明智秀満が南光坊天海になった説をカンタン解説!秀満の逸話がスゴイ

皆様は「明智秀満」と「南光坊天海」をご存知でしょうか?

実は「秀満と天海が同一人物である」という説があるのです。

筆者は「明智光秀と天海が同一人物」という説は知っていましたが、「秀満=天海」という説は、今回調査するまで全然知りませんでした。

この記事では「秀満=天海」説とについて、詳しく解説しております。

「秀満=天海」について何もご存じない方も、大丈夫です。

これを読めば「秀満=天海」説、誰かに解説することができるほど、詳しくなれます。

この記事によって、皆様の疑問がスッキリと解消されれば幸いです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「明智秀満=南光坊天海」説とは、どういうものか?

「明智秀満」は【天正10年(1582年)6月14】に亡くなった名将。しかし実は生き延びて、「南光坊天海」と名乗り「徳川家康」に仕えたという説がある。【1615年】に「天海」は「大坂の陣」で豊臣家を滅ぼしている。

 

2,「明智秀満」とは何者なのか?

「明智秀満」とは「明智光秀」の重臣であり、別名「三宅弥平次」。「秀満」は「明智光秀」の長女の再婚相手で、「光秀」の女壻(むすめむこ)にあたる人物。

 

3,「明智秀満」と「南光坊天海」は、本当に同一人物なのだろうか?

「秀満」と「天海」が同一人物であるという説は、極めて可能性が低い。有名な「明智光秀と天海が同一人物」という説についても、最近おこなわれた筆跡鑑定では「別人である」との結論が出ている

「明智秀満」が「南光坊天海」になった伝説をカンタンに解説

「戦国時代の名将『明智秀満』が『南光坊天海』と同一人物である」という説があります。

「明智秀満」とは「明智光秀」の重臣だった武将です。

同時に「秀満」は、主君「光秀」の女壻(むすめむこ)でした。

もともと「明智秀満」は、「三宅弥平次」と名乗っていたと考えられています。

そして「南光坊天海」とは、「徳川家康」に仕えた参謀です。

その伝説の概要は、以下のとおりです。

「明智秀満」は主君「光秀」とともに、【1582年】に「本能寺の変」を起こして「織田信長」を討ち取っています。

「光秀」は「本能寺の変」の11日後に戦死。「羽柴秀吉」に「山崎の戦い」で敗北して死亡しています。

主君の死を知った「明智秀満」は、居城の坂本城で自害。光秀の家族と一緒に亡くなったといわれています。

しかし、実は「秀満は逃げて生き延びた」という伝説があるのです。

逃げ延びた秀満は、「南光坊天海」と名を変えて「徳川家康」につかえたのだとか。

秀満の主君である《「明智光秀」が「南光坊天海」となった》という説のほうが、たしかに有名です。

ところが光秀ではなく《秀満が南光坊天海になった》という説も存在しているのです。

「南光坊天海」は「徳川家康」に参謀として仕えて、光秀が亡くなった【33年後】の【1615年】に、「大坂の陣」を引き起こしています。

この「大坂の陣」で、「家康」は「豊臣秀吉」の息子「秀頼」を討ち果たし、豊臣家を滅亡させています。


「豊臣秀頼」について詳しくは、以下のリンク記事で解説しております。

「豊臣秀頼の最後と発見された遺体!『生存説』と『天草四郎の父親説』」の記事はこちら



スポンサーリンク


「天海」と「秀満」が同一人物と噂されている『3つの理由』とは?

