【豊臣秀吉】その名前の変化や移り変わり一覧!名を変えた理由とは?

この記事では「豊臣秀吉の名前」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「秀吉の名前の変化や移り変わり」を、カンタンに理解できます。

 

「秀吉」は生涯に「4つの名前」を名乗っているのです。

 

ただし、「羽柴秀吉」から「豊臣秀吉」へと名前が変わったわけではなく、死ぬまで「羽柴秀吉」であり、同時に「豊臣秀吉」でもあったのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「豊臣秀吉」が生涯に名乗った名前とは?

  • 幼名「日吉(日吉丸)」
  • 「木下藤吉郎(木下秀吉)」
  • 「羽柴秀吉(羽柴筑前守秀吉)」
  • 「豊臣秀吉(関白太政大臣・豊臣秀吉)」

 

2,「秀吉」が名前を頻繁に変えた理由は何?

苗字を持たない低い身分だった「秀吉」は、すさまじい速度で出世したため、「苗字」が必要になった。そのため「木下」や「羽柴」などを名乗った

 

3,「豊臣」と「羽柴」という苗字の誤解とは何か?

「豊臣」は「氏(うじ)」であり、「羽柴」は「苗字」。

秀吉は「豊臣秀吉」であると同時に「羽柴秀吉」でもあった。

「羽柴秀吉」から「豊臣秀吉」へと苗字を変えたわけではなく、秀吉は死ぬまで「羽柴秀吉」だった

「豊臣秀吉」が生涯に名乗った名前一覧

戦国時代の天下人「豊臣秀吉」は、生涯に「4つ」の名前を名乗っていました。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

「秀吉」が名乗った「名前」を一覧で紹介いたします。


その名前は以下のとおりです。

  • 日吉(秀吉の幼名)
  • 木下藤吉郎(木下藤吉郎秀吉・木下秀吉)
  • 羽柴秀吉(羽柴筑前守秀吉)
  • 豊臣秀吉(関白太政大臣「豊臣秀吉」)

農民から「天下人」という最高の身分にまで駆け上がった「豊臣秀吉」は、頻繁に名前を変えていたのです。

秀吉は出世すると同時に名前を次々と変えていきました。

なぜ秀吉は、それほどまでに「名前」を変える必要があったのでしょうか?

その理由は、「秀吉」の「出世」と関係があるのです。


「豊臣秀吉の天下統一」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「秀吉」が名前を頻繁に変えた理由

「秀吉」が名前を変えていった理由は、「苗字」を必要としたからです

もともと秀吉は、苗字を持たない身分の低い農民でした。

そのため、出世して社会的地位得ると同時に苗字が必要になっていったのです。


「偏諱(へんき・かたいみな)」

戦国時代には、「偏諱」といって、身分の高い上司または征夷大将軍などから「名前の一文字」をもらって改名する文化がありました。

たとえば「上杉謙信」は、「上杉政虎」という名前から室町幕府13代将軍「足利義輝」の一字をもらい「上杉輝虎」と改名しています。

また、他家へ養子にいくことで、「苗字」が変わることもよくあったことです。

「上杉謙信」はもともと「長尾景虎」という名前でした。

つまり「長尾」という苗字を名乗っていたのです。

しかし「上杉憲政」の養子となって「上杉家」を継承したため、「長尾」から「上杉」へと苗字が変わっています。

このとき「景虎」という名前も変えています。

先程もうしあげました「偏諱」という方法によって、「上杉憲政」の「政」という一文字をもらって「政虎」と改名したのです。

こうして「長尾景虎」は、苗字も名前も変えて「上杉政虎」と名乗ったのです。

「秀吉」に話を戻しましょう

「豊臣秀吉」は、下の名前「秀吉」は、「日吉丸」という幼名から「秀吉」となるまで、かわっていません。

ただし「苗字」が頻繁に変わっているのです。

その理由は、上杉謙信とは違って「養子」になったためではありません。

秀吉が「苗字」を変えていった理由は、とてつもない速度で出世したために、その身分にふさわしい立派な苗字を必要としたためなのです。


「上杉謙信」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【上杉謙信】強さの秘密を逸話・エピソードで解説!世界史上最強か?」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「木下」姓と「羽柴」姓の由来とは何か?

秀吉は、「豊臣秀吉」と名乗る前に、「木下」と「羽柴」という苗字を名乗っています。

「木下」「羽柴」の苗字を名乗った理由は、一体何なのでしょうか?

