前田利家の死因は何?最期の様子と遺言に込められた徳川家康への想い

加賀百万石「前田利家」の「死因」と「最期の様子」などを、わかりやすく解説いたします。

かぶきもの」と呼ばれ、天下人「豊臣秀吉」の親友であった「前田利家」

その死因は何だったのか?

一説によると、死因は「がん」だったのだとか。

利家の寿命が、もう少し長かったら、「天下」が取れていたかもしれない!!!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 「前田利家」の死因は「がん」の可能性が高い。利家は、持病の「腹痛」で苦しんでいた。
  2. 「利家」は、徳川家康を暗殺しようとしていたらしいが、断念。最期は妻の「おまつ」が作ってくれた「くさりかたびら」をことわって亡くなった
  3. 利家のお墓は「石川県金沢市」の「野田山墓地」または「宝円寺」にある。遺言からは「徳川家康」のことを警戒している様子がうかがえる。

前田利家の死因!最期は「がん」で亡くなった

「前田利家」の死因は、内蔵の「がん」であったという説があります。

特に「消化器官系」の「がん」であった可能性が高いのだとか。

《前田利家》
「引用元ウィキペディアより」

もともと、前田利家は持病であった「差しこむような腹痛」で苦しんでいました。

この「差しこむような痛み」は「胆石」による「発作」なのではないかと言われています。

正確に、どういった部位の「がん」であったかはわかりません。

しかし、徐々に衰弱して亡くなる様子からみても、「がん」であった可能性が高いでしょう。

1599年4月27日、前田利家は「大阪」の自宅で亡くなります。

享年62歳

徳川家康よりも遥かに人望があったという、人徳の名将「前田利家」。

もしも利家が生きていたら、徳川家康の天下はなかったかもしれません。


スポンサーリンク

前田利家の最期!あと少し長生きしてたら天下が取れた

あと少し長生きだったら、徳川家康の天下はなかった

1598年、前田利家が亡くなる前年、天下人だった「豊臣秀吉」が亡くなります。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

秀吉の死より、豊臣秀吉の次に位置していた実力者「徳川家康」が「天下取り」に動き出すのです。

秀吉の死後、天下は「徳川家康の派閥」と、「前田利家の派閥」。この2つの派閥に分かれていました。

つまり「徳川家康に味方する武将たち」と、「前田利家に味方する武将たち」に分かれたのです。

このとき、実は「前田利家」に味方した武将の数のほうが、多かったといわれています。

そのまま「徳川家康」と「前田利家」が戦っていたら、前田利家が勝利していたでしょう。

しかしすでに病気だった前田利家は、天下を取ることなく、亡くなったのです。

《徳川家康》
「引用元ウィキペディアより」

本当かどうかはっきりしていませんが、利家は「病気見舞い」にきた「家康」を、布団の中に隠していた「刀」で斬り殺そうとしたという逸話があります。

ところが気が変わったらしく、息子の「利長」を家康に託しています。

利家・・・もしも生きていたら、「徳川幕府」は存在していなかったかもしれません。


スポンサーリンク

前田利家の最期!「くさりかたびら」の逸話

利家は、死の間際に妻「まつ」から「くさりかたびら」を渡されたといいます。

おまつ

「あなたはたくさんの人を殺しました。

地獄行きは避けられません。

どうかこれを着ていってくださいませ」

 

利家

「俺は生涯において、義理のたたない戦は一度もしたことはない。

俺が地獄行きだというなら、先に行った連中とともに、閻魔と合戦してくれる。

そのくさりかたびらは、お前があとから被って来い」

その後、利家は腹部へのあまりの激痛により、自ら腹を斬って亡くなったとも言われています。

これを聞いた宿敵「徳川家康」は、利家の最期を「見事」と言って褒めたたえたのでした。


スポンサーリンク

利家の『お墓』と『遺言』!徳川家康を警戒していた?

