豊臣秀吉の本名は「豊臣朝臣羽柴秀吉」だった!名前の意味を簡単解説

今回のテーマは「豊臣秀吉」です。

 

この記事では「豊臣秀吉の本名」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「豊臣秀吉の名前」を、カンタンに理解できます。

 

「豊臣秀吉の本名」は「豊臣朝臣羽柴秀吉」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「豊臣秀吉」の本名とは?

「秀吉」の本名は、「豊臣朝臣羽柴秀吉」(とよとみのあそんはしばひでよし)。

 

2,「豊臣秀吉」の本名は、それぞれどういう意味なのか?

「豊臣」は「氏(うじ)」。「朝臣」は「姓(かばね)」。「羽柴」は「苗字」。「秀吉」は「諱(いみな)」にあたる。

 

3,「秀吉」は「豊臣」を名乗る前は、なんという氏だったのか?

「秀吉」は、「豊臣」という氏を名乗る前に、「平秀吉」と名乗っており、その次に「近衛前久」の養子となって「藤原秀吉」と名乗っていた。

豊臣秀吉の本名は「豊臣朝臣羽柴秀吉」だった

天下人「豊臣秀吉」の本名は、「豊臣朝臣羽柴秀吉(とよとみのあそんはしばひでよし)」です。

羽柴秀吉(豊臣秀吉)
「引用元ウィキペディアより」

秀吉といえば、「羽柴秀吉」から「豊臣秀吉」へと、名前がかわったと思われがちですが、実は違います。

実は秀吉、ずっと「羽柴秀吉」のままだったのです。


「豊臣」は氏(うじ)であり、「羽柴」は苗字(みょうじ)。

「氏」の制度は、明治時代に廃止されています。

そのため、現在の日本では「氏」を名乗る習慣がありません。

それが原因で勘違いされていますが、「豊臣秀吉」は死ぬまで「羽柴」という苗字をもつ「羽柴秀吉」であり続けたのです。

つまり「豊臣秀吉」は、「豊臣」であり、同時に「羽柴」でもあったということです。

そのため「秀吉」の本名は、「豊臣朝臣羽柴秀吉(とよとみのあそんはしばひでよし)」ということになるのです。


「豊臣秀吉の名前」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【豊臣秀吉】その名前の変化や移り変わり一覧!名を変えた理由とは?」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「豊臣朝臣羽柴秀吉」という名前が何を意味しているのかをカンタン解説

「豊臣朝臣羽柴秀吉」とは

  • 「豊臣」という「氏」
  • 「朝臣」という「姓(かばね)」
  • 「羽柴」という「苗字」
  • 「秀吉」という「諱(いみな)」

によって構成されています。

豊臣というのは「氏」、つまり「血族」を意味しています。


「氏」で有名なものといえば、「豊臣」のほかにも

  • 「源氏」
  • 「平氏」
  • 「藤原氏」
  • 「橘氏」

などが有名です。

「朝臣(あそん)」とは「姓(かばね)」のことです。

684年】に「中大兄皇子(天智天皇」)」の弟「天武天皇」が定めた「八色の姓(やくさのかばね)」という制度によれば、「朝臣」は上から二番目の姓です。

最上級の「真人(まひと)」は皇族にだけ与えられるものなので、「朝臣」は事実上最高級の姓ということになります。

「豊臣」という氏は、「天下統一」をなしとげた「豊臣秀吉」に対し、前人未到の偉業を達成したことを賞するための、特別な称号なのです。

もともと秀吉は「農民」出身だったため、「氏」など名乗れない身分だったのでしょう。

しかし猛スピードで出世を続けた秀吉は、その身分にふさわしい「氏」が必要になりました。

そのため秀吉は「豊臣」という氏を与えられる以前に、「平秀吉」と名乗っていたのです。


「天武天皇」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【天武天皇の謎】天智天皇との関係と『壬申の乱』を起こした理由」の記事はコチラ


スポンサーリンク

秀吉は「平氏」だった!もともと「平秀吉」と名乗っていた!