「天海」と「秀満」が同一人物ではないか?といわれている理由は3つあります。

  1. 「秀満」と「南光坊天海」の年齢が、ほぼ同じ
  2. 「秀満」は「明智光秀」の死後、僧侶に変装して逃げ延びたという伝説と、「馬の鞍(くら)」が残されている
  3. 「秀満」と「南光坊天海」は、ともに「三宅輪宝」という家紋を使っていた


スポンサーリンク


「天海=秀満」の理由その①「生まれた年」

「南光坊天海」と「明智秀満」は、生まれた年がほとんど同じなのです。

「天海」は【1536年

「秀満」は【1535年】または【1537年

有名な「明智光秀と天海が同一人物」という説で考えてみると、年齢に無理が生まれてくるのです。

明智光秀は、「本能寺の変」が起こった【1582年】の時点で【55歳】または【67歳】です。

「南光坊天海」は【1643年】に亡くなっているので、「光秀=天海」ならば、実際の年齢は【116歳】または【128歳】で、現実離れしています。(とはいえ「秀満=天海」と考えても、100歳以上まで生きたことになる)

その「現実離れした状況」を無理やり説明するために「天海は、明智光秀とその息子・光慶が、親子二代で演じていた」という説もありますが、真実味に乏(とぼ)しいです。

「光秀=天海」に比べると「秀満=天海」と考えたほうが、説得力があるわけです。

それだけではありません。

秀満には不思議な「伝説」が残されているのです。



スポンサーリンク


「天海=秀満」の理由その②「秀満・生存伝説」

その伝説とは「秀満は逃げて生き延びていた」というものです。

秀満の主君である「光秀」は「本能寺の変」から11日後に「羽柴秀吉」に敗北し死亡。

秀満はその後、居城「坂本城」で「光秀」の家族を自害させて、ともに亡くなっています。

ところが「秀満は逃げのびた」という伝説が言い伝えられています。

「秀満」は炎上する坂本城を脱出し、光秀の妻「熙子(ひろこ)」が埋葬されている「西教寺」へ逃亡。

そこで僧侶の衣装に着替えて、「羽柴秀吉」の追跡から逃げきったというのです。

「西教寺」には、そのとき「秀満」が残していった「馬の鞍」が残されています。

果たして本当に、「明智秀満」は「南光坊天海」と同一人物なのでしょうか?

「南光坊天海」となった「秀満」は、「豊臣秀吉」とその子「秀頼」に復讐するために、無理やり「大坂の陣」を引き起こして、「豊臣家」を滅亡させた・・・とも考えられるわけですが・・・。



スポンサーリンク


「天海=秀満」の理由その③「家紋・三宅輪宝」

最後に「秀満」と「天海」が使った「家紋」が同じ、という説があります。

「三宅輪宝」という家紋をご存知でしょうか?

適切な画像が見つかりませんでしたので、恐れ入りますが、以下に家紋が記された「広告」を貼らせていただきました。

この「三宅輪宝」という家紋を「南光坊天海」も、「秀満」が生まれた「三宅」家も使用していたのです。

 

どうやら天海は秀満の実家である「三宅氏」と同じ家紋、「三宅輪宝」を使用していたようです。

ちなみに

「明智光秀が使っていた桔梗紋が、徳川家康のお墓である日光東照宮に刻まれている」

という話しは有名ですが、どうやら「日光東照宮」に刻まれている家紋は、「桔梗紋」によく似た「木瓜紋(もっこうもん)」と「唐花紋」というもので、「桔梗紋」ではないようです。



スポンサーリンク


「秀満=天海」説が本当かどうかを検証

「明智秀満」が生き延びて、「南光坊天海」になったという説は、本当なのでしょうか?

「光秀」が生きていて「天海」になったという説は有名ですが・・・

結論からいいますと、「明智秀満」が「南光坊天海」となったという説は、可能性が低いと思います。

あくまでも筆者の個人的な意見ですが、筆者は「秀満」と「天海」は、《まったくの別人》であると考えています。

理由は簡単です。

「本能寺の変」の直後に、「光秀」の家族がほとんど亡くなっているにもかかわらず、「明智秀満」だけが生き延びたとは、とても思えないからです。

それに加えて、こういった「生存説」が本当であったことなど、一度もありません。

源義経」も「真田幸村」も「豊臣秀頼」にも、そして「光秀」にも、悲劇的な最期を遂げた武将には、必ずと言っていいほど「生存説」が存在しています。

ところが、彼らが本当に生き延びたという証拠は、まったく残されていないのです。

「坂本城」で光秀の家族や自らの家族を自害させている「秀満」が、自分ひとりだけ逃亡などするでしょうか?

