【織田信長】なぜ浅井長政は信長を裏切ったの?2人の戦いを総解説

この記事では「織田信長と浅井長政の戦い」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「浅井長政が、なぜ織田信長を裏切ったのか」を、カンタンに理解できます。

 

「浅井長政」は「織田信長から部下としてあつかわれることに我慢できなくなり、裏切った」のです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「浅井長政」は、なぜ「織田信長」を裏切ったのか?

織田信長が、対等な同盟関係にあったはずの「浅井長政」を、まるで部下のようにしてあつかったため、長政は信長に支配されることを恐れて、独立を保つために信長を裏切った

 

2,「浅井長政」と「織田信長」の戦いとは?

1570年】の「金ヶ崎の退き口」を始めとして、「姉川の戦い」、「志賀の陣」、【1573年】に「小谷城の戦い」で「浅井長政」が亡くなるまで、戦いは3年続いた

 

3,「浅井長政」の最期と、子孫とは?

浅井長政は、妻「お市の方」や子供たちを逃したあと、自害して亡くなった。子孫は「皇室」にも受け継がれ、今に続いている

なぜ浅井長政は、義兄「織田信長」を裏切ったのか?

「浅井長政」が義兄「織田信長」を裏切った理由、それは「織田信長が、対等な同盟者だった浅井長政を、まるで部下のようにあつかったから」だと考えられています。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

もともと「織田信長」と「浅井長政」は、対等な関係の同盟者同士でした。

 

しかし、信長は急速に力をつけて、「浅井長政」との間には大きな実力の差が出来ていたのです。

《浅井長政》
『引用元ウィキペディアより』

1570年】、「織田信長」は「浅井長政」の長年の盟友「朝倉義景」を攻撃。

 

撤退戦「金ヶ崎の退き口」の始まりです。

 

このとき、「浅井長政」は信長を裏切り、「朝倉義景」の軍と協力して信長を挟み撃ちにしようとします。

 

「長政裏切り」の急報がぞくぞくと入るなかで、信長はこう言いました。

「長政には、近江国の北半分を任せている。

そのことに不服を述べるとは思えない。

長政が裏切ったというのは、朝倉義景の策略だ」

そもそも「近江国の北半分」は、浅井氏が代々支配してきた領地です。

 

信長から与えられたものではありません。

 

これだけではなく、信長は事あるごとに浅井長政のことを臣下であるかのようにあつかっていたのでした。

 

長政は、この「信長」の態度に危機感を募らせたのでしょう。

 

このままでは、独立を保つことが出来ず、「信長の部下」に組み込まれてしまうと・・・。


スポンサーリンク


信長は、長政と同じく、当初は対等な同盟者であった「徳川家康」を、のちに家来としてあつかっています。

 

長政は、「織田信長の部下として組み込まれてしまう」ことを恐れ、信長を裏切り、戦いを仕掛けたと考えられています。

「長政は、長年の盟友である朝倉義景を、信長がひとことの断りもなく攻撃したことに激怒。

【朝倉義景は攻撃しない。攻撃する際には一報を入れる】という約束をしていたのに、それを破った」

この「朝倉義景に対する約束違反」を、「長政が裏切った理由」とする説もあります。

 

しかし近年では、「長政が信長の支配を嫌ったため」というのが、裏切りの通説となっています。

 

ちなみに「浅井長政」の妻で、織田信長の妹「お市の方」は、この長政の裏切りを「両端をヒモで縛った小豆のふくろ」で信長に知らせた、という逸話があります。

 

この「小豆のふくろ」の逸話は、後世の創作と考えられています。

《お市の方》
『引用元ウィキペディアより』

 

「お市の方」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『お市の方のすべてを徹底解説!家系図や[織田信長]との関係を完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長と長政の「戦い」の歴史を総解説!

織田信長と浅井長政の戦いは、【1570年】の「金ヶ崎の退き口」から始まり、【1573年】の「小谷城の戦い」で終結します。

 

1570年】、「浅井長政」は「朝倉義景」を攻撃していた「織田信長」の背後を急襲。

 

しかし、「羽柴秀吉」や「明智光秀」「徳川家康」「松永久秀」たちの活躍により、「織田信長」は窮地を脱します。

 

同じく【1570年】、「織田信長」と「徳川家康」の連合軍は、「浅井・朝倉連合軍」と「姉川の戦い」で激突。

 

戦いは「織田・徳川連合軍」の勝利で終わります。

 

この「姉川の戦い」以後、「浅井長政」は難攻不落の居城「小谷城」に立てこもり、籠城戦を開始します。

 

信長は籠城する浅井長政に対して、小谷城の周りにある浅井軍の城を次々と攻略。

 

1570年】、「浅井・朝倉連合軍」は、「志賀の陣」で織田軍団と激突。

 

苦戦した「浅井・朝倉連合軍」は、「比叡山」へ逃げ込みます。


スポンサーリンク


1571年】、「浅井・朝倉連合軍」をかくまった「比叡山延暦寺」に対して、信長は「比叡山焼き討ち」を行います。

 

この「比叡山焼き討ち」は、僧侶でもあった「武田信玄」を激怒させ、織田信長はこれ以降「魔王」と呼ばれるようになります。

 

1572年】、「武田信玄」が京都へ向けて進軍を開始し、「三方ヶ原の戦い」で「徳川家康」を撃破。

 

