慶の愛刀一覧!三好一族の宝刀と【織田信長・最期の愛刀】とは

この記事では「三好長慶」が持っていた「愛刀」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「三好長慶の愛刀」を、カンタンに理解できます。

 

「三好長慶」は「水に降る雪」、「大般若長光」、「不動国行」などの名刀を持っていたのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「三好長慶」の愛刀とは?

三好長慶の愛刀は「大般若長光」「不動国行」「水に降る雪(安宅貞宗)」など。

 

2,「三好一族」が所持していた宝刀とは?

三好一族は、「実休光忠」「薬研藤四郎」などの宝刀を所持していた

 

3,「織田信長」が最期に所持していた愛刀と、三好一族の関係とは?

織田信長は、三好一族が所持していた名刀「実休光忠」と「薬研藤四郎」をつかって、「本能寺の変」を戦った

「三好長慶」の愛刀一覧

織田信長の前に天下人だった武将「三好長慶」の愛刀を、以下に一覧でご紹介いたします。

 

《三好長慶》
「引用元ウィキペディアより」

 

「三好長慶」の愛刀は、以下の通りです。

  • 「大般若長光(だいはんにゃながみつ)」
  • 「岩切海部(いわきりかいべ)」
  • 「不動国行(ふどうくにゆき)」
  • 「安宅貞宗(あたきさだむね)」(通称・水に降る雪)
  • 「三好江」
  • 「正宗の短刀」

この中では、「不動国行」が最も有名な刀といえます。

 

「不動国行」は、室町幕府13代将軍「足利義輝」が持っていたものです。

 

1565年】の「永禄の変」で、「足利義輝」が「三好三人衆」や「松永久通」に襲われたとき、剣豪将軍「足利義輝」は、この「不動国行」や「鬼丸国綱」など、数々の名刀をつかって敵を次々と斬り倒したといいます。(この逸話は後世の創作という説もある)

 

その後、「不動国行」は、「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」へと受け継がれます。

 

「豊臣秀吉」は、「織田信長」の葬儀の際に、この「不動国行」を手に持って、葬列を歩いたといわれています。

 

家康から始まった徳川将軍家は、「不動国行」を代々伝えていきました。

 

そして、現在「不動国行」は、行方不明となってしまっています。

 

「足利義輝」が「永禄の変」で使ったとされる名刀一覧は、以下のリンク記事で、くわしく解説しております。

足利義輝のすべてを徹底解説!剣豪将軍の最期や愛刀・名刀を完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「三好一族」の宝刀一覧

名門「三好家」には、「三好長慶」が所持していた名刀だけではなく、数々の宝刀が伝えられていました。

 

それを一覧でご紹介いたします。

 

  • 「宗三左文字(そうさんさもんじ・別名「義元左文字」)」
  • 「薬研藤四郎(やげんとうしろう)」
  • 「実休光忠(じっきゅうみつただ)」

 

この「宗三左文字」は、別名「義元左文字」または「三好左文字」と呼ばれる名刀です。

 

「宗三左文字」は、別名「天下取りの太刀」と呼ばれ、「三好政長(三好宗三)」から「武田信玄の父・信虎」へと渡り、次に「今川義元」へと渡ります。

 

「今川義元」が「桶狭間の戦い」で「織田信長」に敗れると、刀は「織田信長」に奪われ、信長の愛刀となります。

 

「本能寺の変」で信長が亡くなると、その後は「豊臣秀吉」へ渡ります。

 

次にこの刀を手にした「徳川家康」は、代々将軍家へ、この名刀を伝えていくのです。

 

二代将軍「徳川秀忠」は「宗三左文字」を、「不動国行」や「江雪正宗」とともに、三代将軍「徳川家光」へと形見分けしています。

 

【2000年】の大河ドラマ「葵~徳川三代~」の「第48話・さらば秀忠」で、この「3つの名刀」を「家光」へゆずるシーンが描かれていました。

 

「宗三左文字(義元左文字)」について、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。

『今川義元の愛刀「義元左文字」と愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「織田信長・最期の愛刀」と、三好一族の関係とは?

織田信長は、この「三好一族」にゆかりの宝刀を気に入っており、「本能寺の変」で亡くなったそのときにも愛用していました。

 

「織田信長」は、「実休光忠」と「薬研藤四郎」を本能寺へと持ち込んでいたようです。

 

「実休光忠」は、「三好長慶」の弟「三好実休」の愛刀だったものです。

 

どうやら信長は、「光忠」という刀工がつくった刀を、かなり気に入っていたみたいです。

 

光忠の刀だけで、なんと「31本」も持っていたのだとか。

 

「実休光忠」は、信長が「本能寺」で激戦を戦いぬいたためか、18ヶ所も刃こぼれしている状態で発見されました。

 

その後、「実休光忠」は「豊臣秀吉」から「徳川家康」へと渡っています。

 

「実休光忠」や「薬研藤四郎」について、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。

『【本能寺の変】織田信長愛刀!本能寺で焼けた自害に使った刀とは?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「三好長慶」の愛刀は、現在どこにあるのか?

三好長慶の愛刀「大般若長光」は、現在「東京国立博物館」にあります。

東京国立博物館のホームページはこちら

 

もう一つ、「岩切海部」は「福岡市博物館」にあります。

福岡市博物館のホームページはこちら

 

それ以外の刀については、消息不明はわかりmせんでした。

 

宗三左文字」こと「義元左文字」は、京都の「建勲神社」に奉納されており、現在は「京都国立博物館」が保管しています。

 

「義元左文字」については、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。

『今川義元の愛刀「義元左文字」と愛用の「鉄兜」は今どこにあるのか?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「三好長慶」の愛刀は「大般若長光」「不動国行」「水に降る雪(安宅貞宗)」など

 

2,「三好一族」が所持していた宝刀は、「実休光忠」「薬研藤四郎」など

 

3,「織田信長は、三好一族の名刀「実休光忠」「薬研藤四郎」を「本能寺の変」で使っていた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「三好長慶」関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

三好長慶のすべてを徹底解説!子孫・家系図や因縁の名刀など完全網羅』の記事はコチラ

 

松永久秀のすべてを徹底解説!子孫・家系図や家紋に茶器まで完全網羅』の記事はコチラ
【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ
明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る