「秀満」と「天海」が同一人物という説は、可能性が低いでしょう。

天正10年(1582年)6月14日】に、「明智秀満」は間違いなく、亡くなっています。

ただし、秀満の息子は生き延びて、子孫を残したという説があります(くわしいことは後述いたします)



スポンサーリンク


「明智秀満」とは何者なのか?

「明智秀満」は、今から【約450年前】の戦国時代に活躍した武将です。

主君「明智光秀」の長女が、「秀満」に嫁いでいるのです。

つまり「秀満」は、主君「光秀」の女壻(むすめむこ)なのです。

《明智秀満》
「引用元ウィキペディアより」

もともと「明智秀満」は、「三宅弥平次(みやけ やへいじ)」という名前だったと考えられています。

ところが、その武勇を明智光秀に見込まれて、自分の長女の再婚相手として指名されたのです。

もともと光秀の長女は、「荒木村重」という武将の息子「村次(むらつぐ)」に嫁いでいました。

しかし「荒木村重・村次」親子は、明智光秀と敵対したため、村次と光秀の長女は離婚したのです。

その再婚相手が「明智秀満」。

秀満は、数々の武勇伝を残した名将なのです。


「明智秀満」の「エピソード」や「子孫」について、くわしくは以下のリンク記事で解説しております。

「明智秀満のすべてを徹底解説!子孫・家系図や甲冑の行方まで完全網羅」の記事はこちら



スポンサーリンク


「南光坊天海」とは何者なのか?

「南光坊天海」とは

  1. 初代将軍「徳川家康」
  2. 二代将軍「秀忠
  3. 三代将軍「家光

この徳川三代に仕えた参謀です。

いつ生まれたのかは諸説あり、ハッキリしていません。【1536年】に生まれたという説がもっとも有力です。

天海は【1643年】に亡くなっています。このとき、数え歳で【108歳】だったといわれています。

《南光坊天海》
「引用元ウィキペディアより」

南光坊天海は【1600年】の「関ヶ原の戦い」のあと、「徳川家康」に仕えています。

実はこの「南光坊天海」という人物、「秀満」と同じく、謎がとても多い人物なのです。

天海がいつ頃から「家康」の参謀となったのかは、ハッキリしていません。

それどころか「天海」がいつ、どこで生まれたのもわかっていません。

「陸奥国の会津」出身という説もありますが、前半生は全くと言ってよいほど不明。

埼玉県にある「喜多院」で住職を務めていた「天海」は、「家康」に招かれて参謀として活躍。

その頭脳を駆使して「徳川家」を支え、三代将軍「徳川家光」から絶大な信頼を得ていた人物です。

  1. 「陰陽道や風水を駆使して、江戸の都市計画をすすめた」
  2. 「徳川家康の死後、『東照大権現』という神号を提案した」
  3. 「上野・寛永寺を創建」

などなど、数々の功績を残しています。

ちなみに【2000年】の大河ドラマ「葵~徳川三代~」の「第27話・悲憤の開戦」では、この南光坊天海が「方広寺鐘銘事件」を引き起こし、「豊臣家」を滅亡に追い込むきっかけを作った、という設定になっています。


「方広寺鐘銘事件」について詳しくは、以下のリンク記事で解説しております。

「方広寺鐘銘事件をわかりやすく解説!家康の言いがかりの理由と読み方」の記事はコチラ



スポンサーリンク


「明智光秀=南光坊天海」説が初めて唱えられたのは、いつ?