実は「木下」も「羽柴」も、他人の苗字をもらったものなのです。


「木下」という苗字の由来には、諸説あります。

  • 一つは、秀吉の父親「木下弥右衛門」の苗字をもらったという説。
  • もう一つが、秀吉の妻「おね(北政所)」の実家「木下」の苗字を名乗ったという説。

実は「木下」という苗字が、「秀吉の父親の苗字」と「秀吉の妻の実家の苗字」のどちらなのか、ハッキリしていないのです。

秀吉は、もともと「苗字」を持たない農民でした。

しかし出世したことにより「苗字」を必要としたため、「父」や「妻」の苗字を名乗らせてもらったのでしょう。

「木下姓」の由来はハッキリしていません。

ただし、「羽柴」の姓については面白い逸話があります。

「秀吉」は、上司である「柴田勝家」と「丹羽長秀」それぞれの苗字から「柴」と「羽」の苗字を一字ずつもらいうけて「羽柴」と名乗ったというのです。

なぜ「羽柴」と名乗ったのかというと、その理由も諸説あります。

秀吉は、「柴田勝家」と「丹羽長秀」などの「織田家の先輩たち」から、そのすさまじい速度の出世をねたまれていました。

そのため、先輩である「柴田勝家」や「丹羽長秀」から苗字の一文字をおねだりしたのです。

自らが「柴田」や「丹羽」よりも下に位置する人間であり、偉そうにするつもりはない、とご機嫌をとったのでしょう。

もうひとつの説では「羽柴」とは、「柴(しば)」つまり「焚き火につかう薪(たきぎ)」を意味しており、「羽(はね)」は「軽いもの」であることを意味しているのだとか。

そのため、「羽柴」と名乗ることで

「自分(秀吉)は、すさまじいスピードで出世しているが、実際には羽や薪のように、取るに足らない存在なのだ」

ということをアピールして、他人からの妬みを回避しようとしたというのです。

秀吉のライバル「明智光秀」は、秀吉以上の速度で出世したため、織田家の先輩たちから妬まれつづけていました。

そのため光秀は、自分の家来たちに

「馬に乗るな」

「織田家の先輩たちと顔をあわせないように、大きな道を通るな」

と指示していました。

秀吉もまた、光秀と同じように、「先輩たちからの妬み」を回避するために、「羽柴」と名乗ったのかもしれません。


「明智光秀」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「豊臣」という名前の誤解!秀吉は死ぬまで「羽柴」という苗字だった

秀吉が最期に名乗った「豊臣秀吉」という名前ですが、この「豊臣」という名前は、実は「苗字」ではありません。

秀吉は「羽柴秀吉」から「豊臣秀吉」へと

「苗字を改めた」と考えられていますが、実際には

死ぬまで「羽柴秀吉」だったのです。

どういうことかというと

「羽柴」は「苗字」であり

「豊臣」は「氏(うじ)」なのです。


現在の日本人は、「氏(うじ)」をほとんど名乗りません。

そのため「氏」と「苗字」を混同してしまい、「羽柴」も「豊臣」も、「苗字」であると勘違いしている場合が多いのです。

実際には

「羽柴」という「苗字」と

「豊臣」という「氏」は、まったくの別物です。

つまり秀吉は

「豊臣秀吉」であると同時に「羽柴秀吉」でもあったのです。

たとえば「織田信長」は、「織田」という苗字を名乗ると同時に、「平氏(へいし)」つまり「平(たいら)」という「氏」を名乗っていました。

織田信長の正式名称は

朝臣織田上総介三郎信長」

(たいらのあそんおだかずさのすけさぶろうのぶなが)

でした。

「秀吉」の名前が、「豊臣」であり「羽柴」でもある状態は、秀吉が亡くなるまで続きました。

そもそも秀吉は、なぜ「豊臣」と名乗ったのでしょうか?

それは秀吉が「豊臣」と名乗ることで、「特別な存在」になろうとしたためです。

秀吉は主君「織田信長」が「本能寺の変」亡くなった後、各地の戦国大名を従わせて「天下統一」するために、「高い身分」を必要としました。

「高い身分」がないと、戦国大名たちに「命令」を下す理由がないために、「戦国時代」という戦乱を終わらせることが出来ないからです。

秀吉は最初、武士の棟梁(トップ)である「征夷大将軍」の位を欲しがりました。

しかし、当時は「足利義昭」という「征夷大将軍」の称号をもつ人物が、まだ生きていたため、それができなかったのです。

そこで秀吉は、「関白(かんぱく)」という「天皇の次に偉い」とされる身分に目をつけます。

しかし、この「関白」という身分を手に入れるためには、一つの問題がありました。

それは

「関白という身分がもらえるのは、特定の氏(うじ)を持つ一族だけ」

であるということです。

「源平藤橘(げんぺいとうきつ)」

「関白」になるためには

  • 「源(みなもと)」
  • 「平(たいら)」
  • 「藤原(ふじわら)」
  • 「橘(たちばな)」

この「4つの氏」のうち、どれかを名乗っていなくてはいけなかった

秀吉は「近衛前久(このえ さきひさ)」という、「藤原」の氏を名乗る人物の養子となりました。

これにより、秀吉は「藤原」の氏を手に入れて、「ふじわらのひでよし」となったのです。

そうすることで「関白」の身分を手に入れたのですが、秀吉はまったく満足していませんでした。

なぜなら

「天下統一という前人未到の偉業を達成した自分(秀吉)には、源平藤橘という古い氏ではなく、自分だけの特別な新しい氏こそがふさわしい」

と考えたためです。

そこで「天皇」は、「秀吉」のために「豊臣」という氏を新しく生み出し、秀吉にあたえたのでした。

秀吉は、「豊臣」という新しい「氏」を手に入れることで、歴史上誰も並び立つことのない「特別な存在」になろうとしたのです。


「織田信長の名前」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【織田信長の名前】本名をフルネームで紹介!名前の移り変わりも解説」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「豊臣秀吉」が生涯に名乗った名前は4つ。

  • 幼名「日吉(日吉丸)」
  • 「木下藤吉郎(木下秀吉)」
  • 「羽柴秀吉(羽柴筑前守秀吉)」
  • 「豊臣秀吉(関白太政大臣・豊臣秀吉)」

 

2,「秀吉」が名前を頻繁に変えたのは、苗字を持たない低い身分だったが、すさまじい速度で出世したため、「苗字」が必要になったから。そのため「木下」や「羽柴」などの苗字を名乗った。

 

3,「豊臣」は「氏(うじ)」であり、「羽柴」は「苗字」。秀吉は「豊臣秀吉」であると同時に「羽柴秀吉」でもあった。「羽柴秀吉」から「豊臣秀吉」へと苗字を変えたわけではなく、秀吉は死ぬまで「羽柴秀吉」だった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

「豊臣秀吉」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る