井伊直政の死因は銃創だけじゃない?殺害した犯人が誰なのかも判明!

徳川四天王の一人「井伊直政」

42歳の若さで亡くなった直政の死因は「銃創」だけではなかった?

「井伊の赤鬼」を殺害した犯人は誰?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

井伊直政の死因は「銃創」のみならず「過労」も一因

・直政を銃撃したのは島津家臣「柏木源藤(かしわぎ げんとう)」

・柏木は、井伊直政の死後、直政の菩提を弔うため出家し、諸国を旅したらしい


井伊直政の死因は何?

徳川四天王の一人「井伊直政

直政は1602年、関ヶ原の戦いの2年後、42歳の若さで亡くなっています。

死因は、銃創

直政は、関ヶ原の戦いで、敗走する「薩摩・島津軍」を猛追撃。

味方を振り切って追撃している最中に、鉄砲で右肘(右肩又は左腕という説も有り)に銃撃を受け、落馬。

この銃創が原因で、徐々に衰弱していき亡くなった・・・と言われています。

しかし、死因はもう一つあるのです

それは「過労

直政は極度の負けず嫌いだったので、仕事量も半端ではなかったのだとか。

銃創で瀕死の重傷を負っているにもかかわらず、直政は「関ヶ原の戦い」の戦後交渉を各方面に対して行っています。

その結果なのか、真田昌幸・幸村親子は命を救われています。

挙句の果てには、直政を襲撃した「島津家」までも、直政の工作のおかげで、領地の削減なし。

この銃創・心労・過労が重なって、直政は亡くなってしまったのです。

ちなみに直政の娘婿で、家康の四男「松平忠吉」も、関ヶ原の戦いで受けた傷が元となり、1607年に亡くなっています。


井伊直政の家系図」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。よろしければご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓↓

「井伊直政の家系図解説!直虎や桜田門で死んだ井伊直弼との関係は?」の記事はコチラ

井伊直政家臣団」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。よろしければご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓↓

「井伊直政の家臣団名簿一覧!「井伊の赤鬼」が率いる赤備え軍団とは?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

直政を殺害した犯人は誰?

井伊直政を銃撃した犯人は、一体誰なのでしょうか?

直政は「関ヶ原の戦い」終盤、撤退する「島津軍」を相手に追撃戦を展開。

この追撃戦で、猛将「島津豊久」を討ち取っています。(ちなみに「島津豊久」は、マンガ「ドリフターズ」の主人公)

その島津軍から銃撃を受けて、直政は負傷しています。

直政を狙撃したのは島津家臣「柏木源藤(かしわぎ げんとう)

藪の中に身を潜めていた柏木は、鉄砲で井伊直政を狙撃し、落馬させ、主君「島津義弘」の撤退を助けたのです。

その後、「柏木」は薩摩国へ帰還。

直政狙撃という大手柄にも関わらず、その後は貧困に苦しんで武士から町人へと没落。

井伊直政が自分の鉄砲で亡くなったと知ると、供養のために出家。

更には修行の旅にでましたが、二度と薩摩に帰ってくることはなかったと言われています。

鹿児島市南林寺町の寺・南林寺に「柏木源藤」の墓があります。

旅から戻らなかったんじゃなかったのか?と言いたくなりますが、こっそり帰っていたのかもしれません。


井伊直政の子孫」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。よろしければご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓↓

「徳川四天王とは誰?4人のその後と子孫をわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・井伊直政の死因は「銃創」のみではなく、過労も一因だった

・直政を銃撃したのは、島津家臣「柏木源藤(かしわぎ げんとう)」

・柏木は、関ヶ原の戦いの後に没落し、町人・・又は僧となった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る