前田利家のお墓!「野田山墓地」と「宝円寺」

利家のお墓は「石川県金沢市」に2か所あります。

・「野田山墓地」

・「宝円寺」

利家のお墓は、「野田山墓地」に、妻「おまつ」のお墓とともにあります。

また、同じ「石川県金沢市」の「宝円寺」にも、利家の墓があると言われています。

「宝円寺」は、前田利家がつくった「前田家」の菩提寺。

一説によると、「病気見舞い」にきた徳川家康を暗殺しようとした際、死を覚悟した前田利家は、この「宝円寺」に「自画像」と「自分の髪」を埋めたのだとか。


スポンサーリンク

利家の遺言!徳川家康との戦争を心配していた!

利家は、死後に徳川家康と前田家が戦争になった場合を想定し、数々の遺言を残しています。

 

・もしも「豊臣秀頼」公に反乱を起こすものがいたら、前田家全軍16000名で撃破せよ。

・合戦となったら、敵の領地に一歩でも踏み込んで戦え。自分の領地内を戦場にしてはならない。(これは織田信長流の戦い方だった)

・新しく召しかかえた家来は、20年仕えたら、譜代の家来と同じにあつかって良い。

 

おそらく、利家は息子の「利長」が、「徳川家康」と戦う可能性を考えていたのです。

「家康」を大変に警戒している様子がわかります。

利家は最期の最期まで、徳川家康へ「警戒」や「恐怖」といった想いを抱いていたのでしょう

実際、利家が亡くなると、家康は息子「前田利長」を滅ぼそうとします。

しかし、利家の妻「おまつ」が、家康のいる「江戸」へ人質となって行ったため、徳川と前田は和解。

両家は婚姻関係を結び、前田家は「日本最大の大名」として「明治維新」まで存続することとなるのです。


スポンサーリンク

『前田利家』について「ひとこと」言いたい!

前田利家・・・・実は「勝ち馬に乗る」のがとても上手な「世渡り上手」だったと言われています。

「かぶきもの」「槍の又左衛門」などと呼ばれた豪傑。

まさに「体育会系」ですが、その世渡りは実に「たくみ」です。

本能寺の変」で「織田信長」が亡くなると、「柴田勝家」について、親友「羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)」と対立。

しかし「柴田勝家」が、「羽柴秀吉」に負けそうになると、即座に秀吉にのりかえ。

また、利家が亡くなる直前、「豊臣家」と「徳川家」を天秤にかけて、最期は「徳川家康」に乗りかえています。

このおかげで、利家は「織田家」「豊臣家」という主人の家が滅亡したのちも「加賀百万石」の大領地を支配する「日本最大の大名」として存続。

21世紀の今なお、前田家はつづいているのです。

利家・・・非常に体育会系で「福島正則」や「加藤清正」のような「武断派」と呼ばれる武闘派の面々からは、かなり慕われていたと言われています。

「人から慕われる人徳」があって、しかも「世渡り上手」・・。

もはや天下を取る実力があったと考えて良いはずなのに、寿命が足りずに天下が取れなかったのです。

秀吉は、生前に「鍋島直茂」という名将に対して、こんな言葉を残しています。

「鍋島直茂は、天下をとるには知恵も勇気ももっているが、ゆいいつ覇気が足りない」

前田利家も、世渡り上手な「知恵」と、武勇にすぐれており「勇気」をもっていました。

ただ、「覇気」・・・つまり「天下を取ることへの欲望」が足りなかったのではないでしょうか。

徳川家康は、欲望をおもいっきりさらけだして、手段を選ばず、がむしゃらに天下を取りに行っています。

8代将軍「徳川吉宗」も、「征夷大将軍」になるために、露骨にその欲望をみせています。

目標への執念。天下への欲望が、かぶきもの「前田利家」には足りなかった気がします。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 前田利家の死因は「がん」。おそらく消化器官のガンで亡くなったのだろう
  2. 利家は、最期に「徳川家康」を暗殺しようとしていたらしい。しかしそれを中止して病死した。最期は妻「おまつ」がつくった「くさりかたびら」をことわって亡くなった
  3. 利家のお墓は「石川県金沢市」の「野田山墓地」、または「宝円寺」にある

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ
「徳川家康の年表を詳しく簡単解説!子供の誕生と居城を網羅」の記事はコチラ
「豊臣秀吉の末裔・子孫は現在タレント?茶々の血を引く有名人って誰だ」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る