MENU

聖徳太子の別名全部紹介!2017最新教科書での名前といなかった説

聖徳太子と呼ばれたお方「厩戸皇子」

7度もお札になった「聖徳太子」の別名を全部ご紹介!

2017年最新教科書では「聖徳太子」という名前ではない?

実在しなかったという説も合わせてご紹介させていただきます


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
・「聖徳太子」というのは、厩戸皇子が死後に送られた「称号」のこと

・「聖徳太子は存在しなかった」という説があるが、聖徳太子という称号を送られた人物は確かに存在していた

・なぜ聖徳太子が偉いのかというと、改革を行った大政治家だから


聖徳太子の別名を全てご紹介

聖徳太子・・・実は聖徳太子と呼ばれた人物には、幾つもの名前が存在しています。

正式名称は「厩戸皇子(うまやどのみこ・おうじ)」

用明天皇の第二皇子です。

その他にも

「厩戸皇太子(うまやどのこうたいし)」

「厩戸王」

「上宮王(じょうぐうおう)」

「豊聡耳(とよささみみ)」

「上宮之厩戸豊聡耳命(うへつみやのうまやとのとよとみみのみこと)」

「豊聡耳聖徳豊聡耳聖徳法大王」

「法主王」

「上宮太子聖徳皇」

「厩戸豊聰耳聖徳法王」

「上宮厩戸」

などなど・・・。

「聖徳太子」という呼び名は、あくまでも「厩戸皇子」が亡くなった後に送られた「称号」であり、正式名称ではありません。

2017年の教科書では「聖徳太子」という名前ではなく「伝・聖徳太子」・・・つまり「聖徳太子と言い伝えられている人物」として掲載されています。

教科書における正式名称は「厩戸皇子」

「名前がコロコロ代わって教えにくい」という理由から、2020年から小学校で、2021年から中学校で、教科書には「聖徳太子」という名称で掲載される可能性があるとのこと。

馬屋で誕生したから「厩戸皇子」・・・。

イエス・キリストに似ていますね。

実は、イエス・キリストの逸話が日本に伝来し、聖徳太子誕生の物語に組み込まれた・・・とも言われているようです。



スポンサーリンク


聖徳太子は、いなかった?

近年では、「聖徳太子はいなかった」という説が唱えられているようです。

聖徳太子の存在を否定している歴史学者の「大山誠一」氏が言うには

「有力な王族・厩戸王が存在する可能性は否定しない。

しかし、推古天皇・皇太子として、数々の業績を残した『聖徳太子』は日本書紀を編纂した実力者『藤原不比等』たちの創作で、架空の人物である」

とのことです。

つまり、「厩戸王」と呼ばれ、後に「聖徳太子」という称号を送られた人物の存在は認めたものの、数々の政治改革を成し遂げ、当時の日本を、大国「隋」に認めさせた「大政治家・聖徳太子」の業績は架空である、ということでしょう。

確かに・・・亡くなった偉人の業績には尾ひれがつくものですからね。真実かどうかはわかりませんが、この大山氏の説も、頷ける気がします。


なぜ「聖徳太子」は偉いのか?分かりやすく解説

日本のお札に「7度」も肖像画が使用されている聖徳太子

彼の何がそれほどまでに偉いというのか?

彼は「日本の政治」を「大改革」した「政治家」だったのです。

用明天皇の第二皇子として誕生し、後に推古天皇(聖徳太子の叔母)の皇太子(次の天皇候補)となった聖徳太子。

当時の日本は、一応は国家を名乗っていたものの、国家としての形を成していませんでした。

国家としての形をつくるには、「身分制度」と「法律」の2つが必要だったのです。

「冠位十二階の制」「十七条の憲法」など、身分制度と法律を整えたのが、聖徳太子でした。

しかも聖徳太子は、当時の日本の隣りにあった大国「隋」に、「遣隋使」と呼ばれる使者を送り、日本という国家を認めさせ、対等な関係を構築しました。

内政を整え、外交でも成果を出した・・・。仏教による統制で、国家の安定を実現することにも成功した「聖徳太子」

政治家として日本の基本を築き上げたため、「聖徳太子」は政治家の鏡として、尊敬を集めていると考えられます。

ちなみに、生きていれば天皇となったはずの聖徳太子は、推古天皇より先に亡くなりましたので、天皇にはなっていません。



スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・聖徳太子とは、厩戸皇子の死後に送られた称号で、本名ではない

・聖徳太子はいなかったという説があるが、それは「聖徳太子という大政治家は存在しなかった」という意味。

・なぜ聖徳太子が有名かというと、日本を改革した大政治家だから

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次