薩摩藩士の掛け声「チェスト」の意味とは!なぜ英語が喋れるのか?

薩摩藩士がよく口にしている「チェスト」という言葉。

昔から薩摩人は英語が話せたのか?と思ってしまいますよね。

実はこれ、掛け声がなまって「チェスト」になった、など起源は諸説あるのです。

この記事では「チェスト」について調査し、わかりやすく解説いたします。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「チェスト」というのは、薩摩藩で訓練されていた剣術「示現流」の掛け声

・この掛け声は、江戸時代後期から使われ始めたという説がある

・「チェスト」とは、「知恵を捨てろ」という言葉がなまったもの、とも言われている


《チェストってどういう意味?》

薩摩藩士がよく口にする「チェスト」。

まるで薩摩藩士は英語がしゃべれるのではないか?という印象を与えます。

これにはいったいどういう意味があるのでしょうか?

実は鹿児島県の方言で、自分を鼓舞する時に使う叫び声です。

つまり雄叫び。

戦い前など、気合を入れるために使われていたみたいです


《いつからチェストと叫ぶようになった?》

はっきりとしたことはわかりませんが、「チェスト」という言葉は江戸後期から使われていると言われています。

その始まりは「剣法の掛け声」。

薩摩の剣法は「示現流」で、薩摩藩を中心に伝わった古流剣術。

流祖は「東郷重位」。

薩摩内では江戸後期に島津斉興より御流儀と称され、薩摩藩の一部の分家を除き、藩外の者に、この剣術を教えることは、厳禁とされていました。

この示現流の掛け声の時に「チェスト」が使われていたので、薩摩藩士は気合を入れる時などによく口にしていたみたいです。


スポンサーリンク

《掛け声が、なぜよりによってチェストなのか?》

英語が使われている掛け声「チェスト」。

英語として使われていたのではなく、示現流の心構えの一つ「知恵を捨てろ」という言葉がだんだん訛り、「チェスト」になったという説があります。

「知恵を捨てろ」→「ちぇすてよ」→「チェスト」。

いろいろな説がありますが、これが有力だと思います。


《『薩摩藩士・示現流』について、レビュー(評論)!》

「チェスト」という言葉、漫画やゲームでは、江戸時代以前から使われていた描写があります。

この記事では「江戸時代後期」という説を取り上げましたが、根拠がはっきりとしたものではないため、真実は違う可能性もあります。

薩摩「示現流」・・・最初の一太刀に全てを込める。つまり「一撃で決める」ことを目的とした剣術

二の太刀要らず、つまり二度目の攻撃を考えてはならない「一撃必殺」の剣術だったみたいですね。

これはつまり「決死の覚悟で刀を振り下ろせ」ということですね。

薩摩藩が強かった理由の一つがわかった気がします。


《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・「チェスト」というのは、剣術における「掛け声」

・この言葉が使われ始めたのは「江戸後期」と言われている

・起源は英語ではなく、「知恵を捨てろ」から訛ったものではないか

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「【錦の御旗とは】その意味を解説!なぜ旗で戊辰戦争の勝敗が決したの?」の記事はコチラ
「【鳥羽伏見の戦いとは】わかりやすく解説!戦争の場所と新選組の戦い」の記事はコチラ
「【王政復古の大号令とは】世界一わかりやすく簡単に5分で解説!」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る