「光秀=天海」という説が初めて唱えられたのは、今から【約100年前】のことです。

《明智光秀の肖像画》「本徳寺」所蔵
「引用元ウィキペディアより」

1916年(大正5年)】、新聞記者「須藤光暉」という人が「天海は蘆名盛高の一族出身」という内容の伝記を発表しています。

その伝記の中で、「須藤」氏は、こう言っています。


「明智光秀が南光坊天海となり、豊臣家を滅亡させて、一族を滅ぼされた恨みを晴らした」という説を唱えるものがいる

つまり「光秀=天海」という説が初めて世に広まったのは、【1916年(大正5年)】ということです。

この記述を読んでみると、「光秀=天海」説は【1916年(大正5年)】以前から、口コミで人々に長く噂されていたことのようです。

一説によると、「明智光秀」は「山崎の戦い」で敗北した後、「妙心寺」という寺へたどり着いたといわれています。

「妙心寺」の住職「玄琳」は、のちに「南国梵桂」と名乗って、大阪府岸和田市の「本徳寺」を開いたという逸話があります。

この「玄琳」こそ、「明智光秀」の長男「光慶」だといわれています。

「妙心寺」には蒸し風呂があるのですが、通称「明智風呂」と呼ばれています。

そして「南国梵桂」が開いた「本徳寺」には、教科書にも登場する有名な「明智光秀の肖像画」が所蔵されています。

この肖像画は「岸和田城・天守閣」でレプリカが一般公開されています。


「明智光秀と天海」について詳しくは、以下のリンク記事で解説しております。

「明智光秀と天海の同一人物説を検証!光秀は天海となり豊臣家へ復讐?」の記事はコチラ



スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「明智秀満=南光坊天海」説とは、どういうものか?

「明智秀満」は【天正10年(1582年)6月14】に亡くなった名将。しかし実は生き延びて、「南光坊天海」と名乗り「徳川家康」に仕えたという説が残されている。【1615年】に「天海」は「大坂の陣」で豊臣家を滅ぼしている。

 

2,「明智秀満」とは何者なのか?

「明智秀満」は、別名「三宅弥平次」。「秀満」は「明智光秀」の長女の再婚相手であり、「光秀」の女壻(むすめむこ)にあたる人物。数々の逸話・エピソードが残されている名将。

 

3,「明智秀満」と「南光坊天海」は、本当に同一人物なのだろうか?

「秀満」と「天海」が同一人物である説は、極めて可能性が低い。有名な「明智光秀と天海が同一人物」という説についても、最近おこなわれた筆跡鑑定で「光秀と天海は別人」との結論が出ている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

『明智光秀・秀満』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


明智秀満のすべてを徹底解説!子孫・家系図や甲冑の行方まで完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の子孫を家系図でわかりやすく解説!現在の天皇は光秀の末裔」の記事はコチラ