この「武田信玄」の動きと連携して、浅井長政も信長に攻勢を強めるものの、【1573年】、「武田信玄」が信濃国駒場で病死。

 

「武田信玄」という強敵が亡くなったことで、織田信長は「浅井長政」と「朝倉義景」に猛攻をかけます。

 

1573年9月】、「一乗谷の戦い」で「朝倉義景」が自害し、朝倉家は滅亡。

 

朝倉家が滅亡した数日後、「小谷城の戦い」で「浅井長政」も自害。

 

浅井・朝倉両家は、滅亡したのでした。

 

「織田信長が魔王と呼ばれるようになった理由」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長が「魔王」を名乗った理由とは?実は仏教徒を守るためだった』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「浅井長政の最期」と、今も続く「子孫」

浅井長政は最期の最期に、側室が産んだ息子「万福丸」と、妻「お市の方」、そして「茶々・初・江」の三人の娘を小谷城から逃がしています。

 

自害する場合は、妻子などの家族も道連れにしてもおかしくありません。

 

例えば「明智光秀」が亡くなった後、その娘婿の「明智秀満」は、光秀の家族を全員死なせてから自らも自害しています。

 

ところが「浅井長政」は、息子や娘、妻たちを全員逃がしてから、自害しているのです。

 

結、長政は、家族を心から大切に思っていたのでしょう。

 

1573年9月26日(天正元年9月1日)】、浅井長政は自害。享年29歳。

 

その直後、逃亡した「万福丸」は「関ヶ原」で「羽柴秀吉」によって磔(はりつけ)にされて処刑。

 

「お市の方」と三人の娘は、信長の弟「織田信包」のもとで保護されます。(叔父「織田信次」に保護されたとも言われている)

 

その後「お市の方」は「柴田勝家」と再婚して、【1583年】の「賤ヶ岳の戦い」で敗北し自害。

 

「茶々」は「淀殿」と呼ばれて、「豊臣秀吉」の側室となり「秀頼」を出産。

 

「初」は、名門であり「浅井長政」の姉「マリア」の息子「京極高次」と結婚。

 

「江」は、2度の離婚のあと、二代将軍「徳川秀忠」と結婚し、三代将軍「徳川家光」を産んでいます。

 

「浅井長政」の子孫は、「天皇陛下」にも受け継がれ、今も続いているのです。

 

「浅井長政の家系図と子孫」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『浅井長政の子孫は現在東京にいる!織田信長に戦いを挑んだ2つの理由』の記事はコチラ

スポンサーリンク


もし長政が、織田信長を裏切っていなかったら?

もしも「浅井長政」が「織田信長」を裏切っていなかったら、長政は「徳川家康」のように、信長の部下にされていたでしょう。

 

「徳川家康」は【1562年】に「清洲同盟」と呼ばれる軍事同盟を「織田信長」と締結し、「対等な同盟関係」とつくっていました。

 

ところが、20年後の【1582年】、両者の関係は明確にかわっていました。

 

この年、「甲州征伐」によって「武田勝頼」が滅ぼされ、その領国「駿河」を奪い取ったのです。

 

その駿河国が、織田信長から徳川家康へ「与えられている」のです。

 

奪い取った国を、与えるとは、主君が部下に対しておこなうことです。

 

つまり家康は、このときすでに「信長」の部下になっていたと考えられるのです。

 

信長は、対等な同盟者を、その圧倒的な武力で屈服させて、「対等関係」から「主従関係」へと変化させていったのでした。


スポンサーリンク


おそらく「浅井長政」も、徳川家康のように、信長の臣下としてあつかわれる運命にあったでしょう。

 

それを事前に察知したからこそ浅井長政は、「織田信長」を裏切り、独立を保とうとしたのです。

 

もしかすると「浅井長政」は、織田信長のもとで「明智光秀」や「羽柴秀吉」とならぶ大勢力をつくりあげていたかもしれません。

 

なんといっても「浅井長政」は、織田信長の妹「お市の方」の夫であり、信長の義弟にあたるのです。

 

信長の信頼を勝ち取っていたら、さらなる飛躍も可能だったはず。

 

しかし「独立」を選んだというとこは、長政は人に仕えることを嫌う、とても誇り高い人だったのでしょう。

 

同じく「信長」に臣従した「徳川家康」が、最後には天下を取っているのです。

 

長政もこのとき、我慢して信長に臣従していたら、天下を取っていたかもしれません。

 

「徳川家康」について詳しくは以下のリンク記事をどうぞ。

『徳川家康についてわかりやすく簡単に解説!そもそも何をした人なの?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「浅井長政」は、「織田信長」と対等な同盟関係にあったはずだが、信長が長政を、まるで部下のようにしてあつかったため、長政は信長に支配されることを恐れて、独立を保つために信長を裏切った

 

2,「浅井長政」と「織田信長」の戦いは、1570年】の「金ヶ崎の退き口」を始めとして、「姉川の戦い」、「志賀の陣」、【1573年】に「小谷城の戦い」で「浅井長政」が亡くなるまで、戦いは3年続いた

 

3,「浅井長政」は、妻「お市の方」や子供たちを逃したあと、自害して亡くなった。子孫は「皇室」にも受け継がれ、今に続いている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る