【徳川家康】関ヶ原の戦いでの勝因とその後!家康は敗北寸前だった!

今回のテーマは「徳川家康」です。

 

この記事では「徳川家康」と「関ヶ原の戦い」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「なぜ徳川家康が、関ヶ原の戦いに勝利できたのか」を、カンタンに理解できます。

 

「徳川家康」が勝利できた理由は「裏切り」です。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「徳川家康」が「関ヶ原の戦い」に勝利できた理由は、なにか?

「家康」が「関ヶ原の戦い」で勝利できた理由は、敵将である「小早川秀秋」と「吉川広家」の両者を裏切らせて、味方に引き入れたから。

 

2,「徳川家康」は「石田三成」に敗北する寸前だったのか?

「徳川家康」に味方していた「豊臣家に恩のある武将たち」は、家康を裏切る可能性がとても高かった。「家康」が勝利するためには、「短期決戦」しかなかった。逆にいえば「長期戦」に持ち込めば、勝利できた可能性が高かった。

 

3,「関ヶ原の戦い」の「その後」に起こったこととは?

「関ヶ原の戦い」の15年後、【1615年】に「大坂夏の陣」が勃発し、「豊臣秀頼」が自害。豊臣家は滅亡し、「徳川家康」による天下が確固たるものとなった。ここから【1868年】の「明治維新」まで、【253年】にも及ぶ平和な時代が続くこととなる。

徳川家康が「関ヶ原の戦い」で勝利できた理由は何?

1600年】、天下分け目と呼ばれた「関ヶ原の戦い」に「徳川家康」が勝利できた理由は、「裏切り」です。

《徳川家康》
「引用元ウィキペディアより」

「家康」は、「石田三成」がひきいた敵の武将二人を「裏切らせる」ことに成功しているのです。


その二人の武将とは、「小早川秀秋」と「吉川広家」という人物です。

特に「小早川秀秋」という武将を裏切らせたことは、家康の勝利を大きく決定付けた要因です。

もともと家康は、「関ヶ原の戦い」で、かなり不利な状態におちいっていました。

ところがその窮地を、「敵から裏切り者を出させること」で、一気に逆転することに成功したのです。


「関ヶ原の戦いが起こった原因」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「徳川家康と石田三成が関ヶ原の戦いを起こした理由!なぜ二人は戦った?」の記事はコチラ

「小早川秀秋」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「小早川秀秋の死因は祟りではなかった?関ヶ原のその後の生活は悲惨!」の記事はコチラ


スポンサーリンク

実は「家康」は「石田三成」に敗北する寸前だった!

「関ヶ原の戦い」で、家康は「石田三成」に、絶体絶命のところまで追い詰められていました。

実は家康に味方していた「福島正則」や「浅野幸長」たちは、家康を裏切る可能性がとても高かったのです。


三成は「豊臣家」の本拠地である「大坂城」を占拠していました。

そしてその「大坂城」に住んでいたのが、「豊臣秀吉」の息子「豊臣秀頼」です。

「石田三成」は、この「豊臣秀頼」を旗印にしていました。

「福島正則」や「浅野幸長」「山内一豊」のような、「豊臣家に恩がある武将たち」は、「秀吉」の息子「秀頼」に敵対することなどできなかったのです。

家康は表向きでは、「秀頼を守るために、逆臣である石田三成を討ち果たす」という名目で、石田三成がひきいた「西軍」と戦っていました。

しかし実際のところ、「家康」の目的は「豊臣家を乗っ取ること」でした。

実は「豊臣家」を守ろうとしていたのは、「石田三成」のほうだったのです。

これが「福島正則」や「浅野幸長」にバレると、家康は「豊臣家に恩がある武将たち」に、まとめて裏切られる可能性が高かったのです。

窮地におちいっていた家康に残された選択肢は、たった一つしかありませんでした。

「短期決戦」です。

「味方からの裏切り」を回避するためにも、家康は「短期決戦」に打って出るしか方法が無かったのです。

そしてその短期決戦に、家康は見事に勝利したのです。

逆にいえば「石田三成」は、「長期戦」に持ち込めれば、勝利できた可能性が高かったのです。


「石田三成」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「石田三成の死因と最後の様子とは?最後の言葉『英雄の命と志』の逸話」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「関ヶ原の戦い」の「その後」に、何が起こったのか?

1600年】、「関ヶ原の戦い」で勝利した家康は、「豊臣家」を弱体化させることに成功します。

家康は、「200万石」以上あった「豊臣家」の領地を、「65万石」にまで削減し、豊臣家は没落していったのです。


「関ヶ原の戦い」の3年後、「徳川家康」は「征夷大将軍」に就任します。

「征夷大将軍」とは、武士のトップに位置する位です。

この位を手に入れた家康は、主君であった「豊臣家」よりも上の身分となったのです。

これ以降、家康は「豊臣家」に臣従を迫っていきました。

つまり、主君であった「豊臣家」に対して、逆に「家来になれ」と迫ったわけです。

ところが「豊臣家」と「豊臣秀頼」は、家康の部下となることを、頑として受け入れなかったのです。

1615年】、ついに「豊臣家」と「徳川家」は、「大坂の陣」で激突することとなります。

「関ヶ原の戦い」から15年後におこった「大坂夏の陣」によって、「豊臣秀頼」は自害し、「豊臣家」は滅亡してしまいます。

「徳川家康」の天下は、こうして確固たるものとなりました。

このときから、【1868年】の「明治維新」まで、【253年】にも渡る平和な時代が続くこととなるのです。


「関ヶ原の戦い」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【関ヶ原の戦い】簡単にわかりやすく解説!いつ誰と誰が戦ったの?」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「徳川家康」が「関ヶ原の戦い」に勝利できた理由は、敵将である「小早川秀秋」と「吉川広家」の両者を裏切らせて、味方に引き入れたから。

 

2,「徳川家康」は「石田三成」に敗北する寸前だった。「家康」に味方していた「豊臣家に恩のある武将たち」は、家康を裏切る可能性がとても高かった。「家康」が勝利するためには、「短期決戦」しかなかった。逆にいえば「長期戦」に持ち込めば、勝利できた可能性が高かった。

 

3,「関ヶ原の戦い」の15年後、【1615年】に「大坂夏の陣」が勃発し、「豊臣秀頼」が自害。豊臣家は滅亡し、「徳川家康」による天下が確固たるものとなった。ここから【1868年】の「明治維新」まで、【253年】にも及ぶ平和な時代が続くこととなる。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

『徳川家康』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る