【明智光秀とは】何した人なの?世界一わかりやすく解説してみた」の記事はコチラ

明智光秀の生涯年表を簡単に紹介!謎に満ちた光秀の前半生を考察」の記事はコチラ

明智光秀はなぜ織田信長を裏切った?最新説『徳川家康の陰謀』を考察」の記事はコチラ

明智光秀の墓所を地図付きでご案内!京都・高野山の墓はニセモノ?」の記事はコチラ

明智光秀の家臣団を一覧紹介!山崎の戦いで敗北した最強明智軍の敗因」の記事はコチラ

明智光秀の性格は優しくて誠実?どんな人かをエピソードつきで解説』の記事はコチラ

明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

明智光秀にまつわる四字熟語と辞世の句!意味を分かりやすく解説!」の記事はコチラ

明智光秀の最後の地と日付!人質となり死んだ母親の命日に信長殺害?」の記事はコチラ

本能寺の変は新暦の日にちでいつ?明智光秀がこの日にした理由に驚愕」の記事はコチラ

明智光秀の死因は何?本能寺の変を起こした動機・理由や真実を解説!」の記事はコチラ

明智光秀の家紋・桔梗紋の意味と読み方とは?日光東照宮に刻まれた理由」の記事はコチラ

明智光秀と天海の同一人物説を検証!光秀は天海となり豊臣家へ復讐?』 の記事はコチラ

明智光秀ゆかりの城を一覧で紹介!幻の居城・坂本城の現在とは?』 の記事はコチラ

『明智光秀』ゆかりの地を一気に紹介!京都・岐阜周辺の地まとめ』 の記事はコチラ

明智光秀と妻・煕子の生涯!「あばた顔」と「髪」の逸話がカッコいい』 の記事はコチラ

明智光秀の娘「細川ガラシャ」を徹底解説!子孫は天皇陛下と総理大臣』 の記事はコチラ

明智光秀の娘達の生涯!長女「りん」三女「ガラシャ」を襲った悲劇』 の記事はコチラ

明智光秀の子供達を一覧解説!本能寺の変の後子供達はどうなった?』 の記事はコチラ

坂本龍馬が明智光秀の子孫説を検証!2人は似たような業績を残してる」の記事はコチラ

『クリス・ペプラー』が明智光秀の子孫?本当に末裔なのかを調査してみた』 の記事はコチラ

 明智光秀と濃姫はどういう関係?細川藤孝や長宗我部元親との関係も解説』 の記事はコチラ

明智光秀の肖像画に秘められた逸話とは?光秀の銅像についてもご紹介』の記事はコチラ

明智光秀が使った名前をすべて解説!本名は明智ではなく土岐だった?』の記事はコチラ

明智光秀の刀・甲冑を紹介!愛刀「備前長船近景」は今どこにあるの?』の記事はコチラ

【明智光秀】と細川藤孝・足利義昭の関係!黒田官兵衛との因縁とは?』の記事はコチラ

明智光秀が天下統一できなかった理由とは?織田信長が最期にしかけた罠』の記事はコチラ

明智光秀の戦い一覧ですべて解説!長良川の戦いから山崎の戦いまで』の記事はコチラ

明智光秀の領地と石高をカンタン解説!動員兵力は2万人で重税だった』の記事はコチラ

明智光秀と細川藤孝の関係をカンタンに説明!藤孝は光秀を恨んでいた』の記事はコチラ

【細川藤孝】本能寺の変で明智光秀を見捨てた理由!実は秘策があった』の記事はコチラ

【細川藤孝】明智光秀からの手紙に【本能寺の変】の動機が書かれていた』の記事はコチラ

明智光秀の生い立ちや経歴・プロフィールを解説!若い頃は何してた?』の記事はコチラ

【本能寺の変】その後を解説!明智光秀が死ぬまでに何があったのか?』の記事はコチラ

明智光秀の死因と最後の様子とは?最後の言葉と終焉の地を地図で紹介』の記事はコチラ

本能寺の変は新暦の日にちでいつ?明智光秀がこの日にした理由に驚愕』の記事はコチラ

斎藤義龍(高政)と明智光秀はどういう関係?2人は親友同士だったのか』の記事はコチラ

明智光安の全てを徹底解説!明智光秀との関係や逸話・最期を完全網羅』の記事はコチラ

足利義昭の全てを徹底解説!織田信長・明智光秀との関係や子孫も網羅』の記事はコチラ

足利義輝のすべてを徹底解説!剣豪将軍の最期や愛刀・名刀を完全網羅』の記事はコチラ

朝倉義景のすべてを徹底解説!子孫や家紋・明智光秀との関係をご紹介』の記事はコチラ

近衛前久の全てを徹底解説![明智光秀]や[本能寺の変]との関係とは』の記事はコチラ

細川藤孝のすべてを徹底解説!子孫・家系図や明智光秀との関係も紹介』の記事はコチラ

斎藤義龍(高政)の全て!生涯年表に家紋、明智光秀との関係までを解説』の記事はコチラ

松永久秀のすべてを徹底解説!子孫・家系図や家紋に茶器まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤利三の全てを徹底解説!子孫・家系図や春日局との関係も完全網羅』の記事はコチラ

藤田伝五の全てを徹底解説!別名・伝五郎行政の逸話や最期を完全網羅』の記事はコチラ

三淵藤英の全てを徹底解説!なぜ自害したのかその理由などを完全網羅』の記事はコチラ

お市の方のすべてを徹底解説!家系図や[織田信長]との関係を完全網羅』の記事はコチラ

【本能寺の変】謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

本能寺の変とは何かについてその概要を世界一詳しくわかりやすく説明』 の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る