もともと秀吉は「平秀吉」、つまり「平氏」の氏を名乗っていました。

秀吉は、主君「織田信長」が「平清盛」の子孫を自称し、「平氏」と名乗っていたことをマネして、自分も「平氏」を名乗ったと考えられています。


そんな「平秀吉」でしたが、その後「藤原鎌足(中臣鎌足)」の末裔である名門「近衛家」の当主「近衛前久(このえ さきひさ)」に養子入りして、「藤原」を名乗るようになります。

「藤原朝臣近衛秀吉(ふじわらのあそんこのえひでよし)」の誕生です。

「藤原秀吉」となった秀吉でしたが、これで満足はしませんでした。

天下統一した自分には、古い「藤原氏」という氏は、ふさわしくないと考えるようになったのです。

そこで秀吉は、朝廷・天皇に願い出て「豊臣」という特別な氏を賜ったのでした。

秀吉は、数百年も続く伝統ある「源平藤橘」の氏に、「豊臣」という新たな氏を追加させることに成功したのです。


「近衛前久」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「近衛前久の全てを徹底解説![明智光秀]や[本能寺の変]との関係とは」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「藤原秀吉」から「豊臣秀吉」へ

「藤原朝臣近衛秀吉」と名乗った「秀吉」は、朝廷から「豊臣」という、「源平藤橘」に続く新たな氏をいただき、「豊臣秀吉」と名乗ることとなります。

「豊臣朝臣羽柴秀吉」の誕生です。

秀吉は、【1586年】から「豊臣」を名乗り始めています。

当時の秀吉は、「近畿」「四国」「中部」などを制圧し、天下統一目前の状態でした。

そんな秀吉は、「農民から天下統一」へたどりついた自らの偉業は、前人未到のものであるから、そんな自分が「源平藤橘」という古くからの氏に並ぶ、新たな氏を名乗るのは当然である、と考えていたのです。

「豊臣秀吉」となった秀吉は、この「豊臣」という氏を、事あるごとに家来たちへ与えていきました。

たとえば「真田幸村」のような、若くて身分も低い武将にも、「秀吉」は気前よく「豊臣」という氏を与えていったのです。

そうすることで、「豊臣」という氏を持つ構成員を数多く生み出し、自らの権力基盤を強固にしていったというわけです。

しかし、秀吉の「豊臣」の氏を拡散する地盤固めは、長くは続きませんでした。

秀吉から「豊臣」の氏を与えられ、「豊臣朝臣」を名乗っていた「徳川家康」は秀吉の死後、【1603年】に「源朝臣(みなもとのあそん)」を名乗り、「征夷大将軍」に就任してしまいます。

武士のトップの称号である「征夷大将軍」を名乗った家康は、【1615年】に「大坂夏の陣」で秀吉の子「豊臣秀頼」を討ち果たし、「豊臣家」を滅亡させます。

豊臣家は、秀吉の死後、わずか「17年」で滅亡。

その後、秀吉の妻「北政所(おね)」の実家である「木下家」を除き、「豊臣」という氏を名乗るものは、ほとんどいなくなってしまいました。


「真田幸村」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「真田幸村の生涯年表をわかりやすく解説!九度山の幽閉生活は悲惨だった」の記事はコチラ

「真田幸村の本名と名前の由来をカンタン解説!「二人の名将」との因縁」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「豊臣秀吉」の本名は、「豊臣朝臣羽柴秀吉」(とよとみのあそんはしばひでよし)。

 

2,「豊臣朝臣羽柴秀吉」とは、「豊臣」は「氏(うじ)」。「朝臣」は「姓(かばね)」。「羽柴」は「苗字」。「秀吉」は「諱(いみな)」にあたる。

 

3,「秀吉」は、「豊臣」という氏を名乗る前に、「平秀吉」と名乗っており、その次に「近衛前久」の養子となって「藤原秀吉」と名乗っていた。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

「豊臣秀吉」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る