MENU

源義経の家系図をわかりやすい図で解説!子孫は今も続いているの?

【源義経】の子孫は断絶したといわれていますが、義経の息子が【中村朝定】と名乗って生き延びた伝説があるようです。

その子孫が、現代にも続いているのだとか。

この記事では【源義経の子孫】について、ひと目でわかるように家系図の画像つきで、カンタンに解説いたしました。

これを読めば、源義経の子孫について、一瞬でわかります。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 源義経の息子は生き延びて【中村朝定(なかむら ともさだ)】と名乗り、生き延びたという伝説がある
  2. 義経の先祖には、名将・源義家や、9世紀の清和天皇がいる
  3. 義経の息子とされている中村朝定の子孫には、福井県立大学の名誉教授で農学者の中村充(なかむら まこと)さんがいる

源義経の家系図

源義経の家系図は、以下のとおりです

【源義経の家系図】 家系図の引用などは、ご遠慮くださいませ。 クリックすると拡大できます。

源義経には、静御前という女性とのあいだに、男児がいました。

しかし、その男の子が生まれたとき、義経は兄・源頼朝と敵対していました。

そのため、頼朝は静御前が女子を産んだら命を助けても良いが、男子を産んだら処刑する、と言い渡したのでした。

その後、静御前は男子を産んだため、その子は由比ヶ浜(現在の鎌倉市南部の海岸)に埋められ、亡くなったのでした。

 

源頼朝・北条義時・北条政子については、以下のリンク記事で、くわしく解説しております。


スポンサーリンク

源義経の先祖

源義経の先祖は、9世紀に活躍した、清和天皇(せいわてんのう)というお方です。

もうひとり、義経の先祖には、源義家(みなもとのよしいえ)という名将がいます。

義経たち源氏(げんじ)とよばれる一族は、天皇の血を引く一族でした。

そのため義経たち源氏一族は、清和源氏(せいわげんじ)とも呼ばれています。

しかし時代が流れるにつれて、天皇の末裔であった源氏はいつのまにか、武士という低い身分へ落ちていたのです。

そんな源氏の一族から、源義家という名将が誕生します。

義家は、後三年の役(ごさんねんのえき)という戦争で活躍し、その名前を歴史に刻みつけました。

その末裔である義経もまた、兄・源頼朝とともに、宿敵であった平家を攻め滅ぼして、その名を歴史に刻みつけたのでした。

義経の先祖は、清和天皇、そして伝説の名将・源義家なのです。


スポンサーリンク

源義経の子孫

極めて可能性が低いとは思うのですが、2021年にお亡くなりになられた農学者・中村充(なかむら まこと)先生という方が、源義経の子孫かもしれません。

【源義経の家系図】 家系図の引用などは、ご遠慮くださいませ。 クリックすると拡大できます。

源義経には、1189年に、衣川の戦いで義経とともに亡くなった娘と、静御前が産んだ男の子がいました。

娘も息子も、幼くして亡くなっていますので、子孫が残っている可能性は低いです。

しかし、青森県弘前市の円明寺というお寺には、義経の息子が生き延びたという言い伝えが残されています。

それによると、千歳丸(ちとせまる)という義経の息子が、常盤入道念西(ひたちにゅうどうねんさい)という人物の養子となって生き延びたというのです。

千歳丸は、のちに中村朝定(なかむら ともさだ)と名乗り、現代までつづいているのだとか。

その末裔が、農学者・中村充先生である可能性があります。

ただ、あくまでも伝承であり、義経の子孫が本当に続いているのかどうかは、はっきりしていません。

余談ですが、義経の叔父に、猛将と恐れられた源為朝(みなもとのためとも)という人物がいます。伝説でしかありませんが、この源為朝の子孫が、西郷隆盛の妻・愛加那(あいかな)であるといわれています。

 

義経の最期、については以下のリンク記事で、くわしく解説しております。


スポンサーリンク

源義経と【チンギス・ハーン】の伝説について超かんたん解説

源義経には、生き延びて大陸へわたり、チンギス・ハーンと名を変えて、ユーラシア大陸に大帝国を作り上げた、という伝説があります。

結論からいえば、義経がチンギス・ハーンになったというのは、真実ではありません。

近年の研究では、義経とチンギス・ハーンは、間違いなく別人なのです。

ただ、義経とチンギス・ハーンが同一人物であるという、あくまでもフィクションの物語としてならば、とても興味深くて、楽しめるものであると思います。

筆者も、義経とチンギス・ハーンはまったくの別人であると思っていますが、それでも心のどこかで、この夢のある物語への期待を捨てきれないのです。

 

源義経については、以下のリンク記事で、くわしく解説しております。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 源義経の息子は生き延びて【中村朝定(なかむら ともさだ)】と名乗り、生き延びたという伝説がある
  2. 義経の先祖には、名将・源義家や、9世紀の清和天皇がいる
  3. 義経の息子とされている中村朝定の子孫には、福井県立大学の名誉教授で農学者の中村充(なかむら まこと)さんがいる

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

その他の人物はコチラ

鎌倉時代に活躍した歴史上の人